TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン35号)

<<   作成日時 : 2017/08/07 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

血戦の久遠(週刊少年マガジン35号)
第1話 扉の向こう
枩岡佳範、新連載巻頭カラー

誰だっけかと思ったらああラグビー漫画描いてた人ね

うーんまあこの前のラグビー漫画よりかは良さげだが、でも正直趣味かといえばだな…。




不滅のあなたへ
#34 閉ざされた死地
拳闘暗黒伝フシ編スタートみたいな。

でも不死身がバレたらマジでヤバいだろうに、どうすんだよこれ。


8月アウトロー
最終話 8月のアウトロー
宮田大輔、全31話打ち切り最終回

色々突っ走ったなあ的な。

個人的にはけっこう気に入ってただけに残念だけど前回のラグビー漫画よりかは格段に進歩してたんでぜひ次にも期待したいところ、まああればだが……。


8月アウトロー(3) (講談社コミックス)
宮田 大輔
講談社 (2017-08-17)
売り上げランキング: 13,206


楽々神話
最終話 神様だから
椿太郎、全17話打ち切り最終回

こっちも終わりですか。

ま作画といいお話といいぶっちゃけ打ち切り自体は至極妥当(序盤のあの謎プッシュは何だったんだぜ)ではあるんだが、途中までのゆるゆるグダグダ展開自体はこれもまた個人的に嫌いじゃなかったんでこれに懲りずに次回も頑張って欲しいなあと思ったことであるよ。

楽々神話(2): 週刊少年マガジン

マガジンヒロイン総選挙
なっちゃんが1次選考4位ってちょっと意味が分からないんですが、後2位には素直にびっくり。


ドメスティックな彼女
おお今回は普通に面白いじゃんとか思ってたら引きェ…。


彼女、お借りします
あいかわらず趣味ではないんだがこのテンポよく畳み掛けていくスタイルは良いんじゃないでしょうか。


ベイビーステップ
エーちゃん△、これはさすがに勝つ流れっぽいがさてはて。


風夏
バンドマン3日会わざれば刮目してみよ的なアレですか、まあ三笠に関してはマジで誰だよとも思ったが。


DAYS
まさか幼馴染だったとは。


七つの大罪
元々死んでるしある意味因果応報とはいえだ、親友を最愛の彼女が握りつぶすって作者ドSすぎんだろ。


ダイヤのA
まあそれぞれの道的な、とまれ日付的にはまだ一か月あるとはいえそろそろというかやっとこさ予選編開始かね。


川柳少女
水着回キタコレ。


川柳少女(2) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2017-07-14)
売り上げランキング: 703


杖ペチ魔法使い♀の冒険の書
センターカラー&一挙二話
マガジンの一挙二話はあてにならんとはいえ今回はどうやら本当に人気出てそうか。


ランウェイで笑って
スタッフも大概とはいえそもそもなんでそんな靴入れとくかね。


星野、目をつぶって。
おーなんか一気に話が進んだのう、まあ眼鏡ちゃんは置いてきぼりなわけだが。


星野、目をつぶって。(7) (講談社コミックス)
永椎 晃平
講談社 (2017-08-17)
売り上げランキング: 3,545


ワールドエンドクルセイダーズ
チョロインすなあ。


おはようサバイブ
次回最終回と。

はじめの一歩、あひるの空、金田一少年の事件簿Rは休載。

次号、春場ねぎ「五等分の花嫁」が新連載スタート。

週刊少年マガジン34号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>アウトロー
結構続いた方だと思う

>ランウェイ
報連相は確実に

>サバイブ
ようやくか
突っ込んだら敗け
2017/08/08 00:12
血戦>ラグビーってあれですか。自分もラグビーやってるのにそんなに興味湧かなかったくらいですしね。

8月アウトロー>好きではあるんですが、同じ雑誌の主力に野球漫画がある時点で厳しかったのと強くしすぎて苦難を作りにくかったとかがあると思います。主人公単体取ったらほとんど最強ですし。

楽々>仕方ないですが、流石に同時に連載終了は厳しすぎると思います。

マガジン総選挙>まあ他は恋愛メインですし、むしろスポーツものでそれに割って入ったと考えたら凄いですよ。特に1位と3位は本番やってるという圧倒的アドバンテージありますし。まあ川柳は恋愛メインか考えてしまいますが、ほぼ毎週ニヤニヤ展開ありますし。

ドメスティック>この作者、ギャグでもやっていけるんじゃないでしょうか?

ベイビーステップ>クリシュナもこのセットの何処が悪かったか見直してますから最終セットはあれそうです。

DAYS>確か世代別の日本代表でもキャプテンとエースでしたよね?その2人がずっと同じってほとんど反則じゃないですか?まあ加藤は碇谷についていこうとしたら日本代表になったのだとは思いますが。

ダイヤ>今回のを見ると降谷の先輩に対する尊敬も分かりますよ。やりたくない理由で「皆の方が上手」は特に良かったです。それだけ周りをリスペクトしてるのに独りよがりになるのは責任感が強すぎるんですかね。
名無し太郎
2017/08/08 22:06
>突っ込んだら敗けさん
>アウトロー
たしかにまあなんだかんだで半年持ったともいえますな

>ランウェイ
この漫画色々ツッコミどころありすぎるのがなあ

>サバイブ
いやホントに>ようやくか
TALKING MAN
2017/08/09 00:07
>名無し太郎さん
>血戦
ほお>ラグビーやってる

>マガジン総選挙
1位はともかく3位はまだやってない気がw

>ベイビーステップ
大体やることはやった気がするんで第3セットはサクサク進んで欲しいところ

>DAYS
キャラデザはともかく主人公みたいな設定だよなあとw

>ダイヤ
まあいろんな意味で真面目過ぎるんでしょうねえ
TALKING MAN
2017/08/09 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン35号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる