TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン19号)

<<   作成日時 : 2017/04/16 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

川柳少女(週刊少年マガジン19号)
第28句 七々子、演じる
巻頭カラー

連載当初から推してただけにこの人気は嬉しい限り、本編の方はいきなりくしゃみぶっかけプレイて初手から飛ばしてるなあと思いました(ぉ

それはそれとして部長のフンドシコスなぜカットしたし。


川柳少女(1) (講談社コミックス)
五十嵐 正邦
講談社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 1,461


楽々神話
第2話 イイとこがない
椿太郎、新連載第2回
個人的には2話目もいい感じだと思うんだがさてどうなりますか。


トモダチゲーム
原作/山口ミコト 漫画/佐藤友生、読み切りセンターカラー
kindleで一巻無料だったから読んだけどひたすら悪趣味だなあとしか。




ベイビーステップ
まさかのファーストセットダンゴ決着とか。

昨日の苦戦というか実質敗戦展開から一転してこれだもの、そら渡邊さんも愕然としますわな。


ベイビーステップ(44) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 24


DAYS
臼井△。

しかし大柴や君下は兎も角水樹でもダメなのな>即レギュラー

でもまたしかにまだサッカーあんま分かってなくて諸刃の剣だからなあ、その分伸びしろがあるとも言うが。


8月アウトロー
センターカラー
ファインプレーまでは合ってたけどその後にこう来ましたか、なるほどそういうタイプのピッチャーだったわけね。

で今回の引きだけどま普通に考えるとパスボールオチだよなあと。


風夏
来週は袋とじですね分かります。


ランカーズ・ハイ
このタイミングで一挙二話ですか、さてこれはどっち(人気上昇or打ち切り)のパターンかね。


東京卍リベンジャーズ
やっぱ改変されてんのね、でもだったらなんで主人公は変わってないんだ?


七つの大罪
また守れなかったでござるの巻。

今更だがキングには辛すぎる体験だよなあ今回のタイムリープ。


星野、目をつぶって。
学ラン似合いすぎだろ、というか着こなし的に自前としか思えないんだが。


あひるの空
外野は好き勝手言ってくれるのう>でもここ何年か全国は行ってないんだろ

いやだってこの漫画を読んでるとその道のりの長さだけは実感できるからなあ。


ダイヤのA
いきなり別の試合始まったんで一瞬キンクリかよと思ったじゃねえか。

というわけでもうしばらく覚醒沢村の活躍が見られる模様、いやま最後は打たれちゃう可能性もありそうだけどさ。


はじめの一歩
呉越同舟にも程がある升席ワロタ、つか八木さんわざとやってないかこれ(笑)?


不滅のあなたへ
おリーンなかなかいい娘じゃん、でも流れ的にいってリーンかばって今度こそグーグー死んじゃいそうな予感。



生徒会役員共、HIGH&LOW g-swordは休載。

次号、前原タケル「おはようサバイブ」が巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年マガジン18号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>川柳少女
部長はただでさえいろいろ怪しい人なのに、フンドシ姿になったら冗談抜きで変態になっちゃいますよ(笑)。

>ダイヤのA
先輩方の活躍や沢村の奮闘の中で、「しあいでたい」のオーラがいい感じにド直球でウケました。
なんばみやこ
2017/04/16 17:46
あひる
時計止める為にわざとファウルしましたがヤスのあと1分だろどうってことねぇってのが延長戦フラグのような
だって試合前に空とモキチが練習してた必殺技の空吉スペシャルがまだ出てきてないのだもの
今回とも子ちゃんや月島先輩が観戦してますがその辺の描写がまだそんなにないのでもう一波乱ありそうな気が
プリモ
2017/04/16 18:53
>なんばみやこさん
>ダイヤのA
基本マイペースなんだけど、今回はわりとガチな焦りも垣間見せてたあたりもポイントかなと
TALKING MAN
2017/04/17 23:39
>プリモさん
正直延長戦は勘弁してほしいんですが、たしかになあ>必殺技の空吉スペシャル
TALKING MAN
2017/04/17 23:40
川柳少女>最初から好きでしたが、多少マニアックだと思ってたので不安もあったんですが、人気があって嬉しいです。
トモダチゲーム>悪趣味系ですね。一部に受けるタイプ。シャードックとかやってた作者らしくない作品です。
ベイビーステップ>半分ゾーンに入ってる感じですかね。当時完全に格上だった難波江にもゾーン入ってる最中はほとんどポイントも取られない位のやりたい放題でしたし。
DAYS>臼井が頭が良く、どんなチームの戦いかたでも対応出来るというのが一番デカイと思います。水樹はチームカラーに合わないんでしょう。あくまでもストライカーでパスとか記憶にないですし。
七つの大罪>最初のバンとキングに被りますね。キングの成長が試されます。
あひるの空>特に神奈川には全国大会でも上位の強豪が揃いすぎてますし。
ダイヤのA>これが選抜でも出来ていたら…
選抜では力出せずに終わってしまいましたし。
はじめの一歩>真柴がいなければ何とかなるような気もします。千堂は宮田とスパーもしてますし、宮田に言われて納得もしてますし。何より真柴は宮田とも千堂とも仲が悪い。
名無し太郎
2017/04/18 00:42
>トモダチゲーム
これが映画化されるあたりがまた謎というかなんというか、いや続き読めばもしかしたら面白いのかもだけど

>七つの大罪
成長見せましたねえ

>ダイヤのA
選抜で何もできなかったからこその今なんでしょうねえ

>はじめの一歩
まあ真柴と仲がいいのって板垣ぐらいだしねえw
TALKING MAN
2017/04/23 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン19号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる