TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン15号)

<<   作成日時 : 2019/03/19 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ドメスティックな彼女(週刊少年マガジン15号)
第223話 埋められないココロ
巻頭カラー

なるほどヤクネタだったのね、偶然とはいえ凄いタイムリーなネタぶっこんで来ちゃってまあ。




夜になると僕は
第34話 夜になると僕は
原作/益子悠 漫画/一×、全34話打ち切り最終回
何このポエムエンド。

でもま打ち切りとはいえいちおう最後まで本誌で連載出来たのは良かったんじゃ、つっても次あるかは謎だけどなー。


クロマティ高校 職員室
ネーム原作/野中英次 作画/井野壱番、出張読み切り
へー知らん間にこんなのやってたんだと思いつつよく見たら野中英次はあくまでネーム原作であって作画は違うのね。




化物語
この百合はいいものだ。


生徒会役員共
ま高校生だし当然だわな>おっきしてました

ナサ君も当然そうだと思うんだがその辺はスルーなのよね……あでもあのハイスペックぶりを見るにもしかしたらその辺もコントロール出来るのかも。


トニカクカワイイ (5) (少年サンデーコミックス)
畑 健二郎
小学館 (2019-03-18)
売り上げランキング: 278


七つの大罪
おおそう来ましたか、いやあ盛り上がって参りました。


男子高校生を養いたいお姉さんの話
センターカラー
ホントにブラジル行っちゃったのには流石にワロタ、いやまあ当然すぐ戻ってくるんだろうけどさ。


DAYS
潰れちまった悲しみにみたいな、ま今どき街中の個人スポーツ店はなあ、精々学校の指定になってやっとってとこですか。

それはそれとして風間の話はまだ引っ張るのね、とりあえず絶対風邪じゃないことは確実わけだがさて。


それでも歩は寄せてくる
山本崇一郎、新連載第2回
3人目入るとしたら当然女子だわな。


東京卍リベンジャーズ
引っ張ったわりにつまらんオチだったのう。


ギャンブラーズパレード
かくしてギャンブラー絶対殺すマンは生まれたのであった。

伏線に関してはぶっちゃけ本誌でちゃんと最終回を迎えられるか怪しいとこなんであんま深く考えない方向で。


ランウェイで笑って
ずっと千雪のターンと思いきやここでセカンドヒロインの逆襲と来ましたか。


オリエント
いやこれは覚醒じゃなく乗っ取りというか憑依だろ。

ま、つってもお約束的にいって現界出来るのはごくわずかな時間なんだろうけどさ。


オリエント(4) (講談社コミックス)
大高 忍
講談社 (2019-03-15)
売り上げランキング: 2,869


ヒットマン
メタすなあ、しかも開き直ってやがると来たもんだ>へー世間って狭いのねー

でまーた新たな女性キャラ投入と。


ダイヤのA
あー前回の引きはそういう、とまれこれで即エースの座はく奪とかそんな展開にはならなさそうでちょっと安心。

不滅のあなたへ、はじめの一歩、マコさんは死んでも自立しない、あひるの空は休載。

次号、大高忍『オリエント』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン14号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
夜になると>まあ人気的には打ち切りなんですけど、やる内容は全部やっちゃいましたから確定していいものか…

男子高校生>戻って来ないとか、作品終了でも「どんなエンド?」ですしね。

ダイヤ>まあ見た目のわりに失点は許容範囲でしたからね。
秋では降谷も5失点した試合とかでも完全に降板にはなりませんでしたし。
名無し太郎
2019/03/19 22:01
>夜になると
いやあ終盤のあからさまな雑さを見るに打ち切りっしょやっぱ

>男子高校生
ま個人的には別にそれでも構わないんですけどねw
TALKING MAN
2019/03/19 22:20
>夜になると
やっぱこういうのは敵にも能力者がいないと話が広がらない。それで面白くなるかはまた別問題だけど。
>クロマティ
作画が別人という事に全然気がつかなかったww
突っ込んだら負け
2019/03/20 01:21
>夜になると
たぶん面白くならなかったと思われw

>クロマティ
うん、同じく戻って確認するまで気づかんかったw
TALKING MAN
2019/03/22 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン15号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる