マンガ感想(週刊少年ジャンプ4・5号)

トリコ(週刊少年ジャンプ4・5号)
グルメ31 第1ビオトープ!! 
美食會副料理長スタージュン登場の巻。

竜みたいなのに乗った登場シーンは『レベルE』のルチ将軍を思い出したりもしたけど、キャラ的には+ダース・ベイダーってところか。

その大物ぶりを印象づけるという意味で、ベイの見事なまでの小物っぷりが効いてます……でもおしり虫はちょっと可哀想(笑)。



ちなみに「洞窟の砂浜」で初遭遇したときGTマシンを操縦してたのはどうやらスタージュンの可能性が高い模様。

ただ、そうだとするとトリコやココをスルーした事に少し疑問が。
さすがに四天王の顔を知らないとは思えないしなあ、あくまでも獲物を捕獲することが最優先で無駄な戦闘はしないタイプなんだろうか。



番外グルメ バニラブの実!!
「香り付き」オールカラー番外編。
バニラブの実からはたしかにバニラの香りはするけど別にそこまでいい香りじゃないんで、そういう意味では微妙というしか。

とはいえ、こういう企画自体は面白いと思いました。
つかこれ手間がかかったろうなあ。









バクマン。 19ページ「デビューと焦り」の感想は別エントリーで 







銀魂 
第二百四十二訓 外人から見たらこっちも外人 宇宙人から見たらこっちも宇宙人
神楽と近藤の絶妙なまでの登場シーン&近藤の自分がバカであることを肯定するキレっぷりに吹いた(笑)。

ちなみにお通ちゃんがどんどん汚れになっていってるのはオチの伏線なのかとも思ったりもしたんだけど、さて。



それはそれとして滑り台クイズの元ネタってなんだっけか。

記憶をサーチしても「とんねるずのみなさんのおかげです」ぐらいしか思い出せなかったんだよなー、ビートたけし系でもあったような気もするんだけど。







SKET DANCE
第71話 ガラス乙女  
ガラス男完結編。

ある意味美味しいとこ取りのボッスンも含めてキレイに落としすぎな気もするけど、実害はガラスだけってことを考えればアリといえばアリか。

個人的に一番引っ掛かったのは、太ってたときのラブレターはガン無視したのにダイエットしてきれいになった途端オーケーする平泉君の見事なまでの掌の返しっぷり。
どう考えてもあんまりタチの良い男には思えないんだけど……それこそ惚れるならボッスンみたいな男にしておけば絶対幸せにしてくれそうなのになあ。

いまいち男の趣味が悪そうな高島さんと安田さんの先行きがちょっと心配だよ、って大きなお世話か(笑)。



>スケットでの高島さんが中学のとき好きだった人と平泉君は違うんじゃないでしょうか
コメント欄の指摘を受けて訂正。

沙織の「また同じ人を好きになり」を誤読したのがすべてというか、バカだなあ俺。
平泉君もあらぬ疑いを掛けてすまんかったよ。







ぼっけさん
第2怪 神様の街
新連載第2回センターカラー。
新キャラアベルこと氷髯はいちおう味方キャラになりそうな。
で、そのアベルの言い方だとヒノが完全体になると女体化するってことなのか(笑)?

それはさておき、暴走したヒノを止めることが出来るのは今のところサユだけって設定はヒロインの必要性を高めるためには巧い設定かと。
ただ問題はこの先いかにも足手まといになりそうってところか。

もちろんヒロインを守るために頑張る主人公ってのは少年漫画的に王道なんだけど、毎回やってると飽きそうだしなあ。






黒子のバスケ
第3Q 本気です
新連載第3回。
「キセキの世代」の一人目・黄瀬涼太登場の巻。

さすがに自ら一番下っぱ発言するとまでは思わなかったとはいえ、モデル兼用、コピー能力など基本的には想定の範囲内。
そりゃまあこのご時世オリジナルな設定なんてほぼないだろうからそれは良いとしても、今のところキャラの魅力とストーリー展開も物足りないだけに早期打ち切り候補脱出とまではいってないような。


ちなみに中学時代に黒子の考えを変える何かしらの事件があったみたいだけど、それもあんまり引っ張らない方がいいと思うなー。

後、黄瀬の属する海常高校(王者海南?)は全国クラスの強豪校みたいだけど、そんなところが後4校もあったりするのか?







魔人探偵脳噛ネウロ 
第187話 手[いっぱつ]
わりとあっさり元鞘に収まった感はあるけど、それにつけても調教を自らお願いするヒロインってつくづくシュールだよなあ。
ああでも、女子高生コスプレをやらされた挙げ句あっさり放置される吾代よりは遙かにマシではあるか(笑)。


後、ラストの展開に関しては、さすがにこれでやられるシックスじゃないだろうから、逆に酷い目に遭わなきゃいいんだけど。
つかそれこそ今のシックスが実はイレブンという可能性もあるような。






APPLE 
古味直志、読み切り。
「ダブルアーツ」打ち切り以来約3ヶ月ぶりに本誌に登場。

設定自体は面白いとは思わないんだけど、最終的に友情物語に落とし込んだストーリーテリングは悪くないということで読み切りとしてはまずまず(ジャンプSQ.に載った「ペルソナント」よりは面白かった)かと。


ただ、構想約10年の作品がああなっちゃった後だけにすぐさま古味直志の連載が読みたいかと言われると否というしか。






アイシールド21
Δダイナマイトねえ。

全然関係ないけど、デルタというと反射的に思いだしたのは「仮面ライダー555」。
まさか半田健人がこういう形(高層ビルマニアとか昭和歌謡マニアとか)として有名になるとは思わなかったよ(笑)。


さて、本編はというとミリタリアの強さは予想通りだったけど、元ネタは「フルメタルジャケット」ですか。
阿含の当てが外れたのはいい気味ではあるが、作者的に阿含をこれで終わらせるとも思えないんでこれもまた伏線なのかも(最終的に阿含の自己犠牲で泣かせるとかさ)しんないな。







こちら葛飾区亀有公園前派出所
天国警察に勤める魔法使い・花山理香が一年振りに登場。

その部下素本が暴走するという話なんだけど、2008年最後の話がこれってのはもうちょっと何とかならなかったのかと。


さすがにマンネリすぎて伸びしろ自体はもうないとはいえ、やはり毎年クオリティが落ちてる感があるのは気になるところ。






マイスター
ようするにアレか、頼歩の「ふざけるなァ!!」は自分の身体を大事にしない錦にキレたと解釈すべきなんだろうな。

でも、その後に「錦君のプレースタイルって僕嫌いじゃないよ」って言ってるのが意味不明なんだが……。


後、サッカー的には「ごらんの有り様だよ!」という感じでもう突っ込む気もおこらねー…………つか、個人的には後4週で打ち切られても別に驚かんなー。







ぬらりひょんの孫
あくまでリクオと玉章の最終決戦ということなんだろうけど、ラストの盛り上がりっぷりがいかにも最終回直前みたいでちょっと不安になっちゃったよ>最終決戦の幕が開く

後、夜のリクオに変わった直後のリクオとつららのシーンだけ見ると襲ってるようにも見えなくはないな(笑)。






PSYREN-サイレン
本気を出したシャオにあっさりとやられとはいえ
「本当の力だと!? 笑わせんじゃねぇぞ!! そーゆーモンは最初っから出せや!!」
とバトル漫画のお約束に対して喧嘩を売ったハルヒコは最後の最後で男を上げたなと(笑)。


後、アゲハの方は普通にスタンドバトルになってんなー>アングリー・ゴーリー







岩代俊明『PSYREN-サイレン-』1巻の感想はこちらから





いぬまるだしっ
今回はショートギャグ集。

年末というのに消しゴムでハンコ作ってたり、幼稚園児に「どんだけヒマなんだろう」とダメ出しされるたまこ先生に全俺が泣いた(笑)。






ヘタッピマンガ研究所R
おー、名前だけとはいえジャンプにバキの名前が(笑)。

後、村田雄一って十二分に仕事してると思うんだが、その10倍ってどんな仕事量なんだと>空知英秋


次回は9号に掲載予定とのこと。






To LOVEる-とらぶる-
今回は美柑メインのクリスマスストーリー。
普通にいい話な分「とらぶる」的には物足りないとはいえ、ちみっちゃい美柑&リトが可愛かったからまあいいんじゃないでしょうか。


ちなみに、グッジョブながらも結局出番のなかったザスティンだけど、せっかくアシやってるんだし「バクマン。」に便乗して漫画家デビューネタとかどうだろうとちょっと思ったり。
例えば王道に拘るザスティンに対し、邪道なエロコメを描かせようとする編集者の対立とかさ(笑)。






アスクレピオス
皮膚移植ネタに、この期に及んでの曰くありげな新キャラ・コルブロ登場、そして第三の患者はそのコルブロに胸を剣で突かれたバズ自身という怒濤の展開。

違う意味で断末魔の声が聞こえそうな展開ではあるけれど、とにもかくにもストックしていたネタを使い切ろうとする開き直りは素直に評価すべきかと。



次号、うすた京介「ダブルマメダイチ」が読み切りで登場。
ってこの記号みたいなタイトルはいったい。




週刊少年ジャンプ3号の感想はこちらから
バクマン。 18ページ ライバルと友達の感想はこちらから

2008年少年誌&青年誌短期集中&読み切り漫画ベスト5はこちらから



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 都落ち

    ヘタッピに出てた新人さんは誰なんですかね?
    M本は松本藍先生だとしてF男って誰なのか…そしてその2人は連載が近いんですかね?
    2008年12月23日 22:25
  • スケ団

    スケットでの高島さんが中学のとき好きだった人と平泉君は違うんじゃないでしょうか。
    2008年12月24日 00:47
  • TALKING MAN

    >都落ちさん

    ジャンプの作家さんはあんまり詳しくないんでM本の方もさっぱり分かりませんでした^^;

    >そしてその2人は連載が近い
    単純にスポーツ漫画の強化を図ってるのか、今のに見切りを付けたのか……。

    どっちにせよ今のスポーツ漫画の現状を考えると早めに用意しておく必要はありそうな気が^^;
    2008年12月24日 01:37
  • TALKING MAN

    >スケ団さん
    ………うわーやってもうたー。

    というわけでたしかに完全に誤読でした、ご指摘ありがとうございます。
    2008年12月24日 01:42

この記事へのトラックバック

WJ04.05合併号感想
Excerpt: WJ04.05合併号の感想を表紙は、ジャンプのキャラ~簡易感想。・「ワンピース」巻頭カラーカラーの扉絵がカッコイイ!本編は、ハンコックの勘違いっぷりに爆笑しつつ、ルフィはバギーと再会このまま共同戦線を..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-12-23 05:49

週刊少年ジャンプ04&05号☆香りでトリコに?!!
Excerpt: 今週のトリコは香り付!!!!女性雑誌には新作の香水等の宣伝で良くありますがまさか、ジャンプでこれが来るとは!!!!この方式を”悪用”しそうな漫画が一杯あるのに( ゚д゚)『BLEACH』一番強い敵と当..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2008-12-23 16:37

【少年ジャンプ2009年04/05号】
Excerpt: ★表紙は新連載の【ヒーロー・主人公、勢揃い】。テーマコピーは『きらめく未来へ“大光進”!!』。“王道3人”の《ルフィ》《ナルト》《一護》が先頭。後に続く主人公の面々……2009年はどんなストーリーが待..
Weblog: MINT ROOM 
Tracked: 2008-12-23 23:49

BLEACH339-TheDeathbringerNumbers週刊少年ジャンプ新年04/05合併...
Excerpt: 皆様、メリークリスマス~♪\(^▽^)/本年最後となる、ウィークリージャンプ、BLEACHネタバレ感想日記です。WJのネタバレが、気にならないという方のみ、お読み下さい。感想日記は、管理人の妄想で出来..
Weblog: BLEACHFan-ブリーチファン-プチ
Tracked: 2008-12-24 08:43

週刊少年ジャンプ09年04・05号・ネタバレ?感想♪
Excerpt: 表紙はジャンプオールスターズ。この中にアレンがいないのが哀しい・・・(T_T)巻頭は「ワンピ」。なんじゃ、この見開きカラーは!ルフィ・ゾロ・ナミですよねぇ?本編は、ルフィ、いよいよ大監獄インペルダウン..
Weblog: あくびサンの、今日も本を読もう♪
Tracked: 2008-12-24 16:12