桜さがし 柴田よしき 集英社文庫

陽介、歌義、まり恵、綾。中学の同級生だった四人の恋模様と共にさまざまな事件が…。
柴田よしきが贈る京都を舞台にした温かくも切ない青春ミステリーの佳作。


趣向としては『ふたたびの虹』とほぼ同じなんだけど、この作品のミソは舞台が京都というところ。
柴田よしきの京都物は他の柴田作品とはまた違った魅力があると思う。

陽介と同じく京都に住んでいた時分には名所にはほとんど行かなかった口だけど、この小説読むと行っておけばよかったなあとちょっと後悔したり。

時は行き、人は入れ替わり、木々は芽生えて枯れてまた芽生え、建物が建てられて朽ちてまた、建てられる。
それでも、この町は、この京都の町は、結局変わらずここにある


「思い出の時効」での綾の述懐なんだけど、これはたしかになんとなく実感としてわかるんだよね。千年の都は伊達じゃないってさ。




桜さがし (集英社文庫)
柴田 よしき
集英社
売り上げランキング: 113020


柴田よしき『ふたたびの虹』の感想はこちらから


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「桜さがし」柴田よしき
Excerpt: ほとんどの会話が京都弁なのが印象的な本。 難なく入ってくるというか、あまり本を読まない人でもいけるかも。 自分としては★★☆☆☆寄り�...
Weblog: 蟷螂斧
Tracked: 2009-05-26 12:20

読書メモ『桜さがし』
Excerpt: 連作短編集。『一夜だけ』『桜さがし』『夏の鬼』『片思いの猫』『片思いの猫』『翔べない鳥』『思い出の時効』『金色の花びら』収録。 物語の舞台は京都。中学時代同じ新聞部に属していた成瀬歌義、大河..
Weblog: 自由の森学園図書館の本棚
Tracked: 2010-05-16 20:01