TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー7号)

<<   作成日時 : 2017/01/14 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

舞妓さんちのまかないさん(週刊少年サンデー7号)
第2話 まかないさんは16歳
小山愛子、新連載第2回

飯物系漫画がサンデーにも登場、漫画的にはまだ何とも言えないが作画はわりと好みなんでそこはかとなく期待したいところ。


ちろり(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-04-30)
売り上げランキング: 127,130


ハヤテのごとく!
最終章 What A Wonderful World 7 「The Wrath of God,in All its Fury」
ナギのセリフ的に何か思い出すなと思ったらアレだ「さようならドラえもん」。

そしてこの引きである、とまれ終了時期が決まったかどうかは知らんがさすがに展開が早くなってる模様。

ハヤテのごとく! 50 (少年サンデーコミックス)


ジンメン
カトウタカヒロ、出張掲載第1話
なんだこれ。

いやまたしかにそれなりには読ませるんだけどさ、ぶっちゃけ趣味じゃないんで間違っても本誌には来ませんように。


双亡亭壊すべし
表紙&巻頭カラー
俺のドリルは天を創るドリルだ的な。


双亡亭壊すべし 3 (少年サンデーコミックス)
藤田 和日郎
小学館 (2017-01-18)
売り上げランキング: 194


トキワ来たれり!!
センターカラー
なんだかんだで連載100回か、後はどこまで続くかだけどさすがに今回は200回までもいかないかね。


マギ
いやホント誰だっけかこいつ(笑)>このネルヴァ様がな!!!


魔王城でおやすみ
今更かもだがこのモノローグ妙に既視感あると思ったらグルメ系の奴か。


あおざくら 防衛大学校物語
引っ張って引っ張ってまさかの非モテこじらせオチとか、さすがにこれは斜め上ですわ。


初恋ゾンビ
個人的には触手より目隠しの方がだな。


天使とアクト!!
ここ最近なんか話進まんなあと思ってたんだがプリキュア(違)編スタートを巻頭カラー回に合わせたかったわけね。


天使とアクト!! 9 (少年サンデーコミックス)
ひらかわ あや
小学館 (2017-01-18)
売り上げランキング: 4,787


境界のRINNE
おおりんねがこんなに儲けるなんて、これはレア回すなあ。


BE BLUES!〜青になれ〜
この追い込まれた状況で限界のその先を求めるとか、さすが世界を知る男だぜい。


サイケまたしても
問題はシミュレートしてないここからなわけで。


常住戦陣!!ムシブギョー
おうここで忘れたころの蟲狩りリーダー見参と来ましたか、たしかによく考えると身内の不祥事は身内が肩をつけんとな。


電波教師
あ最終章だったんだやっぱり、とまれそれなりに盛り上がってきたんでこのまま突っ走れますように。


絶対可憐チルドレン
今回のキモはやはり兵部のこの思わず迸ったこの本音だと思うの>勝手なのもいい加減にしろ!! 僕を置いていく気かッ!!!

銀の匙 Silver Spoon、MAJOR 2nd、名探偵コナン、アラタカンガタリ〜革神語〜は休載。

次号、大高忍『マギ』が表紙で、ひらかわあや「天使とアクト!!」が巻頭カラーで登場。

週刊少年サンデー3・4号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トキワ>普通に考えると200回って結構な作品ですけどね。
マギ>レーム帝国最高のネタキャラ、ネルヴァ様ですよ。戦争当時、大国レームの皇帝の息子にして金属器使いという大物みたいな立場のクセに、レームで唯一魔装出来なかったネルヴァ様です。一応ジンに選ばれてるはずですが、小物っぷりが半端ないネルヴァ様です。
あおざくら>まあ嫌われキャラなんで、皆からカッコいいなんて思われる理由じゃなくてむしろスッキリしました。
BE BLUES>ここから先勝つには進化が必要なんでしょうね。
名無し太郎
2017/01/15 02:05
>トキワ
前作が前作でしたからねえ

>マギ
とりあえず一番謎なのはなんでこいつが洗脳されてないかですな

>あおざくら
まあたしかにw>皆からカッコいいなんて思われる理由じゃなくてむしろスッキリしました
TALKING MAN
2017/01/17 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー7号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる