TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー9号)

<<   作成日時 : 2018/01/30 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

MAJOR 2nd(週刊少年サンデー9号)
第125話 塁に出ろ!!
巻頭カラー

大吾の中の人誰よと思ってググったらわりと新人なのね>藤原夏海

つか『東京喰種トーキョーグール:re』で六月役も決まってるんだ、売り出し中すなあ。

本編の方はギアが上がったわりにはポコポコ打たれる卜部ェ…。

というわけで完全に限界を思わせる卜部を見るに、何やら思わせぶりな引きとはいえここはストレートに逆転勝ちだと思われ。




キング・オブ・アイドル
Song31 恐怖の一夜! 夏のNEMSの鬼子母神!!
何この薄い本が捗りそうなお話、いいぞもっとやれ。

いやもう処女をこじらせた元アイドルな熟女とか最高じゃないですかー。


隕石少女 メテオガール
Final Impact おかえりなさい
石山り〜ち、全34話打ち切り最終回

えーとオレがここ最近で唯一途中で読むのやめちゃった漫画なんで特に書くことはないですハイ。


古見さんは、コミュ症です。
だからバッセンなのかなるほど>鬼に金棒


だがしかし
そういやついに製造終了とかで梅ジャム回がサンデーうぇぶりで限定無料公開されてるとか。


マリー グレイブ
センターカラー
これは狙ってるのか偶然なのか(笑)>オークさんが「いい眺めだねェ、気に入っだァァ…」の次ページに天野めぐみの半ケツ


第九の波濤
ましょうもないオチなんだろうなあ。


魔王城でおやすみ
とげちゃんマジお父さん。


魔王城でおやすみ(6) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2018-02-02)
売り上げランキング: 65


探偵ゼノと7つの殺人密室
犯人が指揮官だったのは想定通りとしてその引き金を引いたのはお前だったんだよなオチはほーそう来ましたか的な。


保安官エヴァンスの嘘
基本アホだけどやる時はやるのよねこの二人。

保安官エヴァンスの嘘 3: ~DEAD OR LOVE~ (少年サンデーコミックス)


舞妓さんちのまかないさん
スコッチエッグ美味そうです。


初恋ゾンビ
あーもう江火野ちゃんも指宿きゅんも可愛いなあほんとに。


あおざくら 防衛大学校物語
ある意味タイマン張ったらダチみたいな?


天使とアクト!!
とりあえずおめでとうではあるが告白する事も出来ないまハートブレイクな天央ちゃんェ……


湯神くんには友達がいない
他の漫画ならラブコメ展開を期待する引きなのだけどでもこの漫画だからなあ、でもまそこはかとなく期待したいところだったり。


絶対可憐チルドレン
さらっとコナンネタが。


妖怪ギガ
切ねえ。

BE BLUES!〜青になれ〜、アラタカンガタリ〜革神語〜、RYOKO、銀の匙 Silver Spoon、名探偵コナンは休載。

次号、ひらかわあや『天使とアクト!!』が巻頭カラーで、漫画/菊田洋之 監修/内村航平「THE SHOWMAN」が出張掲載で登場。

週刊少年サンデー8号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
MAJOR>流石に小学生時代とはいえ全国常連の元レギュラー陣を最後まで抑えきるのは無理でしたかね?まあ、いくら実力あっても打たれる時は一気に打たれる作品ですが。
眉村(父)なんて7回までパーフェクトピッチングから一気に4点取られましたし。

アイドル>胸がでかいし、本当に色気ありますよ。

マリー>狙ったのは編集側でしょうね。

第九>ぶっちゃけ、名前読んでも本人には情けない場面ですしね。

探偵>オチに関しては読めませんでした。

あおざくら>近藤が土方に対して思ってた事を言ってくれました。まだ何も知らないからスパルタで教えられてる。

アクト>まあ自分から身を引いて、両想いだと教えた時点でふっ切ってるでしょう。奪うという考えはないんですよね。
名無し太郎
2018/01/30 21:10
>major
アニメ、さすがに前と同じ人にはしなかったのか…。
さすがにここで負けって形にはしないんでしょうね
あさると
2018/01/30 23:11
>天使とアクト
かといって。「天央にいきなり他の男をくっつける」展開はご勘弁願いたいところ。
ラブコメでたまにありがちな「サブキャラ同士、マイナーキャラ同士くっつけてあげました」系オチって、私はあまり好きじゃないんです。「サブキャラ信者、マイナーキャラ信者に作者が忖度してあげました」感が見え見えで。サブキャラ信者、マイナーキャラ信者からすれば「無理矢理でもいいから○○ちゃん/君を誰かとくっつけてください。○○ちゃん/君がこのまま一生ぼっちだなんて、私耐えられません……うっうっうっ(嗚咽止まらない)」なのでしょうけれど。
なんばみやこ
2018/01/31 21:53
>名無し太郎さん
>MAJOR
とはいえ流石に扱いがなあ

>アイドル
良いよねえ ちな作者のブログ見たら同人誌にインスパイヤされたとかw

>アクト
いやあホント天使でしたわ
TALKING MAN
2018/02/06 20:35
>あさるとさん
>major
まあ勝ちフラグ半端なかったしねえ、で次に強いとこと当たってぼろ負けするのがセット的な
TALKING MAN
2018/02/06 20:37
>なんばみやこさん
>天使とアクト
いわゆる総カプ問題ですね。

でもまあ霞ヶ谷との流れは出来てるし個人的にはオッケーかなあ
TALKING MAN
2018/02/06 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー9号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる