TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ26号)

<<   作成日時 : 2018/06/03 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

約束のネバーランド(週刊少年ジャンプ26号)
第88話 リターンマッチ
TVアニメ化決定記念表紙&巻頭カラー

前回も書いたように深夜帯なのは間違いないとしてだ、お話し的にはどこまでやるんだろか、やっぱ脱獄するまでかね。

さて本編はと言えば記念すべき表紙&巻頭カラー回でこれしかない的なオッサン&レイ再登場劇を見せて貰って大満足だったことであるよ。


約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)
出水 ぽすか
集英社 (2018-06-04)
売り上げランキング: 53


キミを侵略せよ!
#2 ペット
稲岡和佐、新連載第2回センターカラー

あざといシーンは勿論狙ってやってるんだろうがソーマやゆらぎと比べると画力の差があるだけにどうなんだろうなあと思ったり。


紅葉の棋節
第3局 染井吉野
里庄真芳、新連載第3回
あっさり合格したこと自体は別に良いんだがなんぞこの展開。

いやま確かに病弱キャラが出てくる事事体は将棋マンガのお約束っちゃあお約束なんだけどさ。


3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ
白泉社 (2011-07-22)
売り上げランキング: 60,055


食戟のソーマ
第264話 差出人 田所恵
センターカラー
てっきり終わるのかと思いきや普通に新展開が始まったでござるの巻。

ちなみにこの流れだと二席が一色パイセンで三席が久我なんだろか(蕎麦の人と叡山は絶賛自粛、もしくは留学中みたいな)。


トマトイプーのリコピン
第31話 リコピンのすてきないちにち
打ち切りよりかはいいかもしれんがうーむ…>ジャンプ+移籍

『磯兵衛』の後釜として同じく細く長く続くものだと思ってたんだがなあ、斉木も終わった今貴重なギャグ枠でもあったろうに、何でどうしてこうなった。


トマトイプーのリコピン 2 (ジャンプコミックス)
大石 浩二
集英社 (2018-06-04)
売り上げランキング: 1,423


Dr.STONE
おおレコードと来ましたか、あそうそうコハクのアレはなんかすごくスタープラチナっぽかったです。


ぼくたちは勉強ができない
学園祭編スタート。

この流れだとオールヒロイン分のイベントを全てこなすっぽいんだが、ただそうすると卒業生のあしゅみぃ先輩だけハブられることになっちゃうわけで。

とするとだ、どうせオールヒロイン横並びオチだろうと思ってた花火イベントだけど、もしかしてあしゅみぃ先輩が全部持ってくオチも微レ存?


僕のヒーローアカデミア
エンデヴァー一位は妥当としてだ、なんか知らんキャラがさりげに出てますな>ヒーロー番付発表


鬼滅の刃
恋柱さんやっとキタコレ。

で今作品もついにアニメ化決定とか、ほんにあの打ち切り寸前作品がよくもまあとさすがに感慨深いものがあるのであった。


ハイキュー!!
流れとしては第1セット先取の流れだがさて。

ハイキュー!! 32 (ジャンプコミックス)


ブラッククローバー
アスタ&ユノ△。

いやあこれはほんに良いベタだったですハイ、勿論ノゼル兄さまのツンデレっぷりもなー。


ゆらぎ荘の幽奈さん
なにげにロリ巨乳なまおちゃんが微妙に犯罪ちっくだなあと思いました。


呪術廻戦
たぶんにこれっきりなんだろうけど冒頭のエピソードが個人的に大ハマり、ホントに全殺しされるところもだけど、バイトばっくれウェイターの意味不明な4人の義妹設定がまた良いんだこれが。


アクタージュ
いやあ盛り上がって参りました。


火ノ丸相撲
まあでもそれぐらいの覚悟じゃないと勝ち抜けないってのも悲しいけど現実なのよね。

その現実を前にただ勝利を祈るしかできないレイナちゃんが何とも切ないです。


ジガ-ZIGA-
45匹ねえ。

風呂敷を広げるのは良いんだけどどうやってたたむつもりなんだろうなあ、いやだって打ち切りは決定だろうしさ。


ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)
おー漫画みたいなショットきたこれ、いやま漫画なんですけどね。

HUNTERXHUNTER、ワールドトリガーは休載。

次号、吾峠呼世晴『鬼滅の刃』が表紙&巻頭カラーで登場。

週刊少年ジャンプ25号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>約束
まあ一番キリが良い所ですからねぇ。脱出劇で。
>紅葉
捻りがなさ過ぎとしか。某作のまんまですしねぇw
>リコピン
時事ネタばかりで滑り気味だったのが痛かったかも。
新連載組、正直不調過ぎでは?
>勉強
あしゅみぃ先輩は親父絡みで成幸に会いにってとこでしょうか?
あさると
2018/06/03 20:55
リコピンは作者の体調問題らしいですね
腰が悪くなって週刊連載無理だとツイッターで呟いてます
通りすがり
2018/06/03 21:07
ジャンプネタでは初書き込みです。

>紅葉の棋節
現実の将棋界で、「幼い頃から病魔と闘い続けながら、あの羽生善治と互角に渡り合った怪童」村山聖がいましたからねえ……。現実が化け物過ぎて漫画が追いついてない感じが否めないです(汗)。
なんばみやこ
2018/06/03 21:16
紅葉>3月のライオンの二階堂が真っ先に思い浮かびますが、二階堂のが好きですね。

ソーマ>今回か次あたりでエンディングだと思ってたので意外でした。『せすじをピンと』みたいなパターンもありえますが、侵略者とか言ってますしね。

リコピン>これでジャンプのギャグ作品が最終章詐欺してる銀魂だけに…
この作品は売り上げとか関係無しに置いとくべきだと思いますね。特に前回出してたクライマックス感をスルー出来るなら尚更。

ストーン>よくレコードなんて自作出来たなと思いました。百物語に入れられない理由があるんでしょうか?にしても、千空は百物語は全部聞いてなかったのでしょうか?そして村人で巫女以外に百物語がどう伝わってるかが気になります。

勉強>父親が無理矢理文化祭デートに行かせたらワンチャン。OBですし。

ヒロアカ>十位のギャングオルカはどこ行ったんでしょう?オールマイトが抜けたのに順位下がるとか予想外でした。

鬼滅>生き残れば人気出そうで打ち切られた作品も沢山ある世界ですからね。
名無し太郎
2018/06/03 21:26
呪術>使い捨てのモブにするには惜しいですよね。

アクタ>監督の捨てたはずの意地、千世子の見えてきた気持ち、煽りにも書いてある部分が熱いです。

相撲>チャンピオンの『鮫島、最後の十五日』ですね。まあ横綱が引退とか言い出さなければゆっくり地力を鍛えていく選択肢もあったんですが、くい止める為に選択肢が本当にこれしかなくなってしまいましたよね。
ただ廻しを引くなら最初にぶつかった時に引いとけば無駄にダメージ食らわなかったのにとは思います。多分、それぞれの分野で相手の得意分野を経験くらいしなければ横綱には勝てないという考え方かもしれませんけど。

ジガ>多分、ゴーレムみたいになるんじゃないですかね?にしても主人公も沢山いる内の1体じゃどうやって盛り上げるのか…
人間のふりを自らしてたのと、本気で人間だと思ってたのでは境遇が掠りもしてないですし、従う理由にならないです。

ロボ>リコピンのように移籍にワンチャン賭けます。
解説で「アイアンのフルスイングでやるなど」とあるので、番手次第では現実でもあるんでしょうかね?今までで一番漫画チックだったスネイクバイトが現実にあるショットなので、もしかしたらと思ってしまいます。
名無し太郎
2018/06/03 21:38
すいませんリコピンの件 ツイッターじゃなくてインスタグラムの方でした
通りすがり
2018/06/04 08:24
>あさるとさん
>紅葉
正直これならまだノアズアーツの人の前作の方が良かったなと

>リコピン
軒並み下位に沈んでますなあ>新連載組

>勉強
なんか今回は出なさそうな気がしてきましたわ

TALKING MAN
2018/06/10 20:27
>通りすがりさん
ツイッター見に行ったら書いてなかったんですがなるほどそっちでしたか、とまれそれなり致し方ないなと>作者の体調問
TALKING MAN
2018/06/10 20:28
>なんばみやこさん
>紅葉の棋節
まあ将棋モノで村山、羽生的キャラはある意味お約束なんでそれ自体は良いんだけど問題は今のところあんま面白くないのがなあ
TALKING MAN
2018/06/10 20:32
>名無し太郎さん
>ストーン
さすがエリート宇宙飛行士的な

>鬼滅
銀魂、スケダンに続く下剋上って感じですかね

>呪術
つってもまず出てこないだろうけどもw でもこういうセンスは良いなと

>相撲
実は読んでないんですよねえ>鮫島、最後の十五日

>ジガ
またえぐい設定来ちゃいましたねえ

>ロボ
真面目な話、移籍はホントにありそうだなと
TALKING MAN
2018/06/10 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ26号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる