マンガ感想(週刊少年ジャンプ23号)

鬼滅の刃(週刊少年ジャンプ23号)
第204話 鬼のいない世界
巻頭カラー

まさかの現代編スタートである、と言いたいところだけどネタバレ喰らってしまったのでまあうん……。

ちなこの流れは普通に炭治郎とカナヲがくっつくということで良いんだよね。



ボーンコレクション
第二話 人になりたい
雲母坂盾、新連載第2回センターカラー

流石にスク水インは予想外だったわ(笑)。つーわけで二話目は少なくとも一話目よりかは良かったですハイ。


マッシュル-MASHLE-
第14話 マッシュ・バーンデッドと鉄の魔法
見開きが格好良すぎる件について。

いやまやってる事はあいかわらずワンパなんだがここまで決まってると文句はないのであった、というかもしかしたらこの漫画が化けた回と記憶されるやも。


HEAVY METAL YANKEES
川田、読み切りセンターカラー
ヒロアカ+ヤンキー物みたいな、まあ悪くはないんだけど個人的にはイマイチぴんと来なかったことであるよ。




Dr.STONE
やっぱ敵居たかあ。


ONE PIECE
ヤマトねえ、母親は誰なんだろか。


ぼくたちは勉強ができない
やったね理珠ちん、ついに成幸を落としたでござる的な>コトン…

でもアレだな、これギャルゲーというよりかは乙女ゲーだよね。


森林王者モリキング
普通に読めるんだが如何せん地味なのよね、その辺がどう出るか。


ハイキュー!!
木兎△。

それはそれとして梟谷準優勝だったんかい、でも一林って一体。


約束のネバーランド
センターカラー
なんというベタ展開、でもまこれまでしたことを考えるとこの展開しかないともいえるわけで。


ブラッククローバー
また分かりやすいフラグ立てて散っていきましたなあ>オレは戦闘で一度も傷を負ったことも痛みを感じたこともない(キリッ


アンデッドアンラック
お、このタイミングでセンターカラーゲットとか。


AGRAVITY BOYS
今回もクッソワロタ。

次回はグリスロウもとい、グリグリーダーさんの出稼ぎ話ですね分かります。




アクタージュ act-age
いくら星アリサが付いているとはいえだ、やはりというか反動が怖いよなあこれ。


夜桜さんのちの大作戦
なんぞこのハンター試験、まオマージュかもなんだが。


ゆらぎ荘の幽奈さん
ああなるほど因果が逆だったのか、そら幽霊にこだわるのもむべなるかな。

HUNTERXHUNTERは休載。

次号、原作/市真ケンジ 作画/伊達恒大「タイムパラドクスゴーストライター」が表紙&巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年ジャンプ21・22号の感想はこちらから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • あさると

    >鬼滅
    青い彼岸花とか謎のままで終わりそうですね…。
    亥之助とアオイは流石に強引なような、しのぶさん生きてたら…。
    あと禰豆子は将来苦労しそうw

    >読み切り
    ちょっとありきたりと言うか既視感半端ない感じと言うか

    >STONE
    相手は軍関係?

    >勉強
    関城さん、ずっと自分抑えてる印象でしたし良かったと思います。
    成行ってヒロイン属性多い主人公ですしねぇ>乙女ゲー
    2020年05月17日 17:28
  • 名無し太郎

    鬼滅>ネタバレを見かけてしまっても、全く信じてなく一蹴していました。
    元々はカップルで過程があるのは鬼時代のやり取りがある善逸と禰豆子だけだと思ってたんですが、禰豆子が人間に戻ってからは善逸にドン引きばかりしていて性格も変わった(元に戻った)上に風柱にあの態度で完全に善逸の思い込みにしか見えない状態になってからラストのアレなんで色々と違和感ばかりになってます。
    炭治郎はまあカナヲからのベクトルがちょっとあったし、相当強引で唐突だけどまた分かります。伊之助とアオイは余ったからですかね。

    石>敵が出た理由はテンプレ感ありますね。ただ、今回は文明持ってる知識人なのに人間を即攻撃してる、誘き寄せる相手がいるって事でこの作者では多分始めての第三勢力がいるだろう展開なので、本当に久しぶりにワクワクしてます。
    千空達を誘き寄せたってのはあらかじめ知ってないと無理ですし。

    ワンピース>名前からいってワノ国に来てから作った子供ですからまだ若いって事でそこそこ程度の強さが関の山ですかね?
    親の片方しか不明なのが多い作品なので母親が出てくるかは微妙。

    勉強>もう本編でギャルゲーやって落としてますからね。
    あとは主人公がヒロインに傾く経過をやるので逆転してますね。

    ハイキュー>予想以上に木兎強かった。ぶっちゃけ木兎って落ち込みタイムがあったので五本指って違和感あったんですよ。
    落ち込みタイムの時はいなくても同じくらいに動かないし、普段も牛若に届かないくらいのイメージだったんでプラマイだと普通(マイナスが凄すぎてプラマイ普通でも凄いですが)くらいのイメージ。
    でも今回で、全開時はここまで凄かったんだって分かって、こりゃ不調込みでも五本指にも入るし調子次第では三本指に入るってのも納得。
    プレーも過去も熱くて非常に良し。

    アンデッド>本当に願望の。まあ一度落ちて完全復活と言える程の掲載順になってない不安はありますけど。少しずつ回復してるからこのまま回復しきって欲しい。

    ゆらぎ>こういう展開がマジで上手い作者。この作品で一番評価されるべきはエロさより上手さだと思ってます。
    まあ悪ノリし過ぎて付いていくのが大変な時もありますけど。
    2020年05月17日 20:10
  • TALKING MAN

    >あさるとさん
    >鬼滅
    一応回収されましたねえw>青い彼岸花

    >STONE
    なんつってもアメリカですしねえ

    >勉強
    関城さんの話は良かったんですよね関城さんの方は
    2020年05月24日 18:42
  • TALKING MAN

    >名無し太郎さん
    >石
    その辺が謎だよねえ>千空達を誘き寄せたってのはあらかじめ知ってないと無理ですし

    >ワンピース
    なるほど>親の片方しか不明なのが多い作品なので母親が出てくるかは微妙

    >ゆらぎ
    後はどうまとめるかだけどさてはて
    2020年05月24日 18:47