TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン10号)

<<   作成日時 : 2017/02/11 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ランカーズ・ハイ(週刊少年マガジン10号)
第1話 「良心」は母親の腹に置いてきた
中島諒、新連載巻頭カラー

ものっそい既視感があると思ったらなるほど以前に同内容の読み切りが載ってるのね、サイト内検索かけても出ないあたりどうやらその号の感想は書いてないみたいだが。

とりあえず個人的には作画といいお話といいあんま好みじゃないのを差し引いても先行きは厳しそうな予感。




不滅のあなたへ
#12 集める者、奪う者
新ヒロインはまさかのババアとか(笑)。

そしてこの謎な引きである、あいかわらずマイペースすなあ。


ドメスティックな彼女
第百弐拾八話 桃色偽装計画
センターカラー
ほら来た>ただいま…帰って来ちゃった…

それにつけてもおっぱいマウスパッドの全サとかマガジンの編集部って一体。


ドメスティックな彼女(12)特装版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)
流石 景
講談社 (2017-02-17)
売り上げランキング: 5,074


ACMA:GAME
第191話 執行
やっぱこうなっちゃうのね。

でもイノルってこの後どうするつもりなんだろか、全知の力なしではどうにもならん気がするんだけど。


ダイヤのA
へえ御幸っていつの間にかそんな事になってるんだ>世代NO.1捕手


川柳少女
んーやっぱ三角関係になっちゃうのか、どうせなら百合の方にだな。


DAYS
くそ暑いインハイにおいてこのポジションでMVPってのはたしかにすごいかも。


8月アウトロー
あのギャル良く取れたなあんなボール。


七つの大罪
ここでゴウセルと来ましたか、それにつけてもあのおっぱい天使チョロいやのう。


風夏
『卒業』シチュエーションをやりたかったのかもだが、しょうもないすれ違いの挙句にこんなことやられてもなんだかなあとしか言いようがないのだった。

それはさておきあのジャーマネはなんで落語できるんだ(笑)?


星野、目をつぶって。
お、引きもだけどそこにもってく流れがなかなか。


はじめの一歩
まーだ引っ張るのかよこのネタ>お前壊れているんじゃないのか?


徒然チルドレン
次号カラーで発表ありって一体、まさかアニメ化だったりするんだろうか、でもまさかなあ…。


VECTOR BALL
あの口調なのは結局素って事なのか、それともあえて真似てみたって事なのか。


ベイビーステップ
ここで百分割とか、なんかナツいです。

次号、鈴木央『七つの大罪』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン9号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>新連載
ジャンプでやってたUBSにも似てますよね。
長く続くような感じには…ですが
あさると
2017/02/11 18:43
ランカーズ・ハイ。
とりあえずヒロインの出番が多ければいいので・・!
竹丸
2017/02/11 19:05
星野、目をつぶって。
アイドルの話は一回終わり、次回は松方さんの話になりそうです。久々の出番に嬉しい。やはり彼女が話の軸になりそうです。
イブニングでも二話掲載をよくやっているので、読むと面白いです。
竹丸
2017/02/11 19:12
アクマゲーム・裏切り者。
照朝はいつも気の毒ですね。何としてもここで終わらせてほしいです。
竹丸
2017/02/11 19:14
ドメスティック>まあ、前彼とキチンと決着つかない状態を今彼が騙して終了させた形なので関係滅茶苦茶になっても自業自得とも…
アクマゲーム>確かに全知無しでは厳しいでしょうが、今の若返ったイノルなら全知に耐えられると計算して、全知の入手に走るのかも。既に組織力は凄いですし。
ダイヤのA>まあ御幸以外で凄い捕手ってほとんど卒業した連中しか思い浮かびませんし。それに甲子園の盗塁阻止のタイムはプロでも凄いと評価されるレベルでしたし。
8月アウトロー>確かあのギャルはソフト部で助っ人になった理由も挑戦とガチ勢の理由ですし、そこそこレベル高いはず。
ベイビーステップ>かつて難波江相手にやったプレーですね。もっとも、当時とは比べ物にならない能力なので、あの時と違い自滅か勝利かでないため期待感が半端ないです。
名無し太郎
2017/02/12 01:13
>あさるとさん
ああそういえばたしかに、でもUBSと比べてもちょっと…
TALKING MAN
2017/02/12 01:16
>竹丸さん
>ランカーズ・ハイ
あんま出番なさそうな

>星野、目をつぶって
ぶっちゃけアイドル編はイマイチだったんで今回の話には期待したいところ

>アクマゲーム
ま終盤は終盤なんでしょうな、たぶん
TALKING MAN
2017/02/12 01:20
>名無し太郎さん
>ドメスティック
とりあえず真実を知ったとき義理の母親の人が倒れそうな気がw

>アクマゲーム
まあさすがに何かしら策があるんでしょうがさて

>ダイヤのA
そういやそうかも、まこれから出てきそうではあるが>卒業した連中しか思い浮かびませんし

>8月アウトロー
全然記憶にねーw>ソフト部で助っ人になった理由も挑戦

>ベイビーステップ
勝つ展開としてはこれしかないってのもあるしねえ
TALKING MAN
2017/02/12 01:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン10号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる