マンガ感想(週刊少年マガジン28号)

ドメスティックな彼女(週刊少年マガジン28号) 最終話 ドメスティックな彼女 正直まさかヒナエンドになるとは思ってなかったんでラストのツイストには意表突かれたとはいえだ終わってみれば見事な大団円(ここまで生い立ちが複雑だと今のご時世ハルカちゃんっていじめられるんじゃと思わないでもないが)で素直に良かったなあと、ラストもこれしかないという締めだったしのう。 後最後の最後に袋とじをぶっ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ27号)

約束のネバーランド(週刊少年ジャンプ27号) 第180話 きみのすべて なるほどそういうパターンで来ましたか。 という訳でしばらく記憶喪失編が続くかと思いきやだ、もしかせんでもこの流れ来週最終回なん? だとすると幽奈さんみたくめっさ消化不良に終わっちゃいそうな気がしかしないのだけれども。 タイムパラドクスゴーストライター 第4話 贋作 この作者に…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー27・28号)

名探偵コナン  警察学校編(週刊少年サンデー27・28号) CASE.7 外柔内剛 荻原編スタートな今回だけど表紙連荘との事。 単行本いつになるかは知らんがやっぱ人気もあるんだろな、コナンブランド恐るべし。 龍と苺 第3話 化け物 元奨ホントにぶっ飛ばしおったか、しかしアレ演出的には分かるとはいえコントロールミスってたらマヌケすぎる絵面にだな。 …

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン27号)

ダイヤのA(週刊少年マガジン27号) 第214話 集大成の ゾノさん意地を見せるの巻。 ただ準決勝や決勝だとたぶんに噛ませだからここぐらいはなあと思わなくもないというか、いや勿論可能性は零じゃないけどさ。 はじめの一歩 Round1301 柳岡の賭け 熱い!!! いや今回は素直に良かったですマジで。 ドメスティックな彼女 第275話 …

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ26号)

約束のネバーランド(週刊少年ジャンプ26号) 第179話 代償 表紙&巻頭カラー 表紙&巻頭カラーの次にセンターカラーで最終回という鬼滅パターンはどうやら無かった模様、といっても終わりが近いのは間違いないんだろうけどさ。 それはさておきどこぞに飛ばされて意識を失ってるエマに近づく何者かは一体、とりあえず普通に人間っぽいシルエットではあるのよね。 チェンソーマン 第71…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー26号)

イケ田くん(週刊少年サンデー26号) 第1幕 イケメンは恩を忘れない 渥美駿、新連載巻頭カラー うーむ……、いやまあ「駄目なら一緒に泣いてやる」あたりは良かったんだが流石にこのテンションは疲れるというかなんというか、まとりあえず様子見で。 葬送のフリーレン 第5話 人を殺す魔法 なるほど冒頭の「強力すぎて不思議です」が伏線だったわけだ。 しかしゾ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン26号)

はじめの一歩(週刊少年マガジン26号) Round1300 再びの熱狂 表紙&巻頭カラー やはりというかララパルーザ再びの巻。 つうか全ては一歩の魂に再び火をともすためみたいな?>これがやりたかったんやろ?千堂  だとしたら実に浪花節ですなあ。 なんでウェブ版の表紙がと思ったらそういや一歩って電子版載らないのよね。 化物語 何故にここで初代…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ25号)

タイムパラドクスゴーストライター(週刊少年ジャンプ25号) 第2話 始まってしまった物語 原作/市真ケンジ 作画/伊達恒大、新連載第2回センターカラー なんかアレだな、現状シュタゲというよりかは『僕はビートルズ』っぽいよなあと思う今日この頃だったり。 勿論ここからの展開次第なんだがただ素直にコンビ組む事になると『バクマン。』になっちゃうよなあとも思う訳で。 …

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー25号)

龍と苺(週刊少年サンデー25号) 第1話 命懸け 柳本光晴、新連載表紙&巻頭カラー 清々しいまでに将棋版『響』でもう笑うしか いやまオレは何だかんだで『響』全巻揃えちゃったぐらいは好きだったんで別にいいっちゃいいんだが確実に人を選ぶ作風ではあるのでダメな人はダメだろうなあとは思うのであった。 ポンコツちゃん検証中 検証その52 やさしい人 センタ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン25号)

オリエント(週刊少年マガジン25号) 第88話 無明 連載2周年&キャラクター人気投票開催記念巻頭カラー いつか面白くなるかなあと思い続けて二年経ってしまいましたか、強いて言うならつぐみの仲間入りエピソードあたりは良かったんだがまたその後がなあ……。 ドメスティックな彼女 第273話 大好き 籍を入れてないだけで普通に同居してるのかねえ、いやだって別居…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ24号)

タイムパラドクスゴーストライター(週刊少年ジャンプ24号) 第1話 週刊時空をジャンプ! 原作/市真ケンジ 作画/伊達恒大、新連載表紙&巻頭カラー うーむ……とりあえず今のままだと主人公がただのパクリ野郎になっちゃうんで流れとしては引きこもり少女がカチコミかけてなんだかんだでコンビ組む展開になるみたいな? ただその場合電話レンジ(仮)の必要性がなくなっちゃうのよねえ、まとりあえず…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン24号)

カッコウの許嫁(週刊少年マガジン24号) 15羽目 あの2人が気になる? 表紙&巻頭カラー 表紙&巻頭カラーが貰えるあたり人気はガチっぽい模様、ま『ごとぶん』の代わりになれるかは神のみぞ知るわけだが。 トーキョーバベル 第2圏 イメージ 原作/花林ソラ 漫画/久世蘭、新連載第2回 イメージと来ましたか、まあ実にあるあるだけどでもま思ったよりかは読めそ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー24号)

いとやんごとなき(週刊少年サンデー24号) 第1話 光の貴公子 小松翔太、新連載巻頭カラー また出オチですかそうですか、しかも一ミリも笑えない下ネタと来たらもうね。 ノケモノたちの夜 第37夜 開幕は過去の銃声と共に いきなり二柱登場とか、まあルーサーが生きてたのにもびっくりしたけども、しかしアレだなお兄ちゃん思ったよりか苦労してたのな。 ちなダ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ23号)

鬼滅の刃(週刊少年ジャンプ23号) 第204話 鬼のいない世界 巻頭カラー まさかの現代編スタートである、と言いたいところだけどネタバレ喰らってしまったのでまあうん……。 ちなこの流れは普通に炭治郎とカナヲがくっつくということで良いんだよね。 ボーンコレクション 第二話 人になりたい 雲母坂盾、新連載第2回センターカラー 流石にスク水インは予想…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー22・23号)

葬送のフリーレン(週刊少年サンデー22・23号) 第1話 冒険の終わり&第2話 僧侶の嘘 原作/山田鐘人 作画/アベツカサ、新連載巻頭カラー 正直まったく期待してなかったんだが何これ滅茶苦茶に良いんですけど、というかぶっちゃけ泣かされちゃったい、しかも二話連続で。 強いて言うなら出オチという言うにはアレだが完成度が高すぎてこの後が蛇足になりそうなところだけど、でもま期待していいん…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン22・23号)

トーキョーバベル(週刊少年マガジン22・23号) 第1圏 Welcome to the semiosphere 原作/花林ソラ 漫画/久世蘭、新連載巻頭カラー 原作者どっかで見たなと思ったら『ThisMan』の人か。 いきなりヒロイン死亡(つっても生き返りそうな含みは持たしてるけども)とかなかなか飛ばしまくりでとりあえず掴みはそう悪くないかと(実体化能力に関してはGS美神の文殊っ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年ジャンプ21・22号)

ボーンコレクション(週刊少年ジャンプ21・22号) 第一話 死にたくない! 雲母坂盾、新連載表紙&巻頭カラー んー一話目読んだ限りではどっかで見た設定、キャラのパッチワークすぎてどうにもこうにも、作画もイマイチだしのう。 でもまいちおうまだ様子見ということで。 鬼滅の刃 第203話 数多の呼び水 やはり最後は禰津子(善逸の明日はどっちだ)が持ってったか、そして無惨様…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン21号)

川柳少女(週刊少年マガジン21号) 第173句 川柳少女 五十嵐正邦全173話最終回センターカラー 初手から推してた作品がアニメにもなって大団円を迎えられたのはたいへん感慨深いものが、最終回自体も素直にいい最終回だったしのう。 強いて言えばエピローグがあればなあと思ったけどまこれはこれで、兎にも角にもお疲れさまでした、そしてありがとうございました。 …

続きを読む

マンガ感想(週刊少年サンデー21号)

魔王城でおやすみ(週刊少年サンデー21号) 第百九十四夜 そんなんだから攫われるんだろ 巻頭カラー スヤリス姫無双の巻。 ゼツランちゃんはなかなかに使い勝手が良さそうなんで出来ればこのまま魔王城に押しかけ&居ついて欲しいところなんだけどさてはて。 洗脳執事 最終話 4年後 浅山わかび、全17話打ち切り最終回 最終回自体はまあいい最終回だったんじ…

続きを読む

マンガ感想(週刊少年マガジン20号)

炎炎ノ消防隊(週刊少年マガジン20号) 第225話 点火 巻頭カラー え、そんなに売れてるんだ>累計600万部突破 まアニメ化もしたしなあ、しかもなんか二期も決まってるし。 週刊少年マガジン 2020年20号[2020年4月15日発売] [雑誌]posted with amachazl at 2020.04.20講談社 (2020-04-15)Amazon.co.jpで…

続きを読む