TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週のマンガ感想(週刊少年マガジン51号)

<<   作成日時 : 2006/11/22 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

魔法先生ネギま!(週刊少年マガジン51号)
157時間目 正義は何処に!?
超の行動をエゴでありワガママだという理由で否定する夕映、しかし、それでも超をを否定しきれないネギ。
ここで、自分じゃなくのどかとの約束を出すあたりが夕映らしいよなあ、ほんといい娘だよ。

そして、ネギは「みんなと一緒にいたい」から超と戦うという結論に辿り着く、エゴにはエゴを、でもそれでいいんだよね。

さて戦いの方だけど、AI制御のカシオペア対魔法制御のカシオペア対決は短期決戦へ。
再びの誘いで、隙を作り攻撃する超。ネギ敗北かってところで次号に引き。

これは思ったより早めに決着つくのかも。


ハンマーセッション!
SESSION2 学校へいこう!の巻
東大出身の教頭との東大専門用語入りの会話を入念な下調べでクリアする主人公。
「細かいディティール」、それは詐欺だけでなく漫画でも小説でも重要だよねということでなかなか面白くなりそう。

後は、クリスチャンヤクザの偽名が今村昌平って渋いなあとか、きっちりパンチラシーンがあるところがマガジンらしいなとか。


はじめの一歩
Round 753 挑戦者(チャレンジャー)として
今回は、またいろいろ懐かしいシーンが。まあ、本人(一歩)が納得したみたいだし、これでほんの少しだけ最終回の形が見えてきたからまあ良かったんじゃないかと。 

後、BS2、11月28日23時30分よりNHK「マンガノゲンバ」に作者が登場とのこと。


ダイヤのA
27話 大器の片鱗
青道二軍対黒士館、一軍切符をかけた最終戦開始。
一週間で驚異的な飛躍を見せる沢村。それを見て、キャッチャーとしてプレイヤーとして昂ぶりを押さえられないクリス。
いやあ、燃える、燃える。


スクールランブル
沢近バースデーパーティー。
播磨と天満がいちゃつく様子をとうとう目撃してしまう沢近。怒りのオーラが燃えあがる沢近の表情がインパクトあり。
これはもしかして決定的な展開を迎えるだろうか、でもまだ映画撮影があるしなあ。

新約 巨人の星 花形
連載再開。
花形、星飛雄馬と邂逅す。ついでに一徹も登場。いやあ、やっと出てきたか。でもまあ、本格登場はまだなんだろうな、たぶん。

エリアの騎士
連載再開。
SC対FC、試合開始
結局、荒木は間に合わず、ついでに駆の弱点とやらも明かされなかったわけね。荒木はともかく、駆の弱点は試合前に修正した方が良かったんじゃないだろうか。 

あひるの空
こういう描写がこの漫画の良いところだと思う。

ヤンキー君とメガネちゃん
ビミョーにラブコメしてるようなしてないような。

スマッシュ!
次回、優飛の過去が明らかになるみたいだが、いろいろ後手に回ってる気が。


さよなら絶望先生は休載。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【大教典】週刊少年マガジン51号(11/22)
ネタバレ必死、マガジンです。 立読みして直ぐの新鮮直球簡易感想です(笑) ...続きを見る
ラブ教総本山
2006/11/22 19:57
楓の ネギま!ニュース+157時間目感想ブログまとめ 「2006年11月22日」
・ネギま! ニュース●ネギま!? iTunes先行配信 ネギパック04配信開始!今回の3曲は・マホラ戦隊バカレンジャー (CV:桑谷夏子・神田朱未・Hazuki・堀江由衣・白石涼子)・夕暮れセンシティブ宮崎のどか(CV:能登麻美子)& ネギ・スプリングフィールド(CV:佐藤利奈)・Let's Play with your Dream!神楽坂明日菜(CV:神田朱未)&... ...続きを見る
楓の箱リロLive対戦日記
2006/11/22 20:27
ネギま!?第8話感想+α
あれ?OPが元の組み合わせに戻ってなかった? 前作と違って、何話ずつかの分担っていう訳じゃないのね。 いったいどういう観点で使い分けているのか・・・。 ...続きを見る
けいちゃん
2006/11/23 02:09
ネギま!157時間目感想
バトルと夕映の言葉が織り交ざっている今週の感想です。 ...続きを見る
Crazy Dance
2006/11/23 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!漫画喫茶を楽しむkyousoです。

■ダイヤのA
>キャッチャーとしてプレイヤーとして昂ぶりを押さえられないクリス

確かにこのシーンは本当に秀逸でした!あの方を抑えてるあたりが私の漫画心を異常に擽りました!!!

■エリアの騎士
>ついでに駆の弱点とやらも明かされなかったわけね

わぁ〜忘れてた!ていうかダイエットしてこれるかどうかが非常に気になる所ですが、後半戦までは無理として来年の登場かな???
kyouso
2006/11/22 20:02
こんにちは

>ダイエットしてこれるかどうか
まあ、たぶん颯爽と現れるんでしょうね、お約束ということで。


TALKING MAN
2006/11/23 10:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今週のマンガ感想(週刊少年マガジン51号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる