ハチワンダイバー 4巻 柴田ヨクサル 集英社

そよを賭けた斬野との戦いで惨敗を喫した菅野の前に再び現れる二こ神さん。

冒頭の二こ神さんと菅田の愉快な掛け合いから、二こ神VS海豚七段とのリベンジマッチ、そして弟子になった菅田の修行が熱く激しく描かれる4巻の面白さは最高というしか。


なかでもやはり白眉なのがプロのプライドと真剣師のプライドがぶつかり合うプロ棋士海豚七段との勝負。
読んでるだけで血の温度が一度上がるほど燃えます。

基本的にこの巻の二こ神さんはカッコ悪いところも含めて全編格好いいんだけど、33話での菅田の心の叫びに応える二こ神さんは最高に格好いいと思う。



巻末恒例の描き下ろしオマケ漫画「ヌシの秘密」は懐かしの『釣りキチ三平』パロ。
釣り好き四平さんはもちろん、主の角の秘密など本家の『釣りキチ三平』を読んでると余計に笑えるんじゃないかと。


残念だったのはヤングジャンプ増刊マンタローに掲載された受け師そよと真剣師斬野の勝負を描いた51Pの長編番外編『ザンガード』は収録されなかったこと。

という事は斬野とのリベンジマッチがメインになる5巻になるのだろうか?
もしそうだとしたら5巻はわりと早く出そうな気もするんだけど、さて。




ハチワンダイバー1巻の感想はこちらから
ハチワンダイバー3巻の感想はこちらから
ハチワンダイバー4巻の感想はこちらから
ハチワンダイバー5巻の感想はこちらから
ハチワンダイバー6巻の感想はこちらから






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック