TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ12号)

<<   作成日時 : 2019/02/24 18:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ハイキュー!!(週刊少年ジャンプ12号)
第338話 小さな巨人決定戦
連載7周年突破記念表紙&巻頭カラー

ホントに元祖小さな巨人が出てくるとは、とはいえたしかにこのタイミングが一番なのよね。

で名前を聞かなかった理由はもうバレー辞めてるってシンプルなパターンでしたか、とりあえず本人に全然悲壮感ないんでその辺は救われてるなあと。

ただ日向の「あんまがっかりしてない」ってのはイマイチ分かんないのであった。


ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)
古舘 春一
集英社 (2019-02-04)
売り上げランキング: 410


ゆらぎ荘の幽奈さん
第147話 千紗希さんのこの10年間
さんざん最強に幸せな夢を見せてからなかったことにするとか、作者鬼すぎんだろ常考。

しかもこれ流れ的にいって完全にやることはやってるよね、って事はだ夢の記憶さえも起きたら全ては忘却の彼方ってオチが濃厚なわけで……。


ゆらぎ荘の幽奈さん 14 (ジャンプコミックス)
ミウラ タダヒロ
集英社 (2019-02-04)
売り上げランキング: 1,691


FANTASIES
大須賀玄、読み切りセンターカラー
誰かと思ったら『ゴーレムハーツ』の人ですか。

んー扉絵見た限りではガチなギャング物かなと思ったんだが結局能力バトルですかそうですか。


Dr.STONE
あいかわらず流れるようなストーリーテリングが絶妙でまあ。


ONE PIECE
どう考えても狂言ですな、狂四郎だけに(ぉ

そしてこのビッグマム、もといおリンさんノリノリである。


鬼滅の刃
愈史郎とかまたナツいキャラを、でここで猗窩座襲来と来ましたか。

鬼滅の刃 15 (ジャンプコミックス)


約束のネバーランド
センターカラー
レイもエマの転がし方がだいぶ分かってきた模様、伊達に苦労してませんな。

とはいえいざノーマンに直談判と思いきやあからさまにウザそうな腹心に絡まれちゃてさあ大変という。


火ノ丸相撲
冴さんマジおめだけど御手杵の扱いェ…。

ま描くべき取り組み多い(さりげに部長がまだ一敗な事が判明しただけに対決必至なのよね)から致し方ないんだろうけどさ。

で次は天王寺と、でもやっぱ怪我がというのがだな。


アクタージュ act-age
ああ帰ってこられなくなるってそういう事、たしかに夜凪のパーソナリティ考えると危険だよなあ。

とか思ってたらなんかあからさまにヤバいヤツ来ちゃったこれ。


ぼくたちは勉強ができない
ガチ照れなあしゅみぃ先輩可愛いよあしゅみぃ先輩。

後親父さんが珍しく普通に格好良かったでござる、ままんま『赤ひげ』とも言うが。

ぼくたちは勉強ができない 11 (ジャンプコミックス)


ブラッククローバー
ユノのチートっぷりがいよいよ半端ない事に。


ジモトがジャパン
祝TVアニメ化記念センターカラー
4月って次クールじゃねえか、やっぱ初手からメディアミックス込みの企画(つってもおはスタ枠ではあるが)だったのね。

しかし和月先生ネタはセーフなんだろか、いやこの前の児(ry


呪術廻戦
満を持しての最強タッグ登場なラストシーンが格好良すぎてもうね。


チェンソーマン
パイ揉みパワーで押し切るかと思いきやまたあっさりとまあ、でもま正解だろなー。


食戟のソーマ
えーと要するにだ、あくまでメッザルーナを賭けただけなんで席次は移動してないって解釈でいいんだろうか。


ne0;lation
新連載三作共一気に掲載順落としてきましたなあ、これは3OUTももしかしてもしかする?

HUNTERXHUNTERは休載。

次号、原作:稲垣理一郎 作画: Boichi『Dr.STONE』が表紙巻頭カラーで、他中野忍「魔剣鍛冶師ハンダゴが読み切りで登場。

週刊少年ジャンプ11号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>stone
構成が見事その一。
豚って飼育しやすい生物ですし正に一石二鳥

>呪術
構成が見事その二。
あのラストのシーンの二人の引きは見事としか

>読み切り
相変わらず引っ掛かりが薄いなぁ…な印象
あさると
2019/02/24 18:25
>stone
毎回毎回ほんとに巧いなあとマジ思うのであった

>呪術
いやホントに格好良かったよねえ

>読み切り
扉絵見たときは面白そうだと思ったんだが……
TALKING MAN
2019/02/24 19:26
ハイキュー>まあリアル小さな巨人が本気でライバル視してくれてる状態ですから、会った事もない人の事を考えてもね…
というか、烏野って小さな巨人が入る前から全国には結構出ていてその内の1回が小さな巨人というだけで、小さな巨人時代に勝てなかった音駒にも勝ち、当時の烏野の3回戦を越えた今となってはいつまでも憧れでいていいの?って感じがあったのでむしろ良かったです。

ゆらぎ>千紗希は体感時間長くて自信なくなってますが、読者は夢と分かってる所からスタートしてるので読者的にはセーフだと思います。

ストーン>正直、どんだけボヤけていても何処で撮ったらか分かるだけでも四方数十メートル程度には特定出来るに決まってるというか、それすら分からないなら写真なんて意味ないだろってのと、写真無くてもトリュフ関連で猪ゲットはしていたので写真が無意味に感じました。

相撲>御手杵はせっかくの三名槍筆頭かつ、前回まで無敗と美味しいキャラなのに…
天王寺の怪我も残念。まあ、体力が最後まで持つ理由にはなりますが。

ブラクロ>これでもあのチート魔法帝の穴を埋めるには足りない気もするのが恐ろしい…

ソーマ>でもこれだけ7席相手に勝ち負け繰り返していて、1席でいいんでしょうか?タクミがソーマ以外と食戟しなかったから7席のままだっただけ?
名無し太郎
2019/02/24 22:37
>ハイキュー
今週の影山のやっとかよはまあそういう意味なんでしょうねえ

>相撲
ホントそうなんだよねえ>三名槍筆頭かつ、前回まで無敗と美味しいキャラ

天王寺の怪我も含めてやっぱ巻いてるんかなあと

>ソーマ
もうなんでもありって事なんでしょう、たぶんw

TALKING MAN
2019/03/03 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ12号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる