TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー22・23号)

<<   作成日時 : 2017/05/01 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

まじっく快斗(週刊少年サンデー22・23号)
日輪の後光の巻〔前編〕
2億冊突破記念、3号連続掲載

いきなり正体バレで引くとか、なかなか初手から飛ばしてますな。

つっても当然のごとく変装でしたで誤魔化すんだろうけどさ。




妖怪ギガ
佐藤さつき、新連載センターカラー
完成度は新人離れしてて読ませる(特に二話目の次が気になるところ)んだが、いかになんでも妖怪オムニバスはニッチすぎる気がするの。


第九の波濤
第2話 釣りが好きなあの子
草場道輝、新連載第2回

えーとたしか水産学部が舞台のキャンパス物なんだっけか。

この人のサッカー漫画は好きだっただけに個人的には長い目で見たいんだけど正直このペースでは不安しかないのだった。


保安官エヴァンスの嘘
CHAPTER3 賞金稼ぎは期待する
栗山ミヅキ、新連載第3回
おお早くもメインヒロインを出してきましたか、

まノリが完全に『かぐや様は告らせたい』だったりはするんだけどこれはこれで面白いから無問題ということで。




競女!!!!!!!!
HIP177 終尻!!!!
空詠大智、全177話最終回
限りなく打ち切りっぽいとはいえある意味らしいラストではあったよねとか思ってたらブログに爆弾が投下されてたでござるの巻。

サンデー編集部のこれまでを考えるとそれなりに説得力はなくもないんだが正直おもんなかったからなあ、あの謎アニメ化がなければとっくの昔に打ち切られてたことを考えれば終了自体は致しかなたいよねと、とまれお疲れさまでしたです。


天野めぐみはスキだらけ!
心も身体もほっかほっかと。


古見さんは、コミュ症です。
何このお父さんファッションショー、というかリボ払いダメ。ゼッタイ。


MAJOR 2nd
ほう他の女子もけっこうやるのな、ただあのおデブちゃんと三年生の人はダメそうな予感。


舞妓さんちのまかないさん
あーそうか舞妓さんって携帯も持てないのか、またしかに見られちゃうとイメージがなあ。


BE BLUES!〜青になれ〜
ポールがいかにもやらかしそうで不安だったんだがどうやら囮要因で済んだ模様、いやあ良かった良かった。


だがしかし
サヤ氏可愛いよサヤ氏、がしかし肝心のココノツが完全にほたるさんに向いてるのがだな……。


初恋ゾンビ
何気にグイグイ来てる江火野ちゃんもタロウが隣の席になって嬉しい指宿くん、どちらも実に可愛くてもうね。

さてはて三角いやイヴもいれて四角関係の明日はどっちだ。


あおざくら 防衛大学校物語
目キラキラさせてるとか、部屋長のシスコンっぷりも相当だが乙女ちゃんのブラコンぶりも相当ね。


常住戦陣!!ムシブギョー
今週のラストシーンでギルクラのあのシーンを思い出したのはきっとオレだけじゃないはず。


GUILTY CROWN Blu-ray BOX(完全生産限定版)
アニプレックス (2016-04-27)
売り上げランキング: 4,993


サイケまたしても
アナに抱きとめられるとか役得じゃねえか平安、まつってももう一周するかもだが。


BIRDMEN
おおフィオナちゃん久しぶり。

とまれあいかわらず面白いんだがまた一か月待ちってのが悲しいです。


柊様は自分を探している。
どう考えても迷走してるよなあこの漫画、というかぶっちゃけ今までの西森博之作品で一番つまらないです。


トキワ来たれり!!
ようするに元気玉ですね分かります。


だめてらすさま。
戦い終わって設定バラし回的な。

ホントだったらもっともっと引っ張る予定だったんだろうなあ……。

だめてらすさま。 2 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon、アラタカンガタリ〜革神語〜、絶対可憐チルドレン、RYOKO、名探偵コナンは休載。

次号、若木民喜略称「K・O・I」が巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年サンデー20号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>妖怪
読み切りならともかくこれで連載はちょっと辛い気がする。やがてあの二人が出会って子供や孫に世代交代して現代に近付いたりするのかな?

>第九
長いプロローグだなぁ。プロローグだよねこれ?

>競女
むしろ良くここまで続いたと思う。冷遇はされたのかも知れんがアニメ化自体がタナボタみたいなもんでしょ。

>てらす
派手さが足りないのかな?特にエロ方面で。
突っ込んだら敗け
2017/05/02 01:51
>まじっく快斗
とにかくあの住職がどう考えても怪しい。胡散臭さ半端無いので、キッドにはなんとしてでも住職を成敗して頂きたいところです。
なんばみやこ
2017/05/02 22:59
保安官>ヒロイン、もしくはライバル(今回は両方兼ねてますが)を出すのが3話というのは結構昔の王道ですよね。
競女>個人的には説得力低いかと。打ち切りっぽくのわりに、ボスは引退するの以外全員倒してライバルと相討ちってストリートファイターのコンビニコミックとかでもありました、むしろ一般的な完結の1つですし。ボスも2人目以外は時間かけてますし。売り上げと掲載順を無視したら「打ち切りじゃない」と見なす人が普通にいる内容。
古見さん>このお父さんは無口ですが娘さんより大分分かりやすいですね。
MAJOR2>いくら強豪と言っても眉村姉弟が来るまでは卜部がエースだったドルフィンズと同じくらいのチーム出身で更に年下ですからね。小学生と中学生て投手の球速も全然違いますし。更に睦子は卜部や小松の球ならガンガン打てる選手。
それに本当に凄くて名門とか言うならシニアに入ってるのが普通でしょうし、シニアで埋もれるなら弱いチームでお山の大将をしようという連中に思えます。
中1だから6年の卜部より速いものの、同学年なら似たような速さで更に卜部の真骨頂のコントロールや投球術のない超劣化卜部(今のところ)ですね。
名無し太郎
2017/05/05 13:36
>突っ込んだら敗けさん
>妖怪
特にオムニバスってあたりハードルが高そうだよなと

>第九
釣りのシーン事体は嫌いじゃないんだけど展開の遅さはやっぱ気になるところ

>競女
ほんと謎だったよなあと>アニメ化

>てらす
テイストは前作とあんま変わってないんでやっぱ設定ですかねえ
TALKING MAN
2017/05/08 00:16
>なんばみやこさん
>まじっく快斗
あからさまですよねえアレw>あの住職
TALKING MAN
2017/05/08 00:18
>名無し太郎さん
>競女
まあ打ち切りは打ち切りなんだろうけど本文で書いたとおり致し方ないかなと

>古見さん
どうやって社会人やってるんだろうと突っ込みたくはなるけどまそこはそれということでw

>MAJOR2
条件につられたってのあるんだろうけどたしかに実力が抜けてたらそうでしょうねえ>本当に凄くて名門とか言うならシニアに入ってるのが普通
TALKING MAN
2017/05/08 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー22・23号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる