TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 空手小公子小日向海流 27巻 馬場康誌 講談社

<<   作成日時 : 2007/04/29 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤングマガジン連載時はいろいろ突っ込んでたけど、海老チリパンチの伏線、濱田と館長の関係、伊吹対高橋速人戦、そしてとうとう始まったサーマート対濱田カオル戦とまとめて読むときっちり面白い。

これはヤングマガジンのほうが週刊連載とは名ばかりで、ほとんど不定期連載といった感じになってるせいもあると思う。


ちなみに今回のポイントは、海流を子供扱いした高橋速人を一撃でノックアウト、あらためて強さを見せつけた伊吹とほぼ互角の濱田カオルを子供扱いするサーマート・シリントゥの圧倒的強さ。
普通トラウマがあると弱くなるはずなんだけど、何ですかこの強さは(笑)。

最終的に伊吹を返り討ちにしたサーマートと海流、もしくはサーマートを倒した伊吹と海流との戦いあたりがクライマックスだと思うんだけど、伊吹はともかく海流がそこに達するまでの距離をどう埋めるかがこれからの課題だろうなあ。




空手小公子小日向海流 27 (27)
馬場 康誌
講談社 (2007/04/27)
売り上げランキング: 537




空手小公子小日向海流 31巻の感想はこちらから


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空手小公子小日向海流 27巻 馬場康誌 講談社 TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる