マンガ感想(週刊少年マガジン29号)

線は、僕を描く(週刊少年マガジン29号)
第1話 黒白の花蕾
原作・水墨画監修/砥上裕將 漫画/堀内厚徳、新連載巻頭カラー

またえらいマニアックなジャンルの漫画始めたなあと思ったら原作があるんだ。

ぶっちゃけそんな期待してなかったせいもあるんだが掴みはなかなかかと、ただこれ原作一冊だけなのよね、漫画だとすぐ原作分消化しちゃいそうな気もするんだが。




彼女、お借りします
まったくこの主人公ばっかよお、マジで爆発すればいいのに。


DAYS
君下△。


ランウェイで笑って
柳田さん超デレるの巻(ついでに早見も)。

藤戸社長はなんだろな、実は昔付き合ってたとか?


東京卍リベンジャーズ
記念写真がフラグすぎる事を考えると、全員死んでる可能性もありそう。




ドメスティックな彼女
あれ、これはもしかしてもしかするのか?


川柳少女
センターカラー
こっちも制服デートキタコレ。

それはそれとして「大阪万博思い出した」ワロタ。


川柳少女(9) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2019-06-17)
売り上げランキング: 279


五等分の花嫁
なかなかに切ない流れではあるが大逆転オチのためのフラグという考え方もだな。


EDENS ZERO
モデルはヤマトの沖田艦長?


ヒットマン
いやそれ元々のプロットがそうだっただけなんじゃ。


ダイヤのA
まあその三回目も負けるんですけどね、まず間違いなく。


はじめの一歩
あらわりとマジに苦戦してるのな、後一歩の心配は一体。


七つの大罪
魔神王が小物ムーブすぎる件について、やはり再生怪人はダメね。


ギャンブラーズパレード
いやま人気ないだろうとは思ってたがいきなりの打ち切りには流石にびっくりですわ>次号、最終回


マコさんは死んでも自立しない
ここで新キャラ追加かあ、こっちはどうやらまだ続きそうね。


シチハゴジュウロク
こっちは終わりそうというか飛ばされそうな予感がだな。


不滅のあなたへ
ん、何だったっけ、マーチだったか?

あひるの空、化物語は休載。

次号、真島ヒロ『EDENS ZERO』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン28号の感想はこちらから

この記事へのコメント

  • 名無し太郎

    新連載>マガジンではあまり見かけない短期連載ですかね?

    東京>あのストーカーならそのくらいやりそうで怖い。

    ヒットマン>普通、作品には物語の流れというのがありますからね。
    話の流れ無視していきなり死なせても感動どころか「作者ふざけんな」にしかならない。
    感情を更に強く込めれた程度の意味しかない。
    あとバンドの最初のヒロインが死んだのが二人目の父親というのを忘れてました。
    これは感情論とかでなく載せてはダメでしょう。よく加害者の家族まで叩かれるのありますが、これはバンドの後釜がその家族なんで絶対バッシング受けてバンドに大ダメージ、崩壊くらいは普通にあり得ます。
    相手にそんなダメージ与える作品とか訴訟は確実。

    ギャンブラーズ>こういうのが本当の尻切れトンボ。とはいえ、マガポケにもしないというのは意外でした。
    オリコンで圏外とは知ってますが、圏外作品なんてマガジンでもいくつもありますし。

    マコさん>これはどうしたら完結なのか謎ですね。

    シチハ>マガポケならまだマシ。いや、ギャンブラーズが無ければ今のマガジンは全部マガポケ終わりが最低だと思ってたんでマシとか思いませんでしたが。
    2019年06月26日 00:30
  • TALKING MAN

    >新連載
    発売前の原作とタイアップってのはたしかにレアだよなあと

    >東京
    いやあ流石にこの展開にはびっくり

    >ギャンブラーズ
    原作の人は兎も角作画の中山先生はこれにめげずに頑張って欲しいところ
    2019年07月02日 23:25

この記事へのトラックバック