TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン26号)

<<   作成日時 : 2018/06/04 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

オリエント(週刊少年マガジン26号)
第1話 武蔵と小次郎
大高忍、新連載巻頭カラー

正直『マギ』と比べるとそこまでインパクトはないのだけど、大高忍らしさ全開の一話で掴みは上々、これは素直に期待していいんじゃないでしょうか、というか期待したいです。




七つの大罪
第269話 煉獄ライフ
うむこれは良い見開き、やっぱこの二人のコンビは似合いですな。

バン的にもさすがにこれだけ経験値つめばインフレにも対応できそうだしなー。


This Man その顔を見た者には死を
Case5 500万の子
黒幕側の人間かと思いきやこのユーチューバーも踊らされただけなのね。

それはそれとして主人公めっさ強くてワロタ、これはちょっと意外だったことであるよ。


東京卍リベンジャーズ
12才、しかも普通にノーヘルってとこに突っ込むのはやっぱ野暮なんだろうなあ。


星野、目をつぶって。
ここで遭難ネタやるんだろか、まある意味タイムリーちゃタイムリーではあるが。

ちなみにオレはこれ読んで絶対山には登るまいと思いました。


ダイヤのA
タイトルなんぞこれと思ったらああそういう>ふし穴クソコーチャー


寄宿学校のジュリエット
タイマン張ったらダチですね分かります。


ランウェイで笑って
なんというイチャイチャ回、とまれ何はなくともヒロインがトニカクカワイイ回だったですハイ。


ランウェイで笑って(5) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2018-05-17)
売り上げランキング: 436


DAYS
優勝候補に勝って下馬評逆転って最近どっかにあったなと思ったらアレだ『ハイキュー!!』。


川柳少女
ああNINTENDO64かこれ。


はじめの一歩
なんだかんだで帳尻は合わせましたよと、しかしこの先ホントどうするんかねえ。


徒然チルドレン
だよねー>実はそろそろ最終回


彼女、お借りします
まサイトでオープンにしてる現状今までバレなかった事自体が不思議なわけで。


キスアンドクライ
んーホントに地味すなあ。

いやオレ的には全然オッケーなんだが人気的には厳しそうな予感。


リアルアカウント
犬かよ!!


ドメスティックな彼女
モッコリと言えばその昔『シティーハンター』という漫画があってだな。


先生、好きです。
えーとまあさすがに終わりそうだしもうやりたいことやっておこうみたいな?


不滅のあなたへ
蘇生が可能って、いくらなんでもちゃぶ台返しすぎやしませんかね。

ま最終的にはそれを知るも、でもオレはそれはしない「いのちは闇の中のまたたく光だ!!」って感じ(ぉのオチにもっていきそうではあるんだけどさ。



不滅のあなたへ(7) (講談社コミックス)

化物語、生徒会役員共は休載。

次号、大暮維人『化物語』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン25号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オリエント>マギも段々と世界が広がって面白さが加速していったイメージなので、初期でこれなら充分楽しみです。
武士に関して小次郎の父親からの情報しかないから小次郎が突き放すのも分かるし、主人公が周りから浮くのを恐れるのも理解出来ます。きちんとした確信があったら堂々と武士になると言えたんでしょうが、その環境で心の中で思ってたというのが等身大の主人公という感じ。超人的なメンタルの主人公もいいけど、この作者は等身大メンタルの主人公が持ち味ですし。

大罪>一応唯一神器がまだないとかパワーアップフラグ残してたはずですが、これで充分と言いますか、そのパワーアップフラグじゃどうにもならないと言いますか。

ThisMan>敵という考えしかなかったです。してやられました。

東京>1人除けばヘルメットを被れるようにしてるのでツッコミ待ちかと。

ダイヤ>一応、選抜時はレギュラーだったのに…

DAYS>こっちは相手も優勝候補の一角ではあるんですけどね。インハイ準優勝ですし。

川柳>64て出てから20年以上経ってましたっけ?確かに古いと思いますがいまだにたまにするのに…

一歩>一歩がいなければピンチにすらなりませんでしたし、木村の方に目を向けるのが遅すぎたりでマイナスのイメージのが圧倒的にデカイです。

キス>面白い漫画が必ずウケると分からないのが怖いです。ハデにしたら方向性変わりそうですし。まあこの段階なら変えたら更に良くなる可能性もありますが。

ドメスティック>滅茶苦茶有名な作品だと思います。
名無し太郎
2018/06/05 00:18
>オリエント
まあアリババ的とも言いいますな>この作者は等身大メンタルの主人公が持ち味

>ダイヤ
そうなんだっけか、すでに記憶がw

>川柳
発売が1996年ですねー

>キス
This Manは軌道に乗った感じだけどこっちはなんか厳しそうな感が

>ドメスティック
続編は正直いらんかったなあと
TALKING MAN
2018/06/05 23:35
リアルアカウント・ユダとなるもの。
村人の中に人狼が混じっていて、その中でパル君が会長マーブルだったので、まさに人狼ゲームって感じでした。
竹丸
2018/06/10 19:02
ああなるほどねえ、言われてみれば>人狼ゲーム
TALKING MAN
2018/06/10 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン26号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる