マンガ感想(週刊少年マガジン23号)

さよなら絶望先生(週刊少年マガジン23号)
第九十三話 だから僕は、このごろ毎日、不自然なんだ。ひどく怒りっぽくなった。

今回のネタは不自然なもの。

倫の不自然な登場、千里の不自然な胸、ジャンプの不自然な打ち切り、不自然なアニメ化、不自然な17歳と怒濤のネタ(不自然な換金システムの娯楽産業はアニメじゃ絶対無理だと思う)の連続で面白かった。
しかも今回はかなり汎用性高そう。

ちなみにタイトルの元ネタがわかりそうでわからない。
えーとどっかで聞いたフレーズなんだけど、何だったか。


さよなら絶望先生 第8集 (8)




魔法先生ネギま!
174時間 キーワードはチチです!?
いきなりゆーなのサービスカットでスタート。
ということで今回はゆーなメイン回。
ほのぼのとした話でたまには良いんじゃないでしょうか。

ちなみに、明石教授とドネット・マクギネスという金髪美女との会話にフェイト・アーウェルンクスの名前が出てたけど、これはやはり再登場の伏線か?



新約 巨人の星 花形
第34話 父、一徹
借金、アル中、DVに加え、笑顔からの卓袱台返しに柱の陰から覗く明子姉ちゃんというサービスシーンの連続が素晴らしかった。
作者ノリノリだな(笑)。



15の夜 ~REBIRTH・再誕 前編 
木田昌司 取材・脚本/神先史土 監修/日本ダルク 近藤恒夫
前作を読んだ記憶がない僕が言うのも何だが、少なくとも内容的にはこの前のアスペルガー症候群を扱ったいじめの話よりまともな気が。

ちなみにミーティングはアメリカのドラマや小説でたまに出てくるAA(アルコホーリクス・アノニマス)を思い出した、ってかあれが元なんだろうな。



ダイヤのA
第48話
新たな武器SFF(スプリットフィンガーファストボール)を得て降谷復活。
打ってはバックスクリーンに放り込みバントしか取り柄がない男とはひと味違うところを見せつける。

とまあライバルが実力を見せつけるなか、次回からいよいよ我らが主人公沢村登場。
そういえば、御幸とのバッテリーは1巻以来なんだ。
いやあ盛り上がってまいりました。

ちなみに館の笑顔はあいかわらず素敵。
ってか館広美に柴田京平って作者は『あぶない刑事』のファンだったんだ。



ダイヤのA 5 (5)

ダイヤのA 3巻の感想はこちらから
ダイヤのA 4巻の感想はこちらから
ダイヤのA 5巻の感想はこちらから



涼風
バカップルの青春物だった本編はともかく、ここぞとばかりに乳首券使いまくり(涼風だけは出し惜しみしてたけど)の袋とじの方は欲望に忠実な姿勢が良かったんじゃないかと(笑)。


あひるの空
巻頭カラー。
とはいえ、いまだ反撃までの溜めの状態。
単行本ならともかく連載だとさすがにストレスが溜まるよなあ。


BLOODY MONDAY(ブラッディ・マンデイ)
前にも書いた気がするけど、ディティールはともかく展開の速さだけは評価できると思うんだがどうか。


スマッシュ!
亜南「翔太の覚醒と解放、美都先輩が黙っちゃいませんな。これもシナリオの内ですか? 鬼頭先生」

コーチ「始まりましたね」
美華「ええ、全てはこれからよ」

まあ、こんな感じの話(笑)。


ハンマーセッション!
なるほど、水城先生の役どころは天然の驚き役なわけね。
でも、さすがに吾郎も無傷では済んでないだろうけど。


はじめの一歩
目の錯覚を利用した何らかのトリックというところか。
何にせよストレスが溜まる試合展開になるのは間違いなさそう。


エリアの騎士
今回は、岩城監督の指導者としての資質を見せるエピソードとして普通に良かったと思う。


スクールランブル
うーん、思いの外引っ張るなあ。まあ、展開的に来る客ってのが播磨のような気がするのでそこらへんに期待。
ちなみに烏丸の制服ネタを見て『パタリロ』を思い出したんだけど、ちょっとマイナーすぎるかも。


シバトラ
さすがにこのまま鬼神の正体が武良ってのは芸がないんで、大穴で実は河東、もしくは保険医の太刀川先生あたりとかってのはどうだろう(笑)。


妖怪のお医者さん
これは良い阿鼻叫喚ですね。エロ担任グッジョブみたいな。

ってわけで、人間の願いを叶える妖怪「座敷童」カイエ登場。
転校生の正体は護国寺の幼なじみだったわけだけど、やはり平穏な展開にはならないみたいだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ■花形
    やっぱり一徹のちゃぶ台返しと柱からこっそり見守る明子姉ちゃんこの二つがないと~巨人の星とは言えませんよねぇ~(少々オーバー気味ですが(笑))、しかしまだ先の話ですが飛雄馬はどうやって巨人に入団するのか非常に気になります、原作の場合は青雲をとある事情で辞めざるを得なくなり、そして巨人以外の球団スカウトが自宅に詰め掛けるが一徹の「入団すべきは巨人あるのみ」という言葉で巨人の入団テストを受け合格、テスト生として入る事になりますが今じゃドラフトもありますし、どういった方法で巨人に入るかが自分としては気になります。
    文章が長くなってすいません。
    2007年05月10日 20:55
  • TALKING MAN

    とある事情が気になったのでウィキペディア読んできました(笑)。

    巨人入りには花形も深く関わってたんですね、知らなかったというか記憶になかったというか。

    で、花形だけど問題はやっぱりプロ野球編まで持つかどうかのような。
    掲載誌的にも高校編が精一杯じゃないかなと。



    2007年05月11日 00:22

この記事へのトラックバック

【大教典】週刊少年マガジン23号(05/09)
Excerpt: ネタバレ必死、マガジンです。 立読みして直ぐの新鮮直球簡易感想です(笑)
Weblog: ラブ教総本山
Tracked: 2007-05-10 00:14

楓の ネギま!ニュース+174時間目感想ブログまとめ 「2007年5月9日」
Excerpt: ・ネギま! ニュース ●ネギま!SNS メンバー総数400人突破! □あなたもネギま!SNSに参加してみませんか? ↑詳しくはリンク先にて。 私がご招待しますので、どうぞ、お気軽にメール下..
Weblog: 楓の箱リロLive対戦日記
Tracked: 2007-05-10 00:17

魔法先生ネギま! 174時間目 キーワードはチチです!?
Excerpt: TVアニメも終了した事もあり、原作がGW休暇を取ると随分見ていない気がしていました「魔法先生ネギま!」です(苦笑)。 前回までの修行編から今週は一変! 何と何と、ゆーなスペシャルとでも言うべき特別..
Weblog: いけさんフロムFR・NEO RE
Tracked: 2007-05-11 04:33