TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ11号)

<<   作成日時 : 2019/02/17 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ぼくたちは勉強ができない(週刊少年ジャンプ11号)
第98話 かの偉編は時に彼らを蠱惑の〔x〕へと誘う
コラボ表紙&巻頭カラー

え取り消せるんだ、こういうのって一旦送ったらもう終了かと思ってたわ。

後あの超ブラコンな妹ちゃん、うるかちゃんの事は慕ってるんだと思ったら嫁発言の顔でワロタ、それとこれは別の話なわけね。


ぼくたちは勉強ができない 10 (ジャンプコミックス)
筒井 大志
集英社 (2019-02-04)
売り上げランキング: 1,587


ゆらぎ荘の幽奈さん
第146話 とある未来の千紗希さん
なんという千紗希ちゃん全開モード、今までの不遇を今回で相殺するつもりなんだろか。

ただこれ現実に戻った時のギャップがでかそう(メインヒロインなら普通にニヤニヤ展開なんだけども、パッと思いつくとこだとGS美神とかさ)でもあるのよね。


青眼の大和
田中美帆、読み切りセンターカラー
んー絵は上手いと思うんだがお話の方ががが。

いや設定自体も無理あると思うんだが何よりダメなのはあれだけの糞っぷりを見せたクソ野郎の扱い方、全く改心してない上にその報いも受けてないってどうなんよ。


れお×レオ
矢吹健太朗、読み切り
TSラブコメというか百合ラブコメというべきか、とまれこれは普通に続きが読みたいなあと思いました。


ハイキュー!!
次はとうとう小さな巨人対決と、これで元祖小さな巨人が応援に来れば更に盛り上がりそうだけどさて。


呪術廻戦
センターカラー
まさかいきなりエレキギター持ち出してくるとわ。


約束のネバーランド
エマの本音ぶっちゃけ回。

ただこれノーマンはどうなんだろうな、エマの性格をレイと同じレベルで知悉してるだけにノーマンも気づいてもおかしくないと思うんだが。


鬼滅の刃
善逸格好いいよ善逸。

とはいえ今回のエピソード事体唐突過ぎた分イマイチ盛り上がれなかったのも事実だったり。


Dr.STONE
やっぱカメラだったのね、でラストはアインシュタインオチと。


ブラッククローバー
はた迷惑すぐる(笑)>焔血の火曜日


僕のヒーローアカデミア
前にも書いたけどここまでおぜん立て整えた事考えるとどう考えてもAだわな心操くん。


アクタージュ act-age
ボロボロと言ってもここまでガッツリやった事考えると演劇編は今回でほぼ終了(巌さんの訃報を目にして思わず瞑目する星アリサのシーンが良かったです)って事だよねやっぱ。

とすると次は何をやるんだろか、黒山の映画はまだ早いだろうしなあ。


アクタージュ act-age 5 (ジャンプコミックス)
宇佐崎 しろ
集英社 (2019-02-04)
売り上げランキング: 1,525


獄丁ヒグマ
前回の小物から一転えらい殺伐としてきちゃってまあ、何やらラスボスっぽいのも出てきたしいちおうテコ入れなんだろか。


ne0;lation
こんな分かりやすいハッタリ見抜けなかったらただのアホだと思うの。


火ノ丸相撲
ようするに断捨離最高という事ですね分かります。

HUNTERXHUNTERは休載。

次号、古舘春一『ハイキュー!!』が表紙&巻頭カラーで登場。

週刊少年ジャンプ10号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>勉強
いい加減大森って絶交食らっても良いと思います。
>れお
ジャンプラのダリフラ終わらせてやって欲しいです。

>鬼滅
人数合わせ?とはいえ前任より遥かに劣る敵だったのがまたw

>ヒロアカ
ポジ的にA組にはいないタイプですし>心操
あさると
2019/02/17 20:02
勉強>妹のブラコン度はヤバいですね。

ゆらぎ>千紗希ちゃんは何が分岐点か聞けば勝てたかもしれない所など好感度は上がるんですけどね。

青眼>スポーツで糞野郎がいるのは珍しくないんですが、部長達はどう糞だったのか知らないってのが嫌でした。

ハイキュー>全国大会までは元祖小さな巨人を特別に思ってたんですが、烏野が春校出場が9回と1回戦の学校説明であったのを見て、そんなイメージ消えてしまいました。
小さな巨人が全国行ったのはその内の1回で全国優勝したわけでもないですし、当時勝てなかった音駒にも勝ちましたし。

ネバラン>ムジカやソンジュといった鬼と話したりしてるのを見たレイと、完全に別れて敵という認識でしか見れてない立場のノーマンの違いですかね。

鬼滅>冷静に考えると下弦と上弦4〜6がいなくなってるので、それ以下からの補充ですからね。
血を多く分け与えたからといって、新4ですら旧6よりかなり弱いはず。
まあ旧6クラス相手だと1人で勝つのに納得いかない気もするのでありですが。

石>どうしても司帝国万歳してたのが、司の否定してたはずのカメラとかで感動とかしてもうーんってなるんですよね。
名無し太郎
2019/02/17 21:12
>あさるとさん
>勉強
まあこんだけハーレムやってるだけにアレな男友達を置いてバランス取ってるという解釈もですなw

>れお
ダリフラは今更感が半端ないのよね

>ヒロアカ
しかも一緒に絡めるしねえ
TALKING MAN
2019/02/24 17:43
>名無し太郎さん
>勉強
というかこの漫画妹にロクなのがだねw

>ゆらぎ
今回はほんとさすがに可哀そうすぎてなあ

>青眼
そうなんだよね、知っててちゃんとお灸をすえる展開ならまだマシだったのに

>石
そこはまあ生き残るためには選択の余地がなかったということで
TALKING MAN
2019/02/24 17:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ11号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる