マンガ感想(週刊少年サンデー30号)

ノケモノたちの夜(週刊少年サンデー30号)
第42夜 三つ巴
巻頭カラー
ダンタリオンは人類の進歩に色々焦ってるからってのもあるわけね。

それはさておき三つ巴といえばやはりゼータガンダムを思い出すのであった。




龍と苺
第5話 積み重ね
なるほど編入制度と来ましたか、たしかに奨励会入っちゃうと途中スキップするにせよ長くなるわけで。

それにしてもだ、この漫画での女流蔑視は流石にやり過ぎなんじゃなかろうか、いや勿論そういう風潮はあるんだろうがここまで明け透けってのはなあ。


よふかしのうた
第39夜 あなたは人のまま死ぬ
何この超シリアス展開、この漫画って中学生のモラトリアムラブコメじゃなかったのか。

でだ、騙されたあの女とは一体誰なんでしょうかねえ。


第九の波濤
第138話 海がつなぐ縁
何やらまとめに入ってるのかなあと思いきや何事もなく続いたでござるの巻。

いやま個人的にはなんだかんだで好きなんで全然オッケーなんですけどね。

しかしアレだなあ、前にも書いたけど潜木はやっぱラブコメやる為に犠牲になった感がだな。




葬送のフリーレン
一緒に旅するんじゃないんだドワーフさん。

しかし10年とはまた。

トニカクカワイイ
お前かよ!!

あそうそう「100日後に結婚する二人」完結オメです、電子書籍出るならこっちは買います(ぉ


名探偵コナン  警察学校編
無茶しやがって。

それはさておき来年の4月に延期とはまた>名探偵コナン 緋色の弾丸


いとやんごとなき
この子供が不慮の事故で死んだら世界終わりじゃないですかー。


MAO
猫鬼さんラスボスだったはずがすっかり頼れるマスコットキャラ状態に。


あおざくら 防衛大学校物語
板挟みとはまさにこの事かみたいな。

しかしアレだなこいつらは流石にダメすぎだろ、集団脱柵の是非は兎も角として小島への恫喝が酷すぎると思うの。


イケ田くん
なるほど池田くんなりに気を遣ったわけね。


MAJOR 2nd
流石寿くんマジ鬼畜(笑)。


ポンコツちゃん検証中
雨坂ちゃんの笑顔マジプライスレス、でもその笑顔が曇ることが分かってるだけになあ……。




蒼穹のアリアドネ
あいかわらずわけ分からんがとりあえず盛り上がってきた感はあるのでこれはこれで。


双亡亭壊すべし
しののこれでもかとばかりなフラグの立てっぷりがもうね。


嘘月-ウソツキ-
そう来たかー。


絶対可憐チルドレン
逆ギレパワーを引き出すためみたいな?




switch、BE BLUES!~青になれ~、名探偵コナン、ゼロの日常、舞妓さんちのまかないさん、アラタカンガタリ~革神語~は休載。

次号、青山剛昌『名探偵コナン』が表紙で、藤田和日郎『双亡亭壊すべし』が巻頭カラーで登場。

週刊少年サンデー29号の感想はこちらから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 名無し太郎

    大阪ではただいまゼータの再放送をしている最中です。
    WやX、SEED、OOは二大勢力との間を掻き回していく第三勢力で三つ巴ではあるけど、ゼータのように組織の規模も似た三つ巴は珍しいですね。
    他は戦ってる隙を突くって感じなので。

    龍と苺>この世界だと女性プロが登場しないのは蔑視によって心折られたり余計な事に心を割くからでは?と言いたくなるくらいですね。
    現実でもプロはいなくても、奨励会に入れるのはゴロゴロいるのだから奨励会より下の連中が女に負けるわけがないとか言い訳するのは見苦しい。むしろ女が勝ったのは何か理由があるはずとか言って自分の負けを認めてない見苦しい感。
    まあ実力者は蔑視してないっぽいですが。名人は不明。

    ゼロ>その延期マジですか?と聞きたくなるくらいですね。
    制作状況ではなく、客の入りを気にしてだと思われますが。

    あおざくら>恫喝しながら同期を売る気だとか薄ら寒いクズ野郎ですね。
    小島はそこまで辛いとも思ってない事だったのに、同期のクズ野郎のせいで一気に精神的負担が大きくなる。

    MAJOR>まあキノコも大概なので。
    2020年07月01日 00:00
  • TALKING MAN

    ま強いて言えば三つ巴になるのが中盤以降ってところですか>ゼータ

    >龍と苺
    勿論あえてやってるんでしょうがねえ

    >MAJOR
    さあこれで改心するのか、このままフェードアウトするのかさてはて
    2020年07月01日 00:15