TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー26号)

<<   作成日時 : 2018/05/29 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

銀の匙 Silver Spoon(週刊少年サンデー26号)
第124話 四季の巻27
表紙で登場

いつ以来だっけと思ってサイト内検索したら約10か月ぶりだったことが判明。

勿論読んでみればそれなりに面白いんだけどやはりこの状況だとテンションがだな、ま今回はいちおう次号以降も掲載されるっぽいのが救いではあるんだけどさ。




古見さんは、コミュ症です。
コミュ142 お泊り会です
万場木さんとの二人きりのお泊り会編。

とりあえずアレだ、只野はマジで爆発すればいいと思いました。

シノビノ
忍ノ四十一 風と炎と師匠と弟子と
お、こっちの近藤勇もかっけーじゃないですか。

ジジイと平助もいい感じなんだけど後に別れが来ることが分かってるだけに切ない気持ちにもなるのであった。


君は008
巻頭カラー
ま普通に考えて兵器フェチなメガネ、しぐれどん似のヒロイン、武士な忍び、名乗らん君はチームメンバー決定だわな。


君は008 1 (少年サンデーコミックス)
松江名 俊
小学館 (2018-05-18)
売り上げランキング: 2,780


ゼロの日常
そういやコナン登場はいつまで引っ張るんだろか、さすがに出ないって事はないよね。


MAJOR 2nd
点を取られるだろうとは思ってたとはいえいきなり5点て。


5分後の世界
センターカラー
減ってくペース早いのう、さて当分二人のままなのか、早々と一人になっちゃう流れなのかそれとも新たな仲間が増える流れなのか。


魔王城でおやすみ
やっぱ魔王も「あくましゅうどうしはアレ」って思ってるのね。


トニカクカワイイ
今更ではあるが、やはりというか作者の惚気を聞かされてるだけな感がだな。


天野めぐみはスキだらけ!
まさか勝つとは、ま、さすがに全国大会ではサクッと負けて帰ってきそうではあるが。


あおざくら 防衛大学校物語
なんかどんどん波多野(モンキーターン)化が進んでんのう近藤、さてこちらはどちらを選ぶのやら。


CHRONO MA:GIA クロノマギア 時の召喚者と白刃の花嫁
トイレはどうしてんだろうなあこれ。


保安官エヴァンスの嘘
センターカラー
まさかの親父登場である。

でもまよく考えると死んだとは一言も言ってなかったか。


保安官エヴァンスの嘘(4) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2018-06-01)
売り上げランキング: 189


初恋ゾンビ
江火ちゃんも大好きなんだけど指宿きゅんは指宿きゅんで実に健気可愛いから困るのよね。


BE BLUES!〜青になれ〜
カスラバさんがやっとデレたと思いきやまた面倒くさそうな新キャラが。

立彦から日ごろさんざん龍ちゃんの話をされてイラっと来てるんだろうなあ、たぶんおそらくきっと。


天使とアクト!!
これはアレか、「凰生為人は春坂なりを愛してます、世界中の誰よりも」的な。


第九の波濤
マッさんか、そういやダービーで国歌斉唱してましたなあ。

しっかしこのすれ違いマジでいつまで続けるつもりなんだか。


湯神くんには友達がいない
イイハナシダナー、いやホントに。

というかだ、前回といい今回といいもしかしてまとめに入ってる?




キング・オブ・アイドル
んー正直今回のエピソードは結局最後までピンとこなかったです……。


キング・オブ・アイドル 4 (少年サンデーコミックス)
若木 民喜
小学館 (2018-05-18)
売り上げランキング: 9,498

名探偵コナン、アラタカンガタリ〜革神語〜、RYOKOは休載。

次号、峰浪りょう『初恋ゾンビ』が巻頭カラーで登場。

週刊少年サンデー25号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
銀の匙>ジャンプのハンターと違い、ある程度継続する保証すらないから尚更。ハンターの十週で休載になる保証も嫌ではありますが。
特にこの作品て1話単位で楽しむ作品じゃないですし。

MAJOR>エラーや準備不足とかで実力差以上に取られた感じですね。まあ現実のプロの試合ですら一気にこのくらい入る事はありますけど。仁科の精神状態やいかに?

5分後>5分なんてとっくに経過してる気はしますが、ペース早いからでしょうね。

魔王城>アレ過ぎて、魔王も姫に照れてた時期があったのにそんなこと忘れて対応するレベル。

天野>前回も書きましたし、返信も貰いましたが予想してませんでした。主人公に成長促すきっかけにするってのは考えてませんでした。

あおざくら>ちょっと前まで幼なじみの可能性皆無な状態だったのに、もはや大差ないくらいに見えますね。

BE BLUES>まあ自分のチームのエースが他の選手を誉めちぎってたらそうなるのもいるでしょうね。待ってるというからには、プロ入りするのを龍を待って保留してるのかもしれませんし。

アイドル>このエピソードは主人公いなくてもどうにかなった気すらしますしね。それ抜きでも前のエピソードのが良かったですね。まあエピソードに当たりもあれば外れもありますか。
名無し太郎
2018/05/30 01:54
>ゼロの日常
現時点ではまだ何ともいえませんが。もしかしたらこの作品では、コナン君は「敢えて表立っては出さない(顔出しNG)」方針なのかもしれません。

>第九の波濤
「長崎×精霊流し」といえば、やっぱりさだまさしが浮かびますよね。
なんばみやこ
2018/05/30 04:58
>名無し太郎さん
>銀の匙
とりあえずしばらく連載されそうなのは良かったなと

>MAJOR
まあ中一だし仕方がないかなと

>BE BLUES
なんか直接対決ありそうな流れだけど怪我展開だけは勘弁して欲しいところ

>アイドル
たしかに主人公ほとんど関係なかったもんなー
TALKING MAN
2018/06/04 23:27
>なんばみやこさん
>ゼロの日常
そこらへんはやっぱ原作者の匙しだいってとこですかね

>第九の波濤
ですねー
TALKING MAN
2018/06/04 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー26号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる