TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン8号)

<<   作成日時 : 2018/01/28 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ドメスティックな彼女(週刊少年マガジン8号)
第172話 新たな挑戦
巻頭カラー

官能小説で釜揚げ豆腐とかかまぼこて、萎えるわアホか。

しかしアレだな、冒頭サラッと妹に嘘ついてるヒナだけどこの爆弾はどこまで引っ張るのやら。




はじめの一歩
Round 1208 木の葉
はっきり引退しますって言っちゃったよ、どうすんだこれ。

強いて言えばパンチドランカーじゃなかったって所にどんでん返しの芽はあるんだが一歩の言ってることにはめっさ説得力あるからなあ、ま自分に言い聞かせてるだけかもなんだが。


あひるの空
第568話 BIG TIME CHANGES 75
長い、本当に長かった対妙院高校戦がついに決着。

長期休載も手伝ったとはいえまさか3年越しになるとは当時には夢にも思ってなかったぜい、流石にやりすぎだろう、何でどうしてこうなった。


東京卍リベンジャーズ
現トップに対し「東卍のトップにオレはなる!!」ってどう考えてもケンカ売ってるとしか。

まマイキー的にはそこが良かったんだろうけどさ。


彼女、お借りします
なんぞこの展開>レンカノな好きな女に付き合えと言われたから友達のレンカノだった女と付き合うことになったでござる


ダイヤのA
小野△。

つっても本番では出番がないだろうからここでフォーカス当てとこ的な感じではあるんだろうけれど。


七つの大罪
〈四大天使)が絶対裏切るに1万ガバス。


先生、好きです。
いやちょっと待て、百歩譲ってカツラはアリとしても足出してたら即バレるだろう常考。


ランウェイで笑って
まあたしかにマンガ的には意表は突かれたんだけど、現実的にこの引っ掛けは流石にどうなんだ。


ランウェイで笑って(3) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2018-01-17)
売り上げランキング: 318

ランウェイで笑って(4): 週刊少年マガジン


マコさんは死んでも自立しない
センターカラーで一挙四話とか。

とするとけっこう人気あるって事なんだろうか。


星野、目をつぶって。
シリアス展開と思いきやきっちり分かりやすいサービスシーンを入れてくるあたりが実にマガジンしてるなあと思いました。


炎炎ノ消防隊
ジャガイモオタクのママンの畑が荒らされてるのは伏線なんだよねやっぱ。


風夏
もしかして最初からこれが狙いだったのか?>リストバンドを持っていればお互いの会場を行き来できる


川柳少女
まったくイチャコラしやがってからに、つかほんのりじゃなくてがっつりエロいと思うの。

川柳少女(4) (講談社コミックス)


青春相関図
ん、もしかせんでもまとめに入ってる?


不滅のあなたへ
いい話で締めたと思いきややっぱまだ出てくるのねあのストーカー。

オマケ
金田一少年の事件簿R
イブニング版読んだけど結局ほとんど変わってないよなあ、とりあえずと結婚してるかどうかが気になるところ、後高遠って何やってんだろなあ的な、まあムショ入りなのかもだが。




次号、大久保篤『炎炎ノ消防隊』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン7号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドメスティック>せめてマシュマロあたりですよね。まあ食い物にされるだけでも微妙ですが。
そもそもこの姉妹、爆弾だらけな気がします。姉を諦めさせようと嘘ついた妹に、元彼で妹の彼氏にいまだに未練があり前回もある姉。

あひる>全国ですらない1試合と考えると異常な長さですよね。
大抵の漫画の長編より長い。

彼女>好きな相手を守る為に必要とかの事情は分かりますし仕方ないんですが、自分の意思もあるのか怪しいレベルで決断人任せ…相変わらず酷い主人公(笑)
まあ彼女(仮)も酷いですが。

ダイヤ>1年の時のマッスル先輩も、出番ありませんでしたしね。速球止めるのは簡単にしてた程に高いレベルだったのに…

先生>本人も「広葉樹林に針葉樹を隠すようなもの」とか言ってましたね。よほど毛を薄くて、足が細いんでしょうか…

ランウェイ>学園長にすらいじわるとか言われちゃってますよ。
まあ天才先輩はモノローグでは誉めてるのに、口では主人公を嫌ってる人もドン引きの酷評とか敢えてしてるフシがありますが。

風夏>狙ってたんでしょうね。ただ両方同時に見て判断なんてのが不可能でしょうから最初見てない方に移動するのは、最初見た方が期待値以下だった場合だけなような…

青春>でしょうね。主人公が馬鹿だし、随分前から詰んでたと思います。母親に暴露とか言った時は「娘より信頼されてる自信あんのかよ、嘘つきとしか思われないし、アリバイあったら尚更」としか思いませんでした。
名無し太郎
2018/01/30 04:21
>名無し太郎さん
>あひる
まあ実質最終回やってるからってのもあるんだろうけどさすがになあ

>先生
いちおう男男はしてないですけどねえ

>ランウェイ
アレは主人公を試すために絶対わざとやってると思われ>天才先輩

>青春
とまれとっとと早く終わってくれるにこしたことはないなと
TALKING MAN
2018/01/30 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン8号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる