TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン23号)

<<   作成日時 : 2018/05/13 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

This Man その顔を見た者には死を(週刊少年マガジン23号)
Case2 おもしろい
原作/花林ソラ 漫画/恵広史、新連載第2回

「こわくない、こわくない」
うぅ、ガッ
「ほら、こわくない…ねっ」
なテトメソッドですね分かります。

しかしいきなり主人公の部屋放火全焼&恋人拉致られるって序盤から畳み掛けてきますなあ。




七つの大罪
第265話 暴走する愛
これはまた見事なガイナ立ちで、メリオダスの真似とはいえ精度が上がってやがる(笑)。

ちなあの二人まだ生きてたのな、腐っても四大天使(そういやリュドシエルって今何やってるんだっけか)ってところですか。


ランウェイで笑って
46着目 天秤
綾野遠のやらしい揺さぶりはまあ分かるんだがマネージャーの方はちょっとキチすぎんだろう。

それにつけてもホントにこれどうするつもりなんだか、一番ありそうなのはたぶんツンデレな柳田さんがお金貸してくれるパチーンだがさて。


ランウェイで笑って(5) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2018-05-17)
売り上げランキング: 185


8畳カーニバル
Chapter22 Leabing the nest
色々何だかなあ(なかでも無駄に引っ張ってきた脅迫ネタとか)と思わないでもないがまあ打ち切りだから致し方ないということで。

つーわけで次回最終回とのこと。


ドメスティックな彼女
でストーカー野郎は捕まったのかまだ逃げてるのか。


星野、目をつぶって。
あー再デビューが決まって、で退路を断つために学校を辞めるってとこですか。


生徒会役員共
薄い本が厚くなりそうだぜ>あ二人きりじゃないよ生徒会メンバー全員参加


彼女、お借りします
新キャラの子、なんというあざと可愛さ、だがしかしそれがいいのであった。


東京卍リベンジャーズ
まさかの腹切りである。


寄宿学校のジュリエット
えーと流石にこれはバレるんだよな。


あひるの空
「千秋は見ていた」的な。


不滅のあなたへ
民衆からの人気はマジあるのなこの馬鹿王子。


川柳少女
ショートコント「親権」が気になるんですが。


炎炎ノ消防隊
ようするにアッー!ということでよろしいか>髄まで穢してやる


化物語
へーここでこの話やるんだ。


化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
西尾 維新 大暮 維人
講談社 (2018-06-15)
売り上げランキング: 618


はじめの一歩は休載。

次号、大久保篤『炎炎ノ消防隊』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン21・22号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
This Man>マジでどうなるかが気になります。ただ、やられっぱなしなのであと2〜4話以内には反撃も見たいですね。

大罪>切断しても、そこがスピンして反撃とか魔神族ってやはり反則です。

ランウェイ>柳田さんが事情を知ればワンチャンあると思います。

8畳>予想通り終了とはいえ、こんなに早いと掲載順を回復させた意味が分からないです。やっぱジャンプ以外はそんなに考えない方がいいって事ですかね?合併号なんてダイヤが最後尾でしたし。

ドメスティック>どっちにしろ破滅は確実でしょう。学歴と親に頼らなければ何も言えない、出来ない糞野郎でしたし。

彼女>こういう人だと分かってたら、ちゃんとその嗜好の人に需要ありますよね。タイプとか考えずにレンタルしてる上に問題あり。まあ数十秒程度話せない程度でコミュ症とも思いませんが。
名無し太郎
2018/05/13 23:32
This Man>彼女本人が犯人かグルな気がします。「顔の無い遺体は別人と思え」とよく言いますし、今回も明確な拉致が描かれた訳でもなく。

ドメスティック>まだ逃走中でやけぼっくりの火を再燃させる燃焼材として再登場するかな、と。というか、そうだと警察の大失態な気がしますが…
グリズリー
2018/05/15 23:47
>名無し太郎さん
>This Man
どうやら当分逃亡展開になりそうな

>ランウェイ
もうホントにそれしかなさそうだけどさて

>8畳
ダイヤはたぶんに落ちそうになっただけかと

>彼女
たしかにある意味需要はありそうですな
TALKING MAN
2018/05/21 23:06
>グリズリーさん
>This Man
こう来るとはねえ、いちおうその可能性も残りますがやっぱこれっきりかなと

>ドメスティック
さすがに捕まえましたねw
TALKING MAN
2018/05/21 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン23号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる