TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ9号)

<<   作成日時 : 2017/01/31 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

銀魂(週刊少年ジャンプ9号)
第六百二十一訓 七の段に気をつけろ
連載13周年突破記念表紙&巻頭カラー

というわけで思えば長くもきたもんだな連載13周年突破記念回は満を持しての次郎長登場回、見事に決まって文句なしの格好良さだったことであるよ。




食戟のソーマ
第200話 特訓開始!
センターカラー
なるほどある意味この組み合わせは本番のシミュレーション的な、いやだってあの十傑のメンバー同士にチームワークがあるとはとても思えんからなあ。

まあつっても今回はいまだ中村の呪縛にとらわれたままのえりな様の解放と覚醒がメインテーマなんだろうけど。


火ノ丸相撲
第129番 鬼丸国綱と童子切安綱、再び4
なにやらノリが完全に最終回というかラストバトルなんですけどラストバトルなんですけど(大事なry

とはいえなんぼなんでも天王寺がこのまま何の技出さないまま負けちゃうのもなんだし、なによりまだ決勝戦残ってる事を考えるとまさか新連載6連発(なかではやはり田村隆平@べるぜバブの新連載が楽しみ)のあおりを食ってなってことはさすがにないよねないよね(大事なry


阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ
原作/マツキタツヤ 漫画/宇佐崎しろ、読み切りセンターカラー
個人的にはけっこう楽しめたけどこれジャンプでやられても(強いて言えばちょっちヒロアカっぽいかも)なあ的な。

後この母親のアレっぷりはさすがにどうかと思いました。

いやだって別に家に連れ込まんでいいだろうに、まあもしかしたら外泊はしないってのがこの母親的には守るべきことだったのかもだが。


ONE PIECE
プリンのあのマムの前での態度が意味深に思えなくもないのだがさて。


鬼滅の刃
あいかわらず掲載順たかっ、ここまでくると先々のアニメ化ももしかしたら夢ではないのかも。


僕のヒーローアカデミア
あー「サー」ってこういう系のキャラなんだ、ランク的には何位ぐらいなんだろか。

そしてついにこいつら出会っちゃったかー、やはりというかハードモードなインターンになりそうね。


ハイキュー!!
ふむ、予想外にあっさりミスで決まったと思いきやいまや絶滅危惧種らしい天井サーブの使い手だったと来ましたか。


左門くんはサモナー
マスター泣かすぜい、ま実際『ガヴリールドロップアウト』の某マスターよりかは圧倒的に恵まれてるしなー。

あそうそうさよならドラえもん的な展開からこの何とも居たたまれないオチにはワロタ。


ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-03-24)
売り上げランキング: 225


背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
もしかしたらもうちょっとだけ続くのじゃよかなとちょっちだけ期待してたんだが如何せん6inじゃなあ……実際今回もいい最終回すぎるしさ。

ちなみにひらりんのパートナーが二年生って事は結局一年時は相手見つからなかったのね。




斉木楠雄のΨ難
そういや野天湯へGo!という番組があってだな、それにつけてもよっさんのサービスシーンはマジで誰得すぐるだろうに(笑)。


ゆらぎ荘の幽奈さん
今回は雲雀のターンだったわけだが、ここまで分かりやすくとらぶる展開に徹せられると滑り台以前の問題なんでもう笑うしかないのであった。


青春兵器ナンバーワン
こういう系の下ネタはあんま好きじゃないんで個人的にはイマイチかな、とはいえぜひ生き残ってほしいところではあるのだった。


青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)
長谷川 智広
集英社 (2017-02-03)
売り上げランキング: 3,040


歪のアマルガム
おーこの壊れっぷりはなかなか。


オレゴラッソ
どうやら今回もジンクスは破れずと、まあここ最近がイマイチなのは確かなんだが出来うるならもう少し長い目で見てほしかったぜい。


デモンズプラン
しょぼっ、本領しょぼっ。

ワールドトリガー、HUNTERXHUNTERは休載。

次号、筒井大志「ぼくたちは勉強ができない」が表紙&巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年ジャンプ8号の感想はこちらから


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>ゆらぎ荘の幽奈さん
突発性ハレンチ症候群がコガラシさんにも。と言うかさすがにこれはやり過ぎ。

>新連載
田村先生はラブコメも十分いけると思うので楽しみです。個人的にニセコイスピンオフの作者の新作も期待してます。
neo
2017/01/31 23:38
>ゆらぎ
前に雲雀は小手川さんポジと書いた記憶ありますがそのまんま小手川さん…。
ラストはさすがに引きましたw

>ゴラッソ
6INじゃなかったら続いた…?のかも。
さすがにキツい状況というかついてないかと
あさると
2017/01/31 23:55
ソーマ>更にこれで十傑が負けてもおかしくない下地が出来た。
ワンピース>マムに対して悪態つく必要性皆無ですし。
ハイキュー>かつては世界を制したサーブですからね。その後対策され過ぎて使えなくなり、使い手がいなくなり対策もしなくなったからまた有効になったという感じですね。
サモナー>ガヴリールの方はバイトも客も1人除いてかなり悲惨ですからね。対してネビロスもクズ君も平均以上の存在。
背すじ>むしろ円満終了するから6inが可能になったのかも。最強を倒す土井垣、上を貪欲に目指す八巻、スポーツの楽しさを彷彿させる土屋と3種3用の主役を魅せてくれましたし。というか、掲載順がそんな後ろな作品でもないですし、まず打ち切りではないでしょう。
名無し太郎
2017/02/02 00:31
>neoさん
>ゆらぎ荘の幽奈さん
まあでもこの辺のあからさまさもまた人気の所以なんでしょうねえ

>新連載
ああ来週の人、なんかやたらラノベちっくなのがちょっち不安な気もするけどさて
TALKING MAN
2017/02/03 20:16
>あさるとさん
>ゆらぎ
ですねえw>そのまんま小手川さん

>ゴラッソ
まあさすがに編集から話は聞いてたと思いたいところですね、でもよりにもよって軌道に乗るのに時間がかかるスポーツ物ってのがなあ
TALKING MAN
2017/02/03 20:39
>名無し太郎さん
>ソーマ
ですね>十傑が負けてもおかしくない下地

>サモナー
ああ見てるんだガブリールw

>背すじ
たしかに限りなく円満終了っぽいんだけどやっぱ惜しいですわ
TALKING MAN
2017/02/03 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ9号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる