TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊ヤングジャンプ3・4号)

<<   作成日時 : 2016/12/23 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

キングダム(週刊ヤングジャンプ3・4号)
第499話 手にする想い
連載500回直前記念巻頭カラー

ラスト、満を持しての王騎の矛の継承シーンはなかなかに来るものが、個人的にもやっぱあの頃が一番ハマってたしさ。

それはさておき王センが昌平君に頼んだことって何なんだろか、ストレートに信関係と思わないでもないんだがまだ現状アウトオブ眼中っぽいしなあ。


キングダム 44 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-11-18)
売り上げランキング: 102

キングダム 45 (ヤングジャンプコミックス)

群青戦記 グンジョーセンキ
第155話 天魔と、天命
おう知ってもなおこの態度と来ましたか、この辺はさすが織田信長ってところですな。

で秀吉が打った手は鬼武蔵と兵一万と、いやあ盛り上がって参りました。

つってもまあメタ的にいって信長が討てるのは間違いないんだけどさ、どっちかというと問題はその後だよね、現在の戦力で秀吉を筆頭とする織田家と全面対決って無理ゲーすぎると思うんだが。


元ヤン
第75話 白熊
ああ紀伊浪ってまだ居たんだ。

それにつけても陸王の死で不良だけでなく市民含めて薩摩全体パニックってほんとどんだけだよ(笑)。


彼女に合わせる顔が無い
磐秋ハル、読み切り
そういや何年か前に花とゆめで首がない王様と王女のラブロマンスみたいな作品がやってたなとか思ってググってみたらもう随分前に作者が癌で亡くなってた事を今頃知ってちょっといやかなりびっくりしたことであるよ。


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
結局元さやオチと、まこんだけ人気ある以上致し方ないわな。

かぐや様は告らせたい 4 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

ライカンスロープ冒険保険
おこれは良いテコ入れ。


東京喰種 トーキョーグール:re
茶番すなあ。

とはいえ全体的に言えば琲世編よりかはまだ今のほうが好みだったり。




フルドラム
まああの暴走バイク止めたこと考えればこれぐらい当然だわな。


銀河英雄伝説
ミュッケンベルガー元帥がやたら格好良くてワロタ。

とまれやっとこさ本編来るのはめでたいなり、ま、いこーる今回の話で初登場した彼が死ぬ話ともいうのだが。


リクドウ
試合前に金的て、でもほんとにやったらさすがに反則負けだろうから寸止めってことでいいんだよねこれ。


うらたろう
ここ最近いろいろ急展開過ぎる気が、まいちおう3号連続でセンタカラーもらってるから大丈夫だとは思うのだけど。


うらたろう 1 (ヤングジャンプコミックス)
中山 敦支
集英社 (2016-12-19)
売り上げランキング: 1,371


嘘喰い
できればなんとかどっちとも生き残るうまいオチを期待したいところだがさて。


源君物語
最近どこぞのマガジンでも読んだけどもし他人だったらなんぼなんでも似すぎだと思うの。


プリマックス
センターカラー
なんだこれ(笑)。


プリマックス 7 (ヤングジャンプコミックス)
蒼木 雅彦
集英社 (2016-12-19)
売り上げランキング: 2,401


巻頭&センター&巻末グラビア
サキドルエースSURVIVAL SEASON6

特別付録
キングダム 描き下ろし4コマしおり

ゴールデンカムイ、潔癖男子! 青山くんは休載。

次号、石田スイ『東京喰種 トーキョーグール:re』が巻頭カラーで、他サルミアッキ「ライフル・イズ・ビューティフル」が読み切りで登場

週刊ヤングジャンプ1号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
週刊ヤングジャンプ3・4号(2017年)感想
 合併号でゴールデンカムイが無いとかヤンジャン編集部は頭がどうかしちゃったんですかね。週刊ヤングジャンプ2号(2017年) 感想はこちら※以下、ネタバレ注意 ...続きを見る
ネオ天草のジャンプ感想日記
2016/12/24 18:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
キングダム>実際、王騎は凄く格好いいし自分の中では今でも最強の将軍だと思っています(贔屓目で見てるとは思いますが)。
李牧に敗北したのも、王騎は相手を知らないなど不利な点もありましたし、兵の数にもかなりの差がありました(王騎は10万、趙は元々12万に援軍10万)。ホウケンも圧倒してたりと個人の武力も凄くカリスマも半端ない。
王騎の存在がハマる要因だと思います。
名無し太郎
2016/12/25 22:22
結局あの後王騎以上のキャラクターが出てこないのがちょっち物足りない原因でもあるかなと、まあ無理を言ってるのは分かるんだけどw
TALKING MAN
2016/12/26 23:24
「忘却の首と姫」ですね。このサイトでまさか
その漫画の話題がでるとは。
リアルタイムで読んでましたよ。当時本誌で
亡くなったという報告が丸々1ページあって
衝撃をうけましたね。

最後は二人に子供が生まれてハッピーエンド
の予定だったとか。 描かれることはなかったけども
かな
2016/12/27 20:28
いや花ゆめ買わなくなってからもけっこうしばらくマンガ喫茶で読んでたんで、まああんま好みじゃなかったんでこの漫画はちゃんと読んでないのだけれども
TALKING MAN
2016/12/29 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊ヤングジャンプ3・4号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる