マンガ感想(週刊少年マガジン31号)

魔法先生ネギま!(週刊少年マガジン31号) 
218時間目 おっぱい危機一髪!!
「モフフフ おっぱい万歳、おっぱいに乾杯、今日はおっぱい記念日ね!!」
タイトル見てなんじゃそりゃと思ってたけど、ほんとにそのまんまというか。
モフフフなおっぱい魔人の突き抜けた馬鹿さに吹いた。

もちろん馬鹿なだけじゃなく、ものの見事に罠にはまった刹那と楓を颯爽と救うスパッツアスナ&怒りに燃える闇ネギと燃えも完備。

とまあ、見事に萌エロ&燃えを兼ね備えてる(&同人誌界へのネタ振りも忘れない)あたりさすが赤松健だなあと素直に感心しました、いやほんとに(笑)。




スタンドバイミー
Ep16 エピローグ
最終回。
主人公とヒロインは生還したものの、漫画家的には壮絶な討ち死に(打ち切り)という悲惨な結果に。
何が駄目って結局何がやりたいかわからなかったもんなあ。

いやたぶんやりたかったのは戦時という極限のシチュエーションでのラブストーリーなんだろうけど、設定に無理があるわ、ストーリー構成に難があるわ、2年間のペンディングはほんと何だったんだと言いたくなるほどつっこみどころがありまくり。
唯一長所と言えなくもない作画もラブストーリーをやるには無理がある作風だったと個人的には思う。

ただ、2年連載を待たされた挙げ句16週打ち切りはさすがにちょっと可哀想すぎるので編集部的に何らかのフォロー(原作付けて貰っての再出発)が入ることに期待。


しかし、やはりというか何というか最後まで敵の正体はわからなかったな。
写真を見る限り中国もしくは東アジア系のようには見えるけどさ。

ちなみにこれは作者及び編集部がチキンなのかお話が生臭くなるのを避けたのかどっちなんだろう……って今更、どっちでもいいか。








スクールランブル    
#280 TOMORROW NEVER DIE
「俺を頼れ」
と直球の播磨。
「アンタ……私の婚約者になってくれる?」
と返す沢近。

「アンタって……ホンッッットにバカよね」
と感極まった表情で抱きつく沢近が可愛すぎてもうね。

何という神展開。
これだよこれ、こういう展開を待っていた、やはりスクランはこうでなくては。
あーもう続きが楽しみすぎる。





シバトラ
File71.緊急脱獄経路&File72.五番号、激走ッ
表紙&巻頭カラーで一挙二話掲載。

すっかり刑務所生活にハマってる竹虎からの手紙が笑える一話目、「ガキだけの王国」を作るとファンタジーな夢を語るネズミ君(=たぶんCEO)のキャラが最高な二話目とここまでは正直かなり面白い。

これでいつもみたくラストでぐだぐだにならなきゃ良いんだけど……。


ちなみに竹虎(高円寺署生活安全課少年係)VS.竹虎(小池徹平)超特別対談はかなりイタタッな内容だったけど、ドラマのスタッフ&キャスト(真矢みき、ドランクドラゴンの塚地、大後寿々花あたり)を見るとそれなりに期待できそうな気も。

シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~ - フジテレビ公式サイト





トッキュー!! 
第194話 ニュース。
助けた子供と友に津波に飲み込まれる兵悟。
その報はニュースを通じて日本にも伝わる。
平静を装いつつもその押さえきれない激情を兵悟のヘルメットにぶつけ独り泣くメグル。
とりもなおさずジャカルタに向かうユリ。
神林分かってんのか? どれだけ俺達がジャカルタまで飛んで行きたいか
という安堂のモノローグが泣かせます。

とまあ、盛り上がりが凄いことになってるうえ描写がほぼ完璧。
いやだってニュースのなかでテレ東だけはアニメというところまで押さえてるもの。

さて後はどうやってまとめるかだけど、とにもかくにも次号が楽しみだ。





君のいる町
#6 突然、バタンチュー
嫉妬か何か知らないけどさんざんキレまくった挙げ句の突然のキス。
前回あれだけ七海との恋に協力的だったことを考えると情緒不安定にもほどがあるというか。

でもまあある意味瀬尾ヒロインらしくなったとは言えるかも(笑)>柚希




あひるの空  
第200話 チェンジ。
まどか、髪を切るついでに男もばっさり。

個人的には記念すべき200回目をよりによってマドカ回にしなくてもと思うんだけど、とりあえず全然全く面白くなかった一連のマドカ話が終わってくれただけでも良しとすべきだろう、うん。

特別編
自虐的すぎて滑ってる気がしないでもない(日向武史って女性だよね)が、これだけ負け続けたバスケ漫画で連載200回は素直に凄いと思う。





ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-
Chapitre.192 溢れ出す記憶
センターカラー
約一月ぶりの連載再開。
「勝った!」って無邪気に喜ぶさくらやシスコン桃矢がまんま『CCさくら』なのが懐かしくも楽しかった。
で、ストーリーの方はというと、ラスト、暗闇に佇む少年四月一日が登場。

これでついに四月一日の謎が明らかに…………と思いたいところだけど今までが今までだからなあ。
まあ少しでも前進すればいいやということで多大な期待は抱かないでおこう。








スマッシュ! 
#90
北先生のグッジョブなケアレスミスのおかげで翔太と蛯沢先輩、亜南と美羽、恋のミックスダブルスが実現!
というわけでまだまだ続く蛯沢先輩のターン、どんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

ちなみにこの組み合わせって事は女子バドのナンバー1とナンバー2がこの2人ってことだよね。
美羽っていつのまにかキャプテンより強くなってたのか。


後、太陽には、フットワークの良さとひらめきという武器があることが判明。
ゆくゆくはいとこの海斗と組んで、翔太・亜南ペアに次ぐエースに育つってところかな。


咲香里『スマッシュ!』 9巻の感想はこちらから




ダイヤのA
哲キャプテンのツーベースで点差を4点に拡げたところで真田登場。

ランナーをスコアリングポジションに置いてのクラッチヒッター御幸との対決は結果はともかく(まず間違いなく御幸が討ち取られる流れ)見応えありそう。




CODE:BREAKER
テンプレにもほどがあるヤクザ&ヤクザ事務所描写に吹いた。
シリアスな場面で笑わせてどうするよ。




ゴッドハンド輝
だとしたら贖罪の意味合いの方が強いんじゃ?>慧という名前




カグツチ
美矢ちゃんに片想いの金井君に死亡フラグが。
美矢ちゃんを庇って……というベタなパターンが予測されるわけだけど、さて。




エリアの騎士
江ノ高、意外にも高瀬のヘッドで先制。
飛鳥が一コマも出てないところは気になるけど、少なくとも状況的にオフサイドはなさそう。

ちなみに神奈川って2校出られるんだ、それは知らんかった。
って事は鎌学に勝てば出られると。

でもまだ決勝でとんでもないのがいきなり出てくる可能性は残ってるわけか。


それはそれとして、なでしこの方にもやたらフェミニンな新キャラが出てたけど、これは完全に長期連載体制に移りつつあると見てよさそう。

たしかにマガジンのサッカー漫画の伝統とは言えなくもないんだけど、オフサイドはもちろんシュートと較べてもアレだからなあ。




ハンマーセッション!
テコ入れのつもりか知らないけど、さすがに露骨すぎて引いた>Hしていいよ先生
順当なところだと親もしくは兄弟からの性的暴行とかそういう鬱路線だけど、さて。




金田一少年の事件簿 黒魔術殺人事件
次号最終回とのこと。




ヤンキー君とメガネちゃん
やたらディティールに凝ってる体育祭の設定&応援合戦が決め手になる、などなど全体的に少女漫画の学園物を思わせるノリになってるのが興味深い。





賭博覇王伝 零
お約束通り3問目突入。

ストレートに考えると、上、もしくは下、あるいは全面からの攻撃があると読める(司法→四方、誤報→五方)んだけど、さすがにこんな単純じゃないとは思う。

とはいえ、ぶっちゃけいい加減魔女の館編も飽きてきてるんだよね。
正直もう何でも良いやという気分だったりする。





ベイビーステップ 
うーん、どんな状況でも諦めない精神力?>プロを目指す人との違い
実際たとえいくら負け続けようと折れない心の持ち主のエーちゃんはたしかに素質ありそう。

日本選手、特に男子の場合、世界の壁はむちゃくちゃ厚いからなあ。




妖怪のお医者さん
『スタンドバイミー』終了でついに尻に火が点いたってところか、後何週ぐらいだろ。
ちなみに今週はヴァンパイヤにお弁当代わりに吸われる弥生の表情がやたらエロチックなのが印象的だった。




もう、しませんから。
シャアコスプレという羞恥プレイ付きで東京駅から静岡のガンプラ工場バンダイホビーセンターへ。

どっちかというとフラウ・ボウのコスプレをさせられてる仁先生とやらのほうがより気の毒かも。
漫画家もいろいろ大変だよなあと他人事のように言ってみる。


ふれ ふれッ!- ふれ子ととまんが家・仁さんでお送りする、別フレ半公認(放任?)ブログ。
ちなみにこちらが紹介されてるブログ、どうも「仁」というのがペンネームな模様。







はじめの一歩、さよなら絶望先生、新約 巨人の星 花形、BLOODY MONDAY(ブラッディ・マンデイ)は休載。


次号、安田剛士「宮本恒靖 FIRE&ICE」が読み切りで登場。


週刊少年マガジン30号の感想はこちらから
さよなら絶望先生 第百四十四話 ククリなき命を(週刊少年マガジン30号)の感想はこちらから



この記事へのコメント

  • おやてん

    サワチカちゃんと呼ばせてください。笑
    なんだこの少女漫画みたいな話ですくラン
    大好きだ。16巻読んでからここまで16号
    の悪夢を超えて長かったナァ・・・。
    ほな
    2008年07月02日 23:13
  • ■スマッシュ!
    多分、自分としてはこの後も北先生のグッジョブな男女の組み合わせ(例・野原×佐久間)によるミックスダブルスが続くと自分は思います(笑)、後太陽は翔太と同じ様に鬼頭コーチに目を付けられて特別メニューを組まされるかなあと自分は思います。
    ■ダイヤのA
    多分、自分としてはこの後、丹波も登板して投手戦という展開かなあと自分は思います。
    P.Sマガジンの公式サイトで轟雷市が主役の寺嶋先生デビュー作の「橋の下のバットマン」が掲載されて見られます。
    ■エリアの騎士
    いやあ、今までとは逆でかませ犬、もしくは見掛け倒しだと自分は思います。>>決勝戦の相手
    ■ベビステ
    確かに現実では日本人男子選手の世界最高成績は戦前に佐藤次郎という選手が世界ランク3位という成績以来パッとしませんしね、しかし錦織圭が今ン所の日本テニス男子の希望の星というのが現状かなあと自分は思います。
    2008年07月03日 10:35
  • TALKING MAN

    >おやてんさん

    >16号の悪夢
    ああ、そういやそんなこともありましたね。
    今思えば懐かしい^^
    2008年07月04日 00:12
  • TALKING MAN

    >sさん
    >橋の下のバットマン
    設定違うやんとツッコミつつ読んでたら断り書きがありましたね^^

    >ベビステ
    いや1995年にウィンブルドンでベスト8に入った松岡修三がいます。
    テレビ見てるとただのバカにしか見えないかもしれませんが、松岡修三の強さは本物でした。
    2008年07月04日 00:13
  • 通りすがり

    スタンドバイミーが打ち切りになった原因は、恐らく戦争を冒涜した内容だった為、読者から苦情が殺到したからではないかと思います。

    街の皆が裕福に暮らしている、戦車が普通に道路を走っているなど、明らかに戦争を冒涜したとしか思えない。

    この作者は、こんな作品を書く前に、戦争跡地へ行くなり、戦争を題材にした作品を見るなりして勉強するべきでしたね。

    私だったらこの作者を広島、長崎の原爆資料館や平和記念公園へ徹底的に連れて行かせ、
    少年H、二十四の瞳、ちょっちゃん物語、はだしのゲン、特攻の島、黒い雨にうたれて、満州国物語、かんからさんしん、広島のピカ、おこり地蔵等といった
    戦争を題材にした多くのドラマ、アニメ、漫画、絵本等を徹底的に見せつけ、
    戦争の悲惨さ、悲しさ、醜さ、暗さ等を徹底的にその胸に刻み込ませてやりたいです。

    更に俺が作者に言いたい事。
    「アンタ連載開始まで2年近く待たされたそうだが、その間一体何してたの?」

    タバコ吹かしながらパチスロでもしてたのなら、もう救い様が有りません。
    2013年01月13日 17:44
  • TALKING MAN

    また懐いというか何というか。

    正直もうあんま覚えてないし今は原作付き作品をマガスペで連載してるみたいなんでもう許してあげてもいいんじゃないでしょうか。
    2013年01月14日 23:23

この記事へのトラックバック

楓の ネギま!ニュース+218時間目感想ブログまとめ 「2008年7月2日」
Excerpt: ☆ネギま! ニュース ●神田朱未のツンでれ日和。更新 「朝も早くから・・・」 [神田朱未のツンでれ日和。-アニメイトTVブログ-] ●ネギま!SN...
Weblog: 楓の箱リロLive対戦日記
Tracked: 2008-07-02 23:29

ネギま!218時間目の感想
Excerpt: クリスとクレイグは活躍無しか、今回は男キャラの扱いが酷い。 ザィツェフの本名はチコ☆タンって言うのね。 この人の故郷は「モエル」なん�...
Weblog: 時雨の製作日記
Tracked: 2008-07-03 00:54

マガジン31号の感想
Excerpt: フェアリーテイル  エーテリオンって魔力なのでは? で、それを利用して完成とか。まさかそんなベッタベタなオチじゃ…… ダイヤのA �...
Weblog: こう観やがってます
Tracked: 2008-07-04 02:31