アオイホノオ .1 島本和彦 ヤングサンデーコミックス

島本和彦が描く炎のまんが道、立志篇。
要するに自伝なんだけど、島本和彦が自ら描く島本節爆発な自伝が面白くないわけがない。

それに加え、主な舞台となる大作家芸術大学(大阪芸術大学)の同級生である庵野秀明、山賀博之、先輩の矢野健太郎など濃いいキャラクター、80年代初めの風俗(松田聖子、スター・ウォーズ2など)&マニアックな漫画ネタ(ナイン、うる星やつら、さすがの猿飛など)がまた楽しいんだ。

まあ、冷静に考えるとかなりの漫画&アニメオタクじゃないと完全には楽しめない気もするんだけど、それはそれこれはこれ。
やたら勢いのある自伝的青春ストーリーとしてきっちり面白いので問題ないかと。


ちなみに巻末の【熱血青春特別対談】庵野秀明×島本和彦、帯&カバー裏といろいろ凝っててお得感あり。







他、ヤングサンデーコミックスの感想はこちらから

北崎拓『さくらんぼシンドローム クピドの悪戯2』3巻
森尾正博『ビーチスターズ』1巻
森尾正博『ビーチスターズ』3巻
河合克敏『とめはねっ!』 3巻  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック