TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ30号)

<<   作成日時 : 2018/07/01 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠二(週刊少年ジャンプ30号)
1.Tanaka Seili
天塚啓示、新連載表紙&巻頭カラー

兎にも角にもタイトル長すぎーと思ったらホントに最長タイトルなのね、でもなあ。

で本編はといえば『ターミネーター』ですかそうですか、正直あんま期待できない感じだけどとりあえず様子見ということで。


火ノ丸相撲
第198番 愛の戦士
闇堕ちした潮を救う愛の戦士爆誕とか、いやホントにどうしてこうなった(笑)。

ただここまで来ると逆に勝ちフラグが立ってると言えなくもないんだが現状での彼我の実力差を考えるとなあ、さてどうするどうなる。


ジガ-ZIGA-
最終話 決着→自我
原作/佐野ロクロウ 漫画/肥田野健太郎、全14話打ち切り最終回

見事なまでのぶん投げ最終回、まぶっちゃけつまんなかったし致し方ないですな、とまれお疲れさまでした。


ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)
Final round 約束の地
藤巻忠俊、全62話打ち切り最終回
+に移籍という可能性もゼロではないと思ってたんだが……、個人的にはわりと好きだっただけに素直に残念無念、やはり黒バスの藤巻忠俊と言えどマイナースポーツ物という壁を超えるのはキツかったかあ。

ちなみに大会自体は朱雀恭介が優勝したわけね、ロボはたぶんに次であっさり負けたんだろうなあ体力的に。


ROBOT×LASERBEAM 6 (ジャンプコミックス)
藤巻 忠俊
集英社 (2018-07-04)
売り上げランキング: 1,356


鬼滅の刃
ああ母ちゃんが鬼に…、でもあの謎不死身設定はまだ謎のままと>玄弥


Dr.STONE
見事無傷でほむらゲットだぜというお話。

とはいえこんだけ氷月スキーだと取り込むのはなかなか難しそうね。


ぼくたちは勉強ができない
センターカラー
うほっこれは良いカラー扉絵。

まさすがに着ぐるみごしのキスをファーストキスにカウントせんでもとは思うが、オチは当然ちゃんと成幸だという事が分かる王道オチでお願いしたいところ。


約束のネバーランド
アダム参戦で一気にいけるかと思ったら……、ガチにがっつり刺されてるあたりさすがにエマを囮にする作戦でしたってオチもなさそうだしなあ。


食戟のソーマ
展開はまああいかわらずアレなんだけど田所ちゃんが可愛いんでこれはこれで的な。


ブラッククローバー
えらく短いなと思ったら11Pですか、ようするにまた落ちそうになったわけね。


僕のヒーローアカデミア
フラグは立ってた(つっても死んではいないだろうが)とはいえまたあっさりとまあ。

それにつけても新型脳無強すぎだろ、一体これからどうすんのよ。


紅葉の棋節
まだ3級なのにホープって低すぎじゃないですかね。


アクタージュ
センターカラー
普通に考えると連続刊行は不吉でしかないけどどうやら何とかなった模様いやあ良かった良かった。

とはいえ依然油断はできないけどなー。


アクタージュ act-age 2 (ジャンプコミックス)
宇佐崎 しろ
集英社 (2018-07-04)
売り上げランキング: 2,070


キミを侵略せよ!
次の打ち切り候補筆頭は『ノアズアーツ』として次点はこれか紅葉かねえ。


銀魂
まさかの伏線回収である(笑)。

ちなフンドシマスクと言えばやっぱ『今日俺』をだな。




ゆらぎ荘の幽奈さん
千紗希ちゃん発情しすぎワロタ、まったくコガラシさんも罪な男よのう。

ONE PIECE、ワールドトリガー、HUNTERXHUNTERは休載。

次号、凸ノ高秀「アリスと太陽」が表紙&巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年ジャンプ29号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
秘書田中>今週終わった作品考えると、終わった作品に勝てとは言わないまでももうちょい面白い話が見たかったです。
まあ1話だけで判断も早急というか、後から面白くなってくる作品もあるので様子見ですが。

相撲>先週あっさり負けた小結も潮が苦戦した蜻蛉切よりは上ですからね。蜻蛉切が小結に定着出来なかったどころか五枚目まで落ちてるので先場所は確実に。

ジガ>打ち切りだったためか、怪物を人間が倒す物語から外れてしまったのが残念といいますか、最初から怪物同士のバトルで良かったです。それさえなければこんなぶん投げエンドもありなんですけどね。

ロボ>好きな作品ですが、1打に時間を割いてるのでテンポが遅くなりアンケート向きではないのも痛いですね。毎週面白いタイプではなく、数話分見て楽しむタイプ。そもそも連載開始前からネガキャンも目立つヤバい状況もありましたけど。
体力はベイビーステップみたいに1試合でほとんど体力使っても、すぐに回復出来る身体にするのがプロだとは思いますが、プロ成り立てなので(スラダンはプロではない上に全国初出場かつ選手層が他より薄いので体力使いきった以外の条件が違うかと)どっちか分かりませんね。体力万全でも朱雀には負けても仕方ないとは思います。
ぶっちゃけ鷹山より強くてもおかしくないですし。
名無し太郎
2018/07/01 22:01
>ロボ
やっぱり少年誌じゃ難しいテーマだったかと。
単調になりやすいですし。
>勉強
文乃のは先に引っ張るのかも?
先輩とかギターの流れとかで着ぐるみの中身気付きそうな。

>アクタージュ
最近の新連載見る限り大丈夫と思います。
呪術も伸びてきたようですけど
あさると
2018/07/01 22:07
ストーン>それを言うと司帝国の求心力が司のカリスマとかも、『司スキー』>『食料などの生活』になってしまい、崩しようがなくなってしまうような…

ブラクロ>ワールドトリガーの二の舞になる気がしてきます。定期的に休載させる作品、ワンピース以外に用意してもいいと思います。ワンピースも1度入院してからですが。

ヒロアカ>ビルをバラバラにしたりするのに力を使ってしまったのも痛かったですけどね。
脳無は最初の1体目が『俺達の中で最強』だったのでこれ以降のが強いとは限らないかなと思ってます。というか、強くなったらヤバすぎます。

紅葉>派閥が小さければ3級でホープでもいいんですが、上に沢山いる門派とか言ってますからね。同じ門派だけで何十人上がいるんだよと。
名無し太郎
2018/07/01 22:09
>秘書田中
うーんこれはマジにダメかも

>ジガ
正直今更進撃の巨人やられてもなあ的な

>ロボ
高校生編ぶっ飛ばしはやっぱそういう事なんでしょうねえ

>ストーン
どうだろう、この前の脳筋みたいなの見るとなあ

>ブラクロ
まあワートリの作者みたく病気ってわけじゃないのは幸いですがやっぱねえ

>紅葉
つくづく色々ツッコミどころが多いのがなあ
TALKING MAN
2018/07/10 20:41
>ロボ
やっぱそれは大きいでしょうねえ>少年誌じゃ難しいテーマ

>勉強
31号のラストが意味深ですなあ

>アクタージュ
だと思いたいところですね
TALKING MAN
2018/07/10 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ30号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる