マンガ感想(週刊少年ジャンプ21号)

魔人探偵脳噛ネウロ(週刊少年ジャンプ21号)  
松井優征、最終回。
最終話 謎[まじんたんていのうがみネウロのゆいいつにしてさいこうのしょくりょう]
「…さあ目覚めの時間だ 脳髄の空腹が…この世界を再び求める この「謎」は…我輩の舌の上だ」

オーソドックスではあるが、だからこそ実に気持ち良い最終回に仕上がってて個人的には大満足。
ラストのやたらカッコイイ「完」がまた作者らしくて良かったなー。

ジャンプでは久方ぶりに見る気がする円満終了な最終回ってのもまたポイントが高いやね。


それにつけても、3年後の弥子は探偵として良い仕事してることもあってかほんと魅力的に成長してるよなあ。
いつかまた復活なったネウロとのコンビを見てみたい気もするんだけど、それはあえて描かない方が美しいかな、やっぱり。


とにもかくにもお疲れ様でした、次回作にも是非期待したいところだけど、ただデビュー作でこれだけの作品を描いちゃうと次作で苦労しそうなのがちょっとだけ心配だったりする。






SQ.7月号に読み切りを掲載とのこと。


バクマン。34ページ 追う者と追われる者の感想はこちらから






トリコ
グルメ46 死相!!
スタージュンはやはり他の雑魚とは一味違ってほんと目的以外は興味ないと。

実際、最初に遭遇した時もトリコとココをスルーしてたしなあ。
とまあある意味実にプロフェッショナルなわけだから邪魔さえしなければ殺されないはずなんだよね。

でも誰かに死相が出てるとしたら、邪魔できる実力の持ち主=トリコって事になるのか?
入った場所的にも近そうだし心配だよ。


それはそれとして古代云々の描写でなんとなくユルヴァちゃんを思い出して笑ってしまったじゃないか。






いぬまるだしっ 
第34回 「いぬまるくんの記憶の扉」
賞味期限切れのなめ茸の瓶詰めが原因でいぬまるくんが記憶喪失に。

園長衝撃のファーストキス、「笑点」ネタ、上から目線ないぬまるくんも笑ったけど、一番笑ったのは内水診療所&アスクレピオスネタだったり。

いやほんと仲良いよなあ、『いぬまるだしっ』の連載が続いてるうちに内水融が新連載で復活なればいいんだけど、現状ではやはり当分厳しそうか。







銀魂 
第二百五十七訓 糸一本火事の元
ここで松陽先生が出てきますか。

もし銀魂が終わりに向かうとしたら銀さんの本格的な過去編は必然となってくると思うんだけど、今回のエピソードはそのための伏線だったりもするんだろうか。






PSYREN-サイレン- 
CALL.67 "根"
かってのエルモア創立総合病院の地下でありエルモアが日本政府と共同で開発した緊急避難シェルター「天樹の根」に運び込まれるアゲハたち。

エルモアが「10年前に死んだはず」とさらりと言ってるけど、これはマリーたちに代わって宣戦の儀に臨んで返り討ちに遭ったのか、それとも忽然と姿を消して戻ってこなかったのか。

でも後者だと死んだというより消えたままって言うだろうから前者なんじゃないかと思うんだけど、さて。
他、ランはいるにしてもハルヒコはどうなったんだとか後妹とかそのへんの行方も含めて次号が楽しみだよ。


それにつけても、アゲハは雨宮さんに引き続き今度はマリーかよ、つくづく果報者だよなあ>おっぱい押し付け

死んだと聞かされてもなおいまだアゲハの事を想ってた感じで特におっぱい押し付けての
「私…アゲハさんにまた会えて…」
のシーンは可愛すぎるだろう。

状況がシビアすぎてラブコメモードをやってる暇がなさそうなのが残念だよ(笑)。






ぬらりひょんの孫
第五十五幕 だまし合い
竜二兄貴の敗因はその悪人顔、そして何よりゆらとの戦いで手の内をさらしすぎたところなわけだけど、どちらかというとあれだけ手の内をさらしておいてなお同じ戦法を使う兄貴の考えの甘さが根本にあるような。

ということはもしかしてアレか、才能があるってのは嘘じゃなさそうな魔魅流の噛ませポジションって事なのか?

だとしたら、それはいくら何でも雑魚化が早すぎると思うので何らかのフォローがほしいところだけど、さて。


何にしてもこれでゆらには完全に正体がバレたわけで、これから後のラブコメタイムというかいきなり親密さを増したリクオ&ゆらを見たつらら&カナちゃん嫉妬タイムが楽しみになってまいりました(笑)。









血風学級怪 
三代川将、読み切り
作画(ちょっと『トラウマイスタ』を描いてる中山敦支に似すぎてるのは気になった)、ストーリーとも新人としてはなかなかに達者、何よりヒロインの可愛さは特筆すべきものがあるかと。

題材に都市伝説を持ってきたのはプロフィールにある『でろでろ』の影響&『ぬらりひょんの孫』とのかぶり防止のためかな。


それはまあ別に良いんだけど、もし連載を狙うとしたら 主人公&妖怪コンビで妖怪退治というありがちな設定でいかにオリジナリティを出していくかが鍵になりそうだ。





べるぜバブ 
何と言う西森リミックス、今度は『道士郎』かよ>腹に鉄板

それはそれとしてヒルダはやっぱわざと捕まってたわけね、とはいえ姫川の器は人目でわかってしかるべきなんじゃ。
まあ、男鹿がどう動くのか待ちってのもあったんだろうけどさ。





黒子のバスケ
当分もう出てこないからいいやとばかりにすっかり黄瀬がモノサシ役になってるのが気の毒というかなんというか。

とはいえまだ初めてまもないというエクスキューズがついてるところを見ると、正邦の津川も結局噛ませなんだろうなあ。

ただこれ正邦に勝ったとしてもスタミナという問題点は残ってるんだよね。

特に黒子は設定どおりだとヘロヘロで使えないんじゃとも思うんだが、キャプテンの秘策はそのへんも考慮済みなんだろうか?






こちら葛飾区亀有公園前派出所
宇宙に行く過程が唐突(勘兵衛っていつ以来だっけか)がではあったけど、両さんらしいバイタリティあふれるオチがなかなか良かったんじゃないかと>デブリ屋稼業





SKET DANCE 
きれいにまとまったと思いきや、まだ引っ張りますか。

で、この人誰なんだろ。

泰介の父親? もしくは実は生きてたリョウスケの父親(ようするにボッスンの祖父)とか?>紳士





アイシールド21
セナと阿含と進のトリプルブリッツからのトライデントタックルが奢れるクリフォードを叩き潰す!!

先週に引き続き、これだよこれが読みたかったんだよという胸すく痛快な展開が実に気持ち良かったよ。





ぼっけさん
さゆの紅牛化、再登場の難婆と輪愚、黒兎、そして四人組も総登場といかにも巻きが入ってますといわんばかりの展開に。
こらいよいよあかんなー。

それにつけても、ヒロインがクリーチャー化ってなんちゅう展開だよ。
身体のほぼすべてが紅牛化してるにもかかわらず胸だけはサユそのままな巨乳ってところがまたグロテスクさを強調してるやね。





フープメン
何つーか、だったら最初から鐘を主役にすれば良かったんじゃと思わないでもないが、お話的にはベタながら小気味良い展開でまずまずだったかと。

ただついにドべ2だからなあ。




To LOVEる-とらぶる-
ショタ化したペケがカマな変態宇宙人にぼっかけられるというお話。

しょうもない話だと思っていたら機械が人との関わりのなかで心を獲得していくというわりと普遍的なロボットSFオチになってて少し驚いたよ。

ちなみに見所としてはやはりリトと美柑の近親相姦ちっくなやりとりだと思うんだけど、これ美柑がそれほど嫌がってないあたりがポイントだよなあ、もしかしてこのままエスカレートさせていくつもりなんだろうか(笑)?


次号、尾田栄一郎『ONE PIECE』が巻頭カラーで、村田雄介「BLUST!」がセンターカラーで登場。



週刊少年ジャンプ20号の感想はこちらから
バクマン。 33ページ「ありとなし」の感想はこちらから

2009年03月度 少年漫画誌&青年漫画誌ベスト5はこちらから
2009年03月の漫画雑誌まとめはこちらから



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • トンメコ

    アゲハ達が消息不明になったのが十年前なので、時系列から考えてエルモアの子供達の助けが入らなかった場合はアゲハ達は今回で全滅してたんだと思います。

    それとペケは女の子です。
    2009年04月21日 01:31
  • 都落ち

    ネウロ
    魔人が示した人間の可能性、そして最後に生きていた葛西を出すことによって人間の「強さ」を記したいい最終回だったと思います。
    読切も楽しみなのですが正直ジャンプ…少年誌では活かしきれない作風だと思うので、次回作は青年誌のほうでやって欲しいです。

    読切
    トラウマイスタに似てると思ったのは、私の気のせいじゃなかったみたいですね(笑)。
    話は花子と寓話のテラーを思い出しました。

    こち亀
    スペースデブリってのはそんな簡単なものじゃないんだよ…と思いつつも、実にこち亀らしいオチということで(笑)。

    長文失礼しました。
    2009年04月21日 01:45
  • TALKING MAN

    >トンメコさん
    >エルモアの子供達の助けが入らなかった場合はアゲハ達は今回で全滅してたんだと思います
    サイレン世界が2018年って事は2009年にアゲハたちがいた場合9年前ということにもなるし、やっぱそういうことなんですかね

    >ペケは女の子です
    すっかり勘違いしてました^^;
    2009年04月23日 00:34
  • TALKING MAN

    >都落ちさん
    >ネウロ
    >いい最終回だったと思います
    僕よりずっと上手くまとめてますね、素晴らしい^^

    >次回作は青年誌のほうでやって欲しいです
    たしかにジャンプにこだわらない方がいいかもですね。


    >花子と寓話のテラー
    知らなかったんでググったんですが『未来日記』描いてる人の前作なんですね
    2009年04月23日 00:35

この記事へのトラックバック

WJ21号感想
Excerpt: WJ21号の感想を表紙は「BLEACH」今回は「ワンピ」が休載なので、あまり書く気が起きず・・・。簡易的に。・「バクマン」巻頭カラー連載決定!ともあれ、おめでとう状態ですが、結局、エイジの言っていたの..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2009-04-20 20:04

週刊少年ジャンプ21号感想 前編
Excerpt: ぬおー、今週はバクマン。の表紙が見たかった! まぁしかしあんまり小畑先生を働かせすぎても死んじゃうか!
Weblog: 少年、グリグリメガネを拾う
Tracked: 2009-04-20 22:24

週刊少年ジャンプ 2009年 21号 感想
Excerpt:  週刊少年ジャンプ 2009年 20号 感想  黒子のバスケ  準決勝までの2連戦。まずは辛くも勝利。  相手は同等か格下の相手でした苦...
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2009-04-20 23:46

ジャンプ21号 ネウロが最終回
Excerpt: ジャンプを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 今週のワンピースはお休みです �...
Weblog: ビヨビヨ日記帳2
Tracked: 2009-04-21 00:43

【少年ジャンプ2009年21号】
Excerpt: ★表紙は【BLEACH】。『仲間は護るもの!!』『己は超えるもの!!』《一護》、真剣かつ怖い顔です。《ウルキオラ》との決着がようやく付いた……? それは先週で終り、と思ったんだけど?★タイトルのみ先行..
Weblog: MINT ROOM 
Tracked: 2009-04-21 01:57

週刊少年ジャンプ2009年21号
Excerpt: 週刊少年ジャンプ2009年21号読みました。今週はワンピがお休みでした。ネウロも終わっちゃうし、ただでさえ読む所がないジャンプがさらに大変な事に…orzまた斬みたいにドクソな新連載でも始まらないかなー..
Weblog: ProjectLily@ブログ
Tracked: 2009-04-21 10:06

週刊少年ジャンプ09年21号・感想♪
Excerpt: 表紙は「Bleach」。一護の背後が怖い(--;)巻頭は「バクマン。」。担当さんから「おめでとう」の電話。つまり連載獲得。新人3組の争いは、亜城木コンビの勝ちとなりました。福田&中井の後ろで見ているエ..
Weblog: あくびサンの、今日も本を読もう♪
Tracked: 2009-04-21 17:34

ジャンプ21号
Excerpt: 6/6のアニリボに10年後ヴァリアー来るフランちゃんとジルのキャスト発表とヴァリアー声優陣の顔つきコメント。こっちも楽しみだけどそれより気になることが10年後ヴァリアーの戦いの後・・・・・『REBOR..
Weblog: Sweetパラダイス
Tracked: 2009-04-21 21:30

今週の銀魂とブリーチとネウロとバクマンとDグレ。
Excerpt: BLEACH「ウルキオラ、先週で死んだんじ
Weblog: 獄ツナBlog5927
Tracked: 2009-04-22 19:34

BLEACH354-heart&銀魂第257訓「糸一本火事の元」週刊少年ジャン...
Excerpt: ウィークリージャンプ、BLEACH&銀魂ネタバレ感想日記です。WJのネタバレが、気にならないという方のみ、お読み下さい。感想日記は、管理人の妄想で出来上がっているので、充分にご注意下さい。★BLEAC..
Weblog: BLEACHFan-ブリーチファン-プチ
Tracked: 2009-04-23 06:05