TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ15号)

<<   作成日時 : 2017/03/14 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

腹ペコのマリー(週刊少年ジャンプ15号)
ペコ3 おやつの時間
田村隆平、新連載第3回

お互いに意思疎通できる設定なのはいいんだが、やっぱこの設定だとマリー(中身)の出番少なくなりそうね。

ま、その辺は作者も重々承知だろうから大丈夫だろうけれど。


Dr.STONE
Z=2 FANTASY VS SCIENCE
原作:稲垣理一郎 作画:Boichi、新連載第2回センターカラー
いやあ今回も文句なしの面白さ、連載二回目で石化解除薬を作っちゃう展開の速さもジャンプ的には全然オッケーだし、これはまじめに行けるかも。


火ノ丸相撲
第136番 バカとバカ3
センターカラー
やはりこうなりましたか。

対格差もあったとはいえ一度見せた裏技は通用しない的なオチ(いやま裏技は言い過ぎだけどトリッキーな技なことは間違いないしさ)は『帯ギュ』の千駄谷学園戦を思い出してわりと納得できるのであった。

でこの後の展開だけど、桐仁当然勝ち、ユーマさんお約束負けで部長にバトンタッチと予想してみる。

火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス)


食戟のソーマ
第206話 ようこそ決戦の地へ
なるほどこのサプライズのためにあえて描いてこなかったと、ただ美作参戦はちょっと予想外だった(残ってたんだこいつ的なアレで)ぜい。

さて初戦、あからさまに必勝が必至な組み合わせなところは気になるも、でも後で司無双がありそうなことを考えるとやっぱ勝つよね。


月光のアルカディア
八木教広、読み切りセンターカラー
うーむ……いやま絵柄をジャンプ向けにアジャストしてきたのは正解だとは思うがお話がテンプレというか引っかかるところがなさ過ぎてなあ。


エンジェル伝説 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-10-12)
売り上げランキング: 48,499

エンジェル伝説最高!!


ONE PIECE
表紙巻頭カラー
呉越同舟とはまさにこのことかみたいな。

カラー扉絵に関しては稲垣理一郎復活記念という事でよろしいか。


ハイキュー!!
「春高に来れてよかった」な日向の表情がイケメンすぎてもうね、いやあすっかり成長しちゃってまあ。


ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)
古舘 春一
集英社 (2017-03-03)
売り上げランキング: 49


約束のネバーランド
どうやらノーマン生存フラグが立ったといっても過言はなさそう、いちおうトランクにも例のシスタークローネの置き土産もちゃんと入ってるみたいだしさ。

しかしとするとだ、ママが実は某メーテルみたいなキャラ設定だったんだよって事なんかねこれ。


僕のヒーローアカデミア
途中まではその態度はどうなんよと思わせておいて、一連の流れにちゃんと気づいてるシーンを入れてミリオ先輩の見せ場を作るあたりは上手いよなあと。


青春兵器ナンバーワン
イイハナシダナー(笑)。

いやあ今回も最初から最後までキレッキレだもんなあ、ホント毎週楽しみですわ。

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)


ぼくたちは勉強ができない
正直漫画としてはあいかわらずイマイチなんだけどうるかちゃん(ま、あの「ひゃんっ」は理珠なんだろうけど)可愛いんでまあ的な。


鬼滅の刃
センターカラー
去り際の土産に二人共きっちり落としていく炭治郎……恐ろしい子!


ポロの留学記
これはもうダメかもわからんね、その1。


ブラッククローバー
ああエルフね、なるほど。

しっかしマルス、目的は平和国家とはいえ何気にすごい事言ってんなオイ。


U19
これはもうダメかもわからんね、その2。


斉木楠雄のΨ難
ホントに続かんとは。


ゆらぎ荘の幽奈さん
今回の千紗希ちゃんいくらなんでもやる気満々すぎやしませんかね、特に二度目の妄想は薄い本がめっさ厚くなりそうなんですが。


左門くんはサモナー
まさかのマステマ召喚展開とか、でもたしかに前回のシリアス展開と繋げてきたのはナイスでしょ的な。

ただ使役できないならネビロスが受肉してたのは一体、いやまたしかに召喚され続けるだけウザくはあろうけどさ。

ゆらぎ荘の幽奈さん 5 (ジャンプコミックス)


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
ツッコミどころは色々あれどとりあえずなんで英語なんだよと(笑)>Get out of here!

ワールドトリガー、HUNTERXHUNTER、銀魂は休載。

次号、藤巻忠俊「ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)」が表紙&巻頭カラーで登場。

週刊少年ジャンプ14号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
週刊少年ジャンプ15号(2017年)感想
 (言えない……。カナヲちゃんのコイン投げで、バトルロワイヤルの桐山を思い出しただなんて言えない……)週刊少年ジャンプ14号(2017年)感想はこちら※以下、ネタバレ注意 ...続きを見る
ネオ天草のジャンプ感想日記
2017/03/14 22:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>stone
やっぱりキャラが立ってるから面白いです。
とにかく先が気になりますよねコレ。
千空はまんまヒル魔ですよね(笑)

>鬼滅
天然ジゴロキタコレ(笑)
>U19、ポロ
不快と空気ですよねぇ…。
U19とか能力要素とか意味あるの?と

>勉強
なんか薄味な印象。
でもうるかが出て何とか動いた感
あさると
2017/03/14 20:42
>stone
ほんとキャラが立ってるし先も気になるし面白いよなあと

間違いないw>まんまヒル魔

>U19、ポロ
ポロは作画もあんま趣味じゃないのがなあ

>勉強
まあ読めるんだけど面白くはないんだよねえ
TALKING MAN
2017/03/14 21:13
>ソーマ
美作はどこの勢力だったかどうかすら記憶曖昧です…

>マリー
ぱっと見、腹ペコがトリガーというより、マリー様側に切り替えの主導権握られているようにも見えます。まぁ事実どうかはわかりませんが
キララ
2017/03/14 22:28
>ソーマ
まあ今は普通にソーマの仲間と言っていいんじゃないかと

>マリー
なるほどそういう見方もあるかも

TALKING MAN
2017/03/17 00:03
ドクター・ストーン>まだまだやることはありますし、長く続ける意味の少ない所は連載初期にはドンドン飛ばした方が良いという見本ですね。
火の丸相撲>TALKING MANさんの予想通りに勝敗が決まりました。自分の予想とは違ってましたが、すぐに「そんなヤワなチームじゃねーさ」とチヒロの考えの成長とチームの成長を魅せる熱い台詞。
ワンピース>なんだかんだで呉越同舟はよくありますが、大抵は後で仲良くなるのに今回は敵のままだろうと思えます。
月光>読み切りだから、複雑な展開を避けて持ち味を出せなかったのもあるかと予想。スクエアジャンプだったり、冒険物みたいにしなければまだエンジェル伝説みたいな特殊漫画が出来たかもしれませんが。
名無し太郎
2017/03/17 11:13
>ドクター・ストーン
ジャンプだとやっぱ飛ばしすぎぐらいの方がいいですからねえ

>火の丸相撲
桐仁戦も楽しみです

>月光
まあエンジェル伝説はある意味一発ネタなんで難しいだろうけどまたギャグ物も読みたいなあと
TALKING MAN
2017/03/18 07:13
腹ペコのマリー・家なき子のマリー。
マリーの姿になっているため、家に帰れないタイガーくんの運命はいかに・・?
ヒロインの一人であるアンナさんが予想以上に意識していましたね。
竹丸
2017/03/18 20:26
その辺のラブコメにはやっぱ期待したいですね
TALKING MAN
2017/03/22 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ15号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる