TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン6号)

<<   作成日時 : 2018/01/15 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

はじめの一歩(週刊少年マガジン6号)
Round 1207 布団の中で
巻頭カラー

とりあえず復帰確定なのは分かったがパンチドランカー疑惑をどうするつもりなんだか

それにつけてもクミちゃんホントいい娘やのう。




杖ペチ魔法使い♀の冒険の書
あわ箱、全34話最終回
最終話 もう一度 旅に出てもいいですか?

まさかのいきなり最終回、いや確かに終わりそうな引きではあったがホントに終わるとは。

わりと好きだったんだがま致し方ないかね、兎にも角にもお疲れさまでした。




東京卍リベンジャーズ
ひでえ話だ……。

ちなカスタムバイクは兄貴が弟の為に用意していたバイクというオチがつくんですね分かります。


彼女、お借りします
なんでこの主人公がこんなにモテるんだ、マジで意味が分からない。


DAYS
水樹△。


先生、好きです。
三浦糀、新連載第2回
どストレートすぎて何だかなあと思わないでもないが連載的には間違ってないんじゃないでしょうか。


七つの大罪
なるほど祝福ってそういう、でも故郷を滅ぼされたってそれはいいのか?


ダイヤのA
お、鳴宮×御幸バッテリーの伏線キタコレ。


ドメスティックな彼女
このさわやかイケメンはいかにも理想に足を取られるタイプっぽいというか。

でルイはルイの方でも細めイケメンが登場と、あーこれ最初は反発するも焼け木杭には火が付いたナツオとヒナの関係に嫉妬したルイが転んじゃう展開ですわ。


あひるの空
ハイ減ページ減ページ、とはいえ次号載りそうなだけマシかね、ま分からんけどなー。


ランウェイで笑って
おおそう来ましたかこれはたしかに面白い趣向だな>審査

後見開き良かったです。


ランウェイで笑って(3) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2018-01-17)
売り上げランキング: 460


星野、目をつぶって。
そして舞台は東京へと、こら先生も出てきそうね。


風夏
何この『君のいる町』オールスター、とりあえず作者は楽しそうだなあと思いました。


不滅のあなたへ
フシきゅんとここまで深くかかわって生き残るとはやるじゃないかトナリ。

リアルアカウントは休載。

次号、大今良時『不滅のあなたへ』が巻頭カラーで、他長門知大「将来的に死んでくれ」が出張読み切りが登場。

週刊少年マガジン4・5号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
杖ペチ>非常に残念ですが魔王を本当に倒せる気がしないし、仕方ないですね。完結かネタ切れだと思いたいです。まだ1年未満なのに打ち切りにしては掲載順が高過ぎますし。

東京卍>仮に見つからずに盗めていたとしてもマイキーが喜ぶわけないのに、こんな事があったらマイキーに何をされても文句言えないレベル。ここまでくると敵になってマイキーにフルボッコされるのが望みとか考えてしまいます。
ただ中1とはいえ、盗難車押しつけられるとか知ってなくても地獄でしかないですね。

彼女>ダメ人間が好みなマニアックな趣味と考えるしかないですね。ただ相手も大概ですが。メインヒロインとハゲの友人以外はロクなのがいないです。

大罪>前回の自分が早とちりでしたが、マジで外道ですね。

ダイヤ>成宮もあんな表情するんですね。御幸にはケガフラグも見えた気がして不安です。相手がわざとじゃないのが確実なだけに尚更です。

ドメスティック>言われてみたら理想がかなり固定的で良い人間ですが窮屈に感じそうです。

ランウェイ>これはえげつないですよね。ライバルだからといって過小評価したら見る目がないという事で審査員のマイナスになりかねないですし、それを恐れて高く評価しても同じこと。
かといって完全に感情を排除とか出来ないですし、個人の嗜好もありますし。
名無し太郎
2018/01/15 23:39
>杖ペチ
マガジンはタマにというかわりと謎なのよね

>彼女
いやメインヒロインも理由はどうあれ嘘ついてるしどうだろうみたいな

>ドメスティック
いかにも自分の理想を押し付けそうだなあと

>ランウェイ
ですね、だから面白そうというか
TALKING MAN
2018/01/16 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン6号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる