マンガ感想(週刊少年ジャンプ19号)

アオのハコ(週刊少年ジャンプ19号) #1 千夏先輩 三浦糀、新連載表紙&巻頭カラー 昨夏に載った読み切りがどうやら好評だったようで新連載スタート、とりあえず読み切り同様嬉し恥ずかしな青春モノで掴み事体は悪くないんじゃないでしょうか。 ただマガジンの『先生、好きです。』が微妙だっただけにこの先どうなるかはまだ何とも言えないのであった。 呪術廻戦 第…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー19号)

葬送のフリーレン(週刊少年サンデー19号) 第45話 水を操る魔法 マンガ大賞受賞記念(「最初に見つけて、読んで、応援してくれている少年サンデー読者皆様のおかげです」というコメントが泣かす)巻頭カラー デンケンさんまさかの殴り合いで隕鉄鳥ゲットワロタ、後オチ(笑)。 さて二次試験はどういう形式で来ますか。 とりあえず師弟対決は回避もしくはやるとしてもギリギリまで取っておいて…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン19号)

魔女に捧げるトリック(週刊少年マガジン19号) 最終話 多様なる異端に捧げるトリック 渡辺静全31話打ち切り最終回 掲載順的にヤバいとは思ってたが……。 設定とキャラ自体はそう悪くなかったと思うんだけど、たしかにどうしても説明が多くなっちゃうのは難ではあったなあと、とまれお疲れさまでした。 東京卍リベンジャーズ 巻頭カラー ま戻るのは良いんだけど…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ18号)

仄見える少年 最終話 仄かに見えるもの 原作/後藤冬吾 漫画/松浦健人、全30話打ち切り最終回 打ち切りは打ち切りだけどまあそれなりにきれいに終われたんじゃないでしょうか。 個人的には絵は兎も角お話の方がなあって感じですか、とまれお疲れさまでした。 へー10万部売れてたんだ。 破壊神マグちゃん 第38話 ナプターク はじめての家出 要するに…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー18号)

FLY ME TO THE MOO トニカクカワイイ(週刊少年サンデー18号) 第1話 黄昏 巻頭カラー という訳で1400年の孤独編スタート的な。 つーかサラッとSFになってるんだけどアレか、したら月の地下に地球からは探査不能な科学力でとかそんな感じなんだろうか。 MAJOR 2nd 第228話 本当の敵は? 所詮仁科だったかと思いきやなんとか…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン18号)

EDENS ZERO(週刊少年マガジン18号) 第136話 グッドウィン TVアニメ放送直前表紙&巻頭カラー アニメなあ、というかこの漫画人気あるんだろうか、ぶっちゃけ前作よりかなりつまんないんだが。 賢者が仲間になった! アズ、新連載第2回 うーんあいかわらずなんじゃこれとしか言いようがないというかなんというか。 大体人生ゲーム二人でやって楽し…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ17号)

ブラッククローバー(週刊少年ジャンプ17号) ページ287 贖罪の火 表紙&巻頭カラー ああやっぱ映画化だったかー、つかヒロアカもやるのな。 さて本編だけど結局限界は超えられないのね、ま超えてたら死んでたんだろうけども。 アスタの登場シーンは流石主人公というしか。 逃げ上手の若君 第10話 逃げながら1333 センターカラー たしかにこれは厨…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー17号)

葬送のフリーレン(週刊少年サンデー17号) 第43話 特権 巻頭カラー ああフリーレンに気づく奴もいるのな、流石年の功ってところですか。 後ついでにテレポートじゃなかったのなアレ。 トニカクカワイイ 第1部最終話 恋のうた 「the 1400th Summer ~中略~ 最後は…どうか、幸せな記憶を」ですね分かります。 それにつけてもまさかの司…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン17号)

不滅のあなたへ(週刊少年マガジン17号) ♯139 なかなおり(2) TVアニメ放送開始記念表紙&巻頭カラー そういやアニメやるんだったか、ま見ないだろうけども。 さて本編はという訳で三角関係スタートみたいな、とりあえず超ベタなラブコメオチはワロタ。 賢者が仲間になった! 第一話 アズ、新連載センターカラー え、何これ。 いやま作画的には…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ16号)

僕のヒーローアカデミア(週刊少年ジャンプ16号) 306話 終章開幕 表紙&巻頭カラー という訳で遂に終章スタート。お茶子ちゃんの「ばかやろう」が実にエモいなあと思いました。 落ち武シャーク 原作 千田さとし 作画 都築拓也 センターカラー まーた妖怪退治モノかよと思ったけどいやあこれはなかなか、特にセリフ回しがめっさ良かったです。 呪術廻…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー16号)

龍と苺(週刊少年サンデー16号) 第39話 波紋 奨励会入りフラグキタコレ>どうやったら竜王や名人(松濤に住んでるのかあ、さすが超お金持ち)に勝てるの? しかし塚原さんはいちいち面白いなあ、まさか元ヒップホッパーだったとは(笑)。 最後の将棋飯の話はそらヴァラエティではさもありなん、昔はBSプレミアムでやってたんだけどなあ。 よふかしのうた 第72…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン16号)

シャングリラ・フロンティア ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~(週刊少年マガジン16号) 巻頭カラー 一週間で原作789話まで読了、いやあホント面白かったぜい。 本編のゲーム描写は勿論なんだけどラブコメとしてもなかなかなのよね、いや主人公ヒロインちゃんといいディプスロといい重い女に好かれすぎだろ(笑)。 ただなあこれ原作に追いつくまで何年かかるか謎なぐらい長いのよね、果たし…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ15号)

Dr.STONE(週刊少年ジャンプ15号) Z=188 OUR Dr.STONE 表紙&巻頭カラー 表紙&巻頭カラー回でこの絶望展開である、どうすんだよこれ。 いやまあどうにかするんだろうけどちょっとオレでは思いつかないのであった 呪術廻戦 お兄ちゃんマジお兄ちゃんと思いきや乙骨来ちゃったこれ、この前の虎杖というか宿儺が笑った的な引きは一体。 …

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン15号)

カッコウの許嫁(週刊少年マガジン15号) 54羽目 海野君も共犯だね 表紙&巻頭カラー プッシュされてんなあ、こちらも近々アニメ化決定な告知が入りそうな予感。 ちなこれって勿論少年マガジンでって事なんだよな>2020年単行本1巻が一番売れちゃいました 本編の方はまだまだ続くよ瀬川さんのターンというお話、つってもこのヘタレ主人公が何か出来る訳もないんだけどなー。 …

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー15号)

龍と苺(週刊少年サンデー15号) 第38話 うねり 巻頭カラー まさかのキンクリ展開である、でもまりりも後決勝で当たったろう塚原も既に勝っている相手だと考えればまあ。 でこれからの展開だけど流石に奨励会で級位から始めるのはまだるっこすぎるし、かといっていきなりプロ編入試験もやり過ぎだと思うんで守屋九段が言った三段リーグ編入が落としどころかねえ。 ちな今回のインタビューに渡辺…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ14号)

アイテルシー(週刊少年ジャンプ14号) #6 戮 この小説家とやらあからさまに胡散臭いなあとは思ってたがまさか早くも出してくるとは。 までもこういう出し惜しみしない展開はいいと思うの。 メイドの鈴さん 坂野旭、読み切り ああ『魔女の守人』の人か、んーメイドネタは正直サンデー系でお腹いっぱいでなあ。 一話は良かったんだが。 ONE PIECE…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー14号)

龍と苺(週刊少年サンデー14号) 第37話 棋力の差 やっぱそっちの負けフラグだったか。 とはいえ多分にこれ以上上がらない者と更に強くなる者という差を考えれば順当と言えば順当なのだけれども。 ちなみにドレッド野郎の噛ませ感はもう笑うしか。 あおざくら 防衛大学校物語 第219話 自由と責任 お前何様だと言いたいところだけど班長様だから致し方ないの…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン14号)

化物語(週刊少年マガジン14号) 巻頭カラーで連載再開(結局休載理由のプロジェクトって一体)。 見開きが完全にセックスシーンですありがとうございました。 東京卍リベンジャーズ 第196話 Can say that again 結局また戻るのね、ま確かに何がどうしてこうなったってのは気になるんだけれども。 とはいえ流石にこれが最後と思いたいところであ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ13号)

マッシュル-MASHLE-(週刊少年ジャンプ13号) 第52話 フィン・エイムズと友達 センターカラー 表紙&巻頭カラー この漫画に関してはわりと初手から推していたとはいえここまで人気作になるとは。 お話の方は実にベタだがやっぱそう来なくちゃねと言う事で実にこの漫画らしいというかなんというか。 DELETE 福田健太郎、読み切り 『ブラッククロ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー13号)

古見さんは、コミュ症です。(週刊少年サンデー13号) コミュ294 私もごめん。です。 表紙&巻頭カラー 結局告白なしですかそうですか、そらまあ作者が引っ張りたいもの分かるけどさ。 つってもほぼ告白みたいなもんなんでいくら朴念仁野郎な只野とはいえ気付いただろうけども。 そんな恋 森下みほ、読み切り どう見てもストーカーです、ありがとうございました。 …

続きを読む