TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(ジャンプ、サンデー、マガジン19号、チャンピオン20号、ガンガン5月号、Kiss.8他)

<<   作成日時 : 2006/04/12 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハヤテのごとく!(週刊少年サンデー19号)
今回も素晴らしい。
ただ、麻雀の結果は見届けたかった気が(笑)。やはり、ヒナえもんが対抗一番手なのかな。


絶対可憐チルドレン
ほのぼのギャグの後は、本筋の少佐絡みのお話になるわけだ。
妙に可愛いアバター付きのチャットは正体を隠すためとか。実は皆本の身近にいたりするのかもしれない。


MAJOR
寿のタイムリーで日本代表逆転。
吾郎はすっかり応援モードで主役置いてきぼりだがこれはこれで。


ハルノクニ
やはりナノテクか。便利だよなあ、ナノテク。
ただ、あまりにもステロタイプな敵でどうにものれないものが。


妖逆門
銭ゲバな大阪弁娘登場。悪くはない、悪くはないマンガなんだが……。


武心 BUSHIN
鬱陶しいキャラだけど後で仲間になるんだろうな。


あいこら
告白を受けてとうとうフェチだと言うことをハチベエがカミングアウト。いったんは軽蔑するも先生のフォローもあってそれでも好きだと思う巨乳メガネだった(笑)。
この後は誰がハチベエにパーツ愛ではなく本当の愛を伝えることが出来るのかという展開になるのだろうか。

クロスゲーム
なるほど、体力が弱点なわけね。



鋼の錬金術師(月刊少年ガンガン5月号)
第58話 破滅の足音
ホークアイ中佐って、ロイの師匠の娘だったのか。
そして話はイシュヴァール戦争へ遡る。
次号はしんどい話になりそうだ。
たとえ、それがいつか語られなければならない話だとしても。



のだめカンタービレ
Lesson88
なぜか『もやしもん』とのコラボ。
オーディション開始。黒木君とターニャはうまくいってるのか?
『もやしもん』ネタののだめカレーは積極的に遠慮したいな(笑)。



DEATH NOTE(週刊少年ジャンプ19号)
二人ならばLに並べる。二人ならばLを超えられる。ってあたりは久々に少年漫画っぽいノリで良かった。
で、最後にライトが自分がキラだと認めたわけだけど、何か開き直りそうな予感。


アイシールド21
雪光、フィールドへ。ほー、そういう設定で来たか。
確かにアメフトではそういう頭脳プレイも有効だろうし。



スクールランブル(週刊少年マガジン19号)
沢近のイギリス留学時代の因縁話か。
ただ単に沢近が好きだっただけって気がしないでもないけど。

はじめの一歩
一歩が宮田への未練をやっと断ち切ったようだ。
成長したなあ、いやまああいかわらずビビりーなんだけど(笑)。


空手小公子小日向海流(週刊ヤングマガジン19号)
いやあ、今回はめちゃくちゃ面白かった、笑った。濱田とあの後どうなったんだろう(笑)。
それにしてもヤンマガって本当に休載多いな。
今読んでるマンガが全部載ってた事ってあったかだろうか、いやないみたいな。



範馬刃牙(週刊少年チャンピオン20号)
妄想じゃないアイアン・マイケル登場。悲惨すぎる扱いだ(笑)。


舞-乙HiME(マイオトメ)
前話に引き続きマシロ姫のサービスカットが(笑)。

それはともかく、誰かが真祖になれば再びオトメの機能を復活できると来ましたか。一番可能性が高いのはミズ・マリアだけど、まさかレナ・セイヤーズが出てこないだろうな。

一方、マシロくんサイドはエルスティン戦線復帰。うーん、このタイミングで戻ってくるのは危険すぎ。
そして早速やってきた貞操の危機にハルカ&ユキノ登場。うん、お約束だけど、燃える展開だ。

範馬刃牙、舞-乙HiME(マイオトメ)追加(2006/04/43)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マンガ感想(ジャンプ、サンデー、マガジン19号、チャンピオン20号、ガンガン5月号、Kiss.8他) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる