TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS のだめカンタービレ アンコール オペラ編 AKT:1(Kiss.24号)

<<   作成日時 : 2009/12/11 22:21   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 10

のだめカンタービレ アンコール オペラ編 AKT:1(ネタバレ)
扉絵(夜空に気球で空中遊泳ののだめ、千秋、峰、真澄ちゃん)


ヴィエラ指揮のオペラ「椿姫」

「皆さんと共に この楽しい時間を分かち合いましょう!」
「楽しもう! 酒と歌で夜は輝き微笑みかける」
「人生は快楽ですわ」
「まだ本当の恋を知らないからそう思う」

手を組んで見入るのだめ

オペラとは――――音楽と絵画美術と演劇の総合芸術

オレも早くオペラが振りたい 
まだまだだって分かってるけど、どんな小さな舞台でもいいから依頼が来れば……
あれから約1年、26になった千秋のモノローグ



パリ・アパルトマン

「オペラの指揮?」
「そーなんだよ 市民オペラのオケをR☆Sオケが依頼されたから千秋指揮やってくれないか? おまえ修行してたんだろ?」
「やる!」
峰の依頼に二つ返事の千秋。
「お〜っ すぐに歌のオーディションあるんだけど千秋来れる?」
「いつ?」
「4月×日」
「本当にすぐだな…」
マルレの公演とベルギーの客演があるから……日本にいられるのは2日だけど
「なんとかなる!(する)」
「やったー!とうとう千秋とやれる!」
ガッツポーズの峰。

ずっと裏方で勉強してきてやっと表で指揮できるチャンスだ!!
歯みがきしながら様子を伺ってるのだめ
「で場所は? あー…あそこか」
メモを取る千秋
「へんぱいろこ行くんれふか〜? のらめも行きたい〜 デート〜」



東京

久し振りの日本 ずっと突っ走ってきて帰る暇もなかったから
本当は少しは仕事の依頼もあったけどスケジュールが合わなかったりなんだりで 
でもまさか日本で最初の仕事がR☆Sオケになるなんて―――



オーディション会場

「久しぶり〜」
「ゲー おまえもきたの!?」
「ハハハ 噂を聞いて」
「どこのオーディションにもいるな!」
「お互いさま」
「くっそ〜! ここは超穴場だと思ったのに」
「私はネットで見つけて」
「わたしもー でもこんな団体あったっけ?」
「知らない…」
白い薔薇歌劇団 モーツァルト:オペラ「魔笛」オーディションと書かれたオーディション用紙

「でもこの指揮者の「千秋真一」は知ってるよ」
「私もー!大学同じだったし」
「千秋さま(はーと)」
「何年か前に仏のコンクールで1位とった奴だろ」
「シュトレーゼマンの弟子なんだよな」
「大丈夫かよー」


「峰が演出?」
んな話きーてねーな表情の千秋。
「そう 予定していた若い演出家が海外に留学することになり―――そしてオレには自信がある!」
チェックのシャツに蝶ネクタイ、帽子をかぶってキメているつもりの峰。
「それからこちら 我が劇団のプリマドンナ!今回やる「魔笛」の主人公パミーナ役」
「菅沼沙也!」
「千秋くん久し振り〜 覚えてる? オペ研で彩子ちゃんの親友だった菅沼で〜す(はーと)」
「ぶー子…」
白目の千秋 
「なに?パミーナって……? キャストってこれからオーディションするんじゃ……」
「あ パミーナは最初から決まってんだ」と峰
「なぜなら私がこの劇団の主宰だから アハハ」ウインク&ピースな菅沼さん
またしても白目になる千秋
「帰る」
「待て!千秋 わかる!気持ちはわかるけど」
だまされた―――!!
「R☆Sオケのオペラ版を作りたいと思ったの!!あなたたちの公演を観て ちゃんと本気だから!」
「この3年私も頑張って準備してきたし お金(ギャラ)だってちゃんと払うから!」
一生懸命な菅沼さん。

意に介さず帰ろうとした先で女性とぶつかる千秋。
「すみません」
「真一くん…!?」
「え……」
「やっぱり…!わたし!わかる!?」
左目下にほくろがある綺麗な女性
「杏奈………!?」
「久し振り〜〜! 真一くん変わってない〜〜〜!」
抱きつく杏奈
「おお〜超美人…」と峰 
「ハグ!?」と菅沼さん

「おまえは変わったな随分…… ホクロがなかったら誰だか……」
「あ ごめんなさい……その話はまた後で……」
睨むオーディション参加者達
「わたし今日はオーディションを受けにきたの!「夜の女王」役 受験番号1番!」
「贔屓なしで!よろしくおねがいします!!」
頭を下げる杏奈
いやあの…オレは…
勢いにおされてうろたえる千秋
「さっさと始めてくださる? 私今日ボランティアなんですから」
審査員・桃が丘音大 声楽科教授 森ハナヨ(菅沼の恩師)先生が催促。


【モーツァルト:「魔笛」より〈夜の女王のアリア〉『復讐はの心は地獄のように』】
地獄の復讐に この胸が燃える 死と絶望の炎が 我が身を焼き尽くす

超絶技巧のコロラトゥーラ 
彼女が歌をやっているのは聞いていたけど まさかこんなに歌えるなんて

ウィーンの音大卒業後ウィーンでデビュー!?
杏奈の実力と経歴に驚く森先生。

「「夜の女王」は私(パミーナ)の母役……私より細い時点でアウトでしょ!?」
「お前帰れよ もう」
キレ気味の千秋


進むオーディション

プロの舞台の合唱やりながらオーディションを受けまくってる人 結婚・出産を機にしばらく歌から離れていた人 
年齢も実力も上から下まで そして―――

テノールで歌い上げるガタイの良い男性
すっげー声量…… この人有名なオペラ劇団でも「魔笛」のモノスタトス役やってるじゃん
しかしなぜ…
門田晃と書かれたプロフィールを見る千秋
主役のタミーノ王子のオーディションに!?
いや いいんだけど……うまいし
「この人 奴隷頭のモノスタトフ役にどうかな!?」と峰
だよな
と千秋

鳥刺しパパゲーノ役(バリトン)
ガッチャマン扮装の参加者がカップルで登場
新設の市民オペラだからか? めちゃくちゃな奴も多いけど……
化けそうな奴が何人かいる オペラ版のR☆Sオケか……いけそうな気がしてきた―――



6月―――― 成田空港

「何年かぶりの日本……」
「ふう」とかけていたサングラスを額にあげて25歳になったのだめが登場。
「醤油とうっすらカレーの臭い……学生時代は貧乏で帰って来られませんでしたけどこれからは世界のNODAMEですから!!」
NODAME凱旋帰国の文字

「だからなんだよ……邪魔だから早く出ろよ」
カートを押す千秋
「あれ?おかしいデスね だれも見てない?」
キョロキョロするのだめ
「のだめ日本で注目されてるって聞いたんですけど……パリスヒルトン並に…」
それでサングラス買ったのか…本当にバカ…

のだめはパリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)を無事卒業してこの夏日本で初のソロ・コンサートに挑む

「ふおお〜 このむあっとした空気……日本の夏にきた〜ってカンジですネ」
「今日は直でオペラの練習場へ行くんですよね?」
「うん オケと歌の初合わせ」
「おまえ 先に三善の家に行っててもいいんだぞ 疲れてるだろ!?」
「いえいえ〜 一緒に行きマス! 峰くんや真澄ちゃんたちにも会いたいし……」
化粧を直し始めるのだめ
「それに!千秋先輩の「彼女」として初めての凱旋帰国なんで!! できるだけ多くの皆さんにご挨拶しないと」
「それかよ!!凱旋て…」
「桃ヶ丘音大や商店街でもパレードしたいくらいデス 日本のみなさーん」
タクシーの窓から顔を出してはしゃぐのだめ。
「もう帰れよ!大川に……」



桃ヶ丘音大(リハ会場)
「おおおおおおお―――!?」
「マジですか―――!?」
「信じられない!」
「奇跡だ」
「ドリームズカムトゥルー!?」
オケメンバーに激震走る。
オレたちは知ってたケドとにやにやする峰・清良・真澄ちゃん

「黒木くんが金髪碧眼の彼女を連れてきたぁ―――!!」
「や……あの、どうしてもバカンスに日本に行きたいっていうから……」
と真っ赤な黒木くん
横であー あつ〜い日本と上着を脱ぐターニャ
「あ…彼女はタチヤーナ・ヴィシニョーワ ロシア人」
真っ赤っ赤な顔で紹介する黒木くん
「コニチワ――(はーと)」
にこやかに挨拶するターニャ。

黒木くんの凱旋帰国に拍手喝采するオケメンバー

「な……なんですか?コレ? 大統領就任式……?」
というわけで のだめパレード中止 

そして

「おはようございまーす」
「おはようございますー」
菅沼、杏奈、門田等が連れ立って登場。
「アルマゲドン……!?」
と驚くのだめ

第一幕が始まる



のだめカンタービレ THE LAST LESSONからちょうど2ヶ月、のだめカンタービレ番外編がアンコールオペラ編と銘打って表紙&巻頭カラー&のだめポストカード・カレンダー2010付きで開幕。


大団円の後の番外編ということで果たしてどんなお話が展開されるか、ぶっちゃけ微妙に不安だったりしたんだけど、ヴィエラ先生指揮のオペラな開幕シーンからデレデレ黒木くんが微笑ましいラストまで読み応え抜群で個人的には大満足。


面白さの理由としてはやはりというかR☆Sオケ再びということで、久々にあの日本編のノリが戻ってきたところ。
もちろんパリ編はパリ編は面白かったんだけど、賑やかさと盛り上がりという面ではやっぱ日本編に軍配が上がると思うんだよね。

強いて不満を言えばのだめの出番がいかにも少なそうなところなんだけど、そのへんは日本での初コンサートで補完してくれるんじゃないかと期待してるんだけど、さて。


ちなみに今号で一番の名シーンはといえば、オケメンバーにも激震が走った黒木くんのターニャ紹介シーン。

「彼女を連れてきたぁー」
とみんなに冷やかされても否定せず照れ照れになりながらもターニャを紹介するシーンの微笑ましさといったらもうね。
紹介されたターニャがいかにも幸せそうなのがまた良いんだ。

出来うれば、THE LAST LESSONで描かれたコンクール(結果も気になるけどラブパワーできっと優勝したんだろう、たぶん)のところからはれて恋人同士になるまでの顛末がぜひ知りたいところなんだけど、さすがにそこまでは無理なんだろうなあ。


以下羅列(手抜きともいう)
・時系列としては23巻のラストが9月なんで、冒頭のシーンは7ヶ月後の3月ぐらいか
・オペラが先にあってのR☆Sなのか、R☆Sが先にあってのオペラなのか
・どっちにせよ巧くくっつけたよなあ
・普通に一緒に暮らしてる感ののだめと千秋に萌える
・峰はほんとに変わってなくて安心するなー
・ぶー子こと菅沼沙也の登場はぶっちゃけ意外だったよ
・オペラと聞いてたんでてっきり彩子の再登場かと
・でも実に良い味出してるんでこれはこれで
・ウィーンでの幼馴染兼幼い恋人ってあたりが一番妥当なところかね>新キャラの杏奈



のだめポストカード・カレンダー2010
イラストはこれまでの扉絵からということで描き下ろしではないんだけど、当然のごとくカラーということで個人的にいえば付録としてはかなり優れものかと。

後ついでにkiss24号と単行本23巻に載ってるパスワードでもらえるレア待ち受け(KISS今号の表紙絵=ピンクドレスののだめ)とやらもせっかくだからということでとりあえずゲットしときました。

ま、これはどっちでも良いんじゃないでしょうか。


追記(2009/12/26)
のだめカンタービレ アンコール オペラ編 AKT:2の感想は27日の予定です


追記2(2009/12/27)
いろいろあって(有馬記念とかフィギュアとか)遅くなりましたがなんとかかんとかアップしました。

というわけで、のだめカンタービレ アンコール オペラ編 AKT:2(Kiss.1号)の感想はこちらから

のだめカンタービレ THE LAST LESSON(Kiss.20号)の感想はこちらから
のだめカンタービレの漫画、ドラマ、アニメの感想はこちらから


のだめカンタービレ 最終楽章 前編
(2014-07-16)
売り上げランキング: 6,727


最後は映画だ!ぎゃぼー!!のだめカンタービレ 最終楽章 ロケ地マップ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2009-12-25)
売り上げランキング: 107


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわあ。また来てしまいました。
黒木くんがオーボエ吹いたらまたしてもピンク色かも・・でも、同じピンクでもショッキングピンクだったりするのかもしれないですね(笑)
これから日本編で活躍&パリ編お休みキャラがごそごそと登場するのかな。楽しみですねぇ★(復習せねば)
ところで、突っ込んでいいですか?
千秋とのだめって、確か2歳違うと思うので、千秋が26ならのだめは24ではないですか?(文章だけみると千秋とのだめは同級生)
るんるん
2009/12/12 22:44
待ってました〜。
読んだら、買いたくなりまして(笑)、コンビニに走ってしまいました

扉絵は、もしかしたら、「魔笛」の舞台かもしれませんね。

それから、ヴィエラの指揮した、冒頭のオペラは、「椿姫」ですね!

日本に帰国したのだめは、25歳って、なってましたね。

また、日本のみんなに逢えるのがほんとに嬉しいです〜。
のだめラブ
2009/12/13 13:38
>るんるんさん
>これから日本編で活躍&パリ編お休みキャラがごそごそと登場するのかな
番外編は1巻分って事でさすがに全員ってのは無理かもしれませんが、やっぱそのへんは期待したいですね^^

>千秋が26ならのだめは24ではないですか?
間違えてました、ご指摘有難うございます^^;
TALKING MAN
2009/12/13 20:52
>のだめラブさん
>扉絵は、もしかしたら、「魔笛」の舞台かもしれませんね。
>それから、ヴィエラの指揮した、冒頭のオペラは、「椿姫」ですね
なるほどー、そうだったんですか。
いちおう椿姫の話の概要ぐらいは知ってたんですけど、あのセリフだけではわかりませんでした^^;

せっかくなんで修正させて頂きました、ありがとうございます^^ 

>日本に帰国したのだめは、25歳って、なってました
こちらも直しました^^
TALKING MAN
2009/12/13 21:10
はい、冒頭のは、セリフというか、椿姫の有名なアリア、「乾杯の歌」(聞けば、みなさん、ご存じ)の歌詞ですね^^
のだめラブ
2009/12/13 23:51
こんにちは。
またのだめ千秋に会えるなんて嬉しいです〜〜

オペラって言うとのだめ、活躍の場が無い・・・
お客さんあつかいですね。
これからどんな関わりをしてくれるんだか。
いっぱい出してほしいです。

のだめパレード不発になっちゃったし。
まぁ、日本に居た頃からカップル扱いだった彼らより武士が金髪彼女を連れてる方がびっくりでしょうね。。。

彩子、出てくるかな〜
出てきたら千秋ののだめへのデレぶりに腰抜かすかも。

ユーコ
2009/12/15 01:01
>のだめラブさん
有名なアリアって事も全然知らなかったんで助かりました。

昔読んだ「椿姫を見ませんか」という小説に出てきたかもしれないけどもう覚えてないし^^;
TALKING MAN
2009/12/16 19:57
>ユーコさん
>オペラって言うとのだめ、活躍の場が無い
そこがちょっと心配ですね、なんとなくコンサート以外は毎回こんな感じのような気もしないではないというか^^;

>彩子、出てくるかな
出てくると更にややこしくなるんで、杏奈が出てきた時点でもうないかなあと。
TALKING MAN
2009/12/16 20:00
いきなりすみません。
待ち受け欲しいんですけど,kiss24を買いそびれてしまって。
よかったら,パスワード教えて頂けませんか?
えみ
2010/01/09 23:37
すみませんがそれはさすがにちょっと…
TALKING MAN
2010/01/10 00:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
のだめカンタービレ アンコール オペラ編 AKT:1(Kiss.24号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる