TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン18号)

<<   作成日時 : 2017/04/09 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

楽々神話(週刊少年マガジン18号)
第1話 神様は遊びたい
椿太郎、新連載巻頭カラー

サンデーで『だめてらすさま。』が力尽きようとしているなかまさかマガジンにその遺志を継ぐものが現れるとは(ぉ

ただまあ設定のテンプレさは兎も角、新人のわりには結構読ませて個人的にはわりと好印象だったり。

強いて言えばできればあんまバトルには寄せてほしくないかなと、とまれ頑張っていただきたいです。


ドメスティックな彼女
第136話 卒業式
表紙&袋とじ
ほんに辞めおったのか、袋とじ(制服プレイより顔射ワロタ、後アレはどこを責めてたんでしょうかね)読むかぎりよりを戻す気満々だし、いよいよここから姉妹のドロドロが始まるわけね。




6センチの絆
#14 10区 大手町
原作/安達士朗 漫画/中島真、全14話打ち切り最終回
途中区間をぶっ飛ばしたと思ったら最後はオリンピックまでぶっ飛ばすとか。

まあある意味清々しいほどの打ち切り最終回だなあとは思いました。


FAIRY TAIL
アンナ先生ねえ、そういやそんなキャラも居たような。


DAYS
水樹ほんといいとこねえなあ、まつっても全ては後半の爆発への伏線なんだろうけど。


8月アウトロー
どう考えてもあの久勢ってのがファインプレーでゲッツーオチだよなあ。

とはいえ普通に面白いんで無問題なのであった。


8月アウトロー(1) (講談社コミックス)
宮田 大輔
講談社 (2017-03-17)
売り上げランキング: 22,811

8月アウトロー(2): 週刊少年マガジン


東京卍リベンジャーズ
とりあえずそれなりに改変されてそうなんだがさて。


川柳少女
次号巻頭カラーとか、ホントに人気あるようでいやあ良かった良かった。


川柳少女(1) (講談社コミックス)
五十嵐 正邦
講談社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 6,648


七つの大罪
とするとあのゲラードは一体、普通に死んでないだけなのか、それとも何かしらの魔術で生き返ったのか。


不滅のあなたへ
てっきりいいご臨終だったと思いきや普通に生きてたでござるの巻。

フシきゅんも食い物製造というサバイバル的には超便利なスキルを身に着けたことだしどうやらまだまだ続きそうねグーグー編。


はじめの一歩
一歩の対戦相手はスラム出身か、こらまた長くなりそう……。

久美ちゃんは女してましたなあ、もうさっさとやっちゃえばいいのに。


ダイヤのA
前にも書いたけどすっかり逞しくなっちゃってまあ、これは主人公ですわ。


ダイヤのA act2(7) (講談社コミックス)
寺嶋 裕二
講談社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 242


星野、目をつぶって。
うーむこういう展開になっちゃうのかあうーむ…。


リアルアカウント
リアアカGO編やっとこさ終了、そういやこれが始まったのってポケモンGOが人気絶頂の頃だったか。


あひるの空
10ページて、まーた落としそうになったわけね。

ちな代わりの代原はあまりにもバカバカしすぎて不覚にも笑っちゃったい>赤瀬冬馬「戦場彼女ツナちゃん」

ベイビーステップは休載。

次号、五十嵐正邦『川柳少女』が巻頭カラーで、他原作/山口ミコト 漫画/佐藤友生『トモダチゲーム』が読み切りで登場。

週刊少年マガジン17号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>七つの大罪
グロキシニアの神器に便利回復形態があったから命だけは助かったのでしょうね。…本当に「だけは」ですけど。
キララ
2017/04/09 19:33
>川柳少女
次号は巻頭からじわじわ攻めてくるのかと思うと今から楽しみです。

>ダイヤのA
「強いライバルが、頼れるバックが、投手を成長させる」この王道展開、熱くなりますね。

>6センチの絆
駅伝含め陸上の長距離走って、基本的に地味で地道な競技ですからねえ……ぶっちゃけ、掲載紙がマガジンでなくても打ち切りは喰らってたと思います。
なんばみやこ
2017/04/09 19:38
ドメスティック>妹って策を弄して姉カップルを崩壊させてますしね。とられ返されても文句言えない。そもそも妹は付き合ってるの言ってないし、取られても「知らんがな」としか言えない。
DAYS>他の試合では無双してるくらいなんですがね。水樹がやられてると「どんだけ強いんだ?」って感じますね。今までこんなに抑えられてたことなかった。
はじめの一歩>どうですかね。今までのポンチャイ相手の復帰戦と沢村相手のケガ明けである意味復帰戦と言える唐沢相手には不安材料をいくつも挙げてたにもかかわらず、圧勝劇でしたし。
名無し太郎
2017/04/09 23:43
>キララさん
>七つの大罪
ああ、なるほどだからああいう>本当に「だけは」ですけど
TALKING MAN
2017/04/10 00:36
>なんばみやこさん
>川柳少女
初期から推してたんで素直にうれしいです

>ダイヤのA
いやホントに、ただここまで長かったよなあとも思うけどw

>6センチの絆
まあいちおう『奈緒子』という成功作もあるんですがやっぱねえ
TALKING MAN
2017/04/10 00:42
>名無し太郎さん
>ドメスティック
なるほど、またえらい突き放しましたなw

>DAYS
相手はスラダンで言えば山王レベルって感じですからねえ、ここまでハードル上げて次どうすんだ的な

>はじめの一歩
だといいんですが>圧勝劇
TALKING MAN
2017/04/10 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン18号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる