TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ27号)

<<   作成日時 : 2018/06/10 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

鬼滅の刃(週刊少年ジャンプ27号)
第112話 遷移変転
連載2周年突破&TVアニメ化記念表紙&巻頭カラー

兎にも角にもアニメ化おめ、しかも制作ufotableとか、キービジュアルもいい感じだしこれはもう勝ったも同然じゃないですかー。

さて本編はと言えば圧巻の強さを見せた恋柱さん&刀パワーアップと実に巻頭カラーに相応しい盛り上がりっぷりだったかと。


鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2018-06-04)
売り上げランキング: 20


ハイキュー!!
第304話 点のとりかた
まさかのファーストセットダウンオチである、いやあやってくれるぜい。

ようするにアレか、優勝候補に勝ったことで評価爆上げ自体が伏線だったと、だって第一セット取っちゃうと普通に烏野やっぱつえーって感じになっちゃうもんなあ。


ぼくたちは勉強ができない
問65. 祭のはじめは矢継ぎ早 彼らに〔x〕が降りかかる
桐須先生のあざと可愛さが今回もまた半端ない事に。

なんつっても着替えシーンがエロすぎてもうね、しかも来週もメインを張ることがほぼ確定と来たもんだ。

ただそのぶんうるかが割を食いそうなのがちょっち心配だったり。

まあさすがにその辺はバランスを取ってくるんだろうけどさ、たぶんおそらくきっと。


Dr.STONE
ああそうかコハク達ならヤックデカルチャー@マクロス的なやり方もあるかもだが、相手はいちおう現代人だもんなあ。

でもだとすればメンタリストが思いついた悪だくみとは一体。


ブラッククローバー
状況が絶望的なだけにこれしかないってのは分かるんだが、とはいえさすがにちょっとチートすぎる感があって>断魔の剣


約束のネバーランド
センターカラー
おおほんに強敵感半端ないのうレウウィス。


銀魂
オチおい(笑)。

いやあすっかり騙されたましたわ。


食戟のソーマ
なにやら唐突に湯煙温泉殺人事件編スタート的な、いやま勿論料理勝負で負けただけなんだろうけどさ。

とまれ今回は何といっても久々にヒロインしてる田所ちゃんが良かったです。

食戟のソーマ 30 (ジャンプコミックス)


紅葉の棋節
村山だけでなく永瀬七段(もしかしたら丸山九段かもだが)ネタも追加と>冷えピタ

お話の方はといえば、なんか盛り上がってる風だけどどうにも置いてきぼり感がだな。


ゆらぎ荘の幽奈さん
今回の新キャラ誰か思い出すと思ったらアレだ、ミスターサタン。


キミを侵略せよ!
コッテコテなツンデレ生徒会長登場の巻。

つかそれ自体は別に良いんだが如何せんお話がちいとも面白く思えないのが……。


火ノ丸相撲
あいかわらず闇堕ちまっしぐらすぎてどうしてくれようみたいな。

とはいえこれで負けたらホントに立つ瀬がないんで勝って欲しいところではあるんだがさて。

ROBOT×LASERBEAM 6 (ジャンプコミックス)


アクタージュ
引き続き熱い展開だけどその分クライマックス感も半端ないわけで。

ただリコピンが想定外に抜けた分もしかしたらもしかするかもなのよね、他の新連載陣も軒並み掲載順落としてるしなー。


ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)
とりあえず銀狼戦後はジャンプ+行きが一番無難な落としどころかなあと思うのだけど果たしてどうなりますか。


ジガ-ZIGA-
またえぐい設定ぶっこんで来ちゃってまあ。

ついでに彼女が死んだのも決定と、まこちらもグルでしたってよりかはマシなんだけどさ。

ワールドトリガー、HUNTERXHUNTERは休載。

次号、堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』が表紙&巻頭カラーで、他塚沢サンゾ夫「悪童総帥まもる」、鳩胸つるん「剥き出しの白鳥」、原作/上野祥吾 漫画/ひらけい「シンマイ新田イズム」が読み切りで登場。

週刊少年ジャンプ26号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
鬼滅>玉壺が出した敵の1体に過ぎず霧柱も何体か倒してるはずですが、それでもデカイ敵を大コマで倒すとインパクトがデカイです。

ハイキュー>稲荷崎で既に色々見せてしまったので頭の中では既に対抗策を練れた状態なのも理由じゃないでしょうか?後は実物を見て修正みたいな感じで。
それに今振り返って見ると音駒って1セット落とした場合、脅威に感じない気がするんですよね。今のところ、勝った試合は全部2セット連取ばかりなので。対応は早いけど、1セットで対応出来なかった場合は勝てる力量はないというイメージです。研磨のスタミナとかの理由で。
そこも考えてるんじゃないかと思ってます。

石>音質が微妙と言ってたので、現代人には響かないんじゃないかと思ってます。にしても、歌を聴く為には村人の心を掌握してないと取り出せない墓石の中にあるのにそれだけの為に用意っておかしいような…

ブラクロ>最初の時点で転生魔法に通じていても良かったと思います。

ソーマ>恋愛要素の過程が推理なのか、逆に恋愛要素がスパイスなのか?テーマから言うと恋愛要素がメインなはずですが。初期からの伏線を拾ったりしてますから忘れてないでしょうし。
名無し太郎
2018/06/10 21:45
紅葉>ボードゲーム形の漫画はどう考えても勝負内容の凄さも伝えるのは、勝負の間にあるストーリーだと思ってますが、それをちょっと描くだけでひたすら勝負、勝負、勝負だからかもしれませんね。作者は将棋が好きなんでしょうが、読者は素人なんだからそこを考えて欲しいです。

侵略>何もかもコテコテのテンプレだからでしょうね。テンプレは嫌いじゃないけど、そんな面白くもない薄味といった感じです。
昔の漫画知らず、テンプレ知らなければ楽しめたりするんでしょうか?

相撲>敢えて今は闇落ちしてるように描いてるのは明らかなんですが、どうやって復帰するんでしょうか?昔は「好きだから勝ちたい」という感じがしましたが、今は好きを忘れてる感じがします。心の中でとはいえ「そこを開けて下さいよ」みたいな事を考え出した時点で。

アクタージュ>相手に対して理解を深めて好感持てるようになってきた感じが伝わってきます。まあ最近掲載順回復しつつありますから多分大丈夫でしょう。

ロボ>今週は流石に外す以外ありませんでしたし、迫力はありましたが盛り上がりに欠けました。まあ作品好きでも毎回盛り上がるわけでもないですし。
名無し太郎
2018/06/10 23:39
>鬼滅
恋の人、るろ剣にこんな刀使うのいましたね。
アニメは楽しみです。

>勉強
先生は本当に外しませんね(笑)
ドア開けてあのポーズ…そりゃあもうねぇ。

>侵略
プラスならともかく本誌だと薄味過ぎると言うか飽きられるのも早いのでは?
あさると
2018/06/10 23:51
>名無し太郎さん
>ハイキュー
ほう>今のところ、勝った試合は全部2セット連取ばかりなので

>ソーマ
今回は番外編なんですかねえやっぱ

>侵略
テンプレ以前の問題な気がしないでもないというかなんというか

>相撲
やっぱ序盤での刃皇との取り組みがポイントですかねえ

>アクタージュ
とりあえず今回は生き残ったっぽいですねえ、いやあ良かった良かった
TALKING MAN
2018/06/17 20:15
>あさるとさん
>鬼滅
最初の方考えるとアニメ化するまで人気出るとは、ホント色々感慨深いです

>勉強
さすがなんばー1の貫禄ですなw

>侵略
個人的にはもういいかな的な
TALKING MAN
2018/06/17 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ27号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる