TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(花とゆめ15号、月刊マガジン8月号、ビジネスジャンプ15号、BCオリジナル14号)

<<   作成日時 : 2006/07/08 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フルーツバスケット(花とゆめ15号)
第129話
夾と透、今回が最終回でも別にいいような気がする見事なまでのハッピーエンド。
まあ、これ以降はエピローグと考えればそれもいいか。

それにしてもこのマンガも長かったなあ、本当に(といってもリアルタイムで読み始めたのはコミックス7巻ぐらいからだけど)。


フルーツバスケット 22 (22)
高屋 奈月
白泉社 (2007/01/19)
売り上げランキング: 602
おすすめ度の平均: 5.0
5 フルバファンは必見の1冊
5 永遠とは
5 呪いと約束




しゃにむにGO
多彩なキャラクターが織りなすシリアスな人間ドラマとして実に読ませます。
こういう話を読むと、力量ある作家だということにあらためて気付くというか。 


幸福喫茶3丁目
一郎君のちょっとだけ荒んでいた過去話。
それにしても、つくづく進藤さんはツンデレだよ。



海皇紀(月刊マガジン8月号)
次の敵は、完璧主義者のエリートってことでわりと底は浅そう。
ただ、オブキン・パベルっていうじいさんが気になるかな。
後、アグナが婚約者と聞いて落ち込んだのがマイアだけでなく、シンもってのが笑った。


capeta カペタ
おー、すべてチャンピオンを取るための作戦だったのか。そして圧倒的な力を見せつけて優勝。ほんと今までマシンのせいでストレスたまる展開だったから久々にすっきりしたよ。

で、どうやら来季は四輪(フォーミュラ)に乗れるみたい、良かった良かった。 


DEAR BOYS ACT2
ベスト8に残った高校の解説。
そして、秋田城北戦開始。この漫画、面白いとは思うんだけど、とにかく試合が長すぎるのが難。



ONEOUTS−ワンナウツ−(ビジネスジャンプ15号)
やはり、打たせたのが罠なわけね。
それはともかく、ムルアカの活躍は久々に見たような。



蔵人 クロード(ビッグコミックオリジナル14号)
これはやはり在留許可取るために結婚っていう流れなのか?


Hallelujah アレルヤ
大ゴマの使い方がさすがというか。


あんどーなつ
作・西ゆうじ/画・テリー山本
とりあえず今回もちゃんと載ってました。
最近、妙な形で有名になったので読み始めたのたけど、地味だけど良い作品だった(1&2巻のレビューは近日予定)。
祖母の死、大住喜八郎と一ツ橋あやめの孫が奈津だと判明とか、わりと急展開。



追記
モーニングで集中連載が始まった田中誠の高校野球漫画『実録!関東昭和軍』は、実に田中誠らしい漫画。『おれはキャプテン』と対極にあるような漫画というか。
後、惣領冬美『チェーザレ』も面白かった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マンガ感想(花とゆめ15号、月刊マガジン8月号、ビジネスジャンプ15号、BCオリジナル14号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる