TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ44号)

<<   作成日時 : 2016/10/05 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

ゆらぎ荘の幽奈さん(週刊少年ジャンプ44号)
第33話 忍びの里のコガラシさ
センターカラー

季節ネタなのは勿論なんだが前作『恋染紅葉』のセルフネタと云えなくもないような>扉絵

しっかし既に累計50万部売ってるとか、やはり現状アンケもだけど何より単行本売上がジャスティスって事なのか。


ゆらぎ荘の幽奈さん 3 (ジャンプコミックス)
ミウラ タダヒロ
集英社 (2016-10-04)
売り上げランキング: 28


たくあんとバツの日常閻魔帳
最終頁 日常
井谷賢太郎、全20話打ち切り最終回

打ち切りにしてはそれなりにきれいにまとめてあってそう悪くはない最終回だったんじゃないでしょうか。

で敗因だけどやっぱストーリーというか設定がなあ、とはいえ好き嫌いはともかく作画は安定してたし師匠ゆずりのギャグセンスも時折光るものはあったんで次作に期待したいところ。


二界梵骸バラバルジュラ
芥見下々、読み切りセンターカラー
金未来杯エントリーNo.5
個人的には嫌いじゃないんだが、どこぞのアニメを寄せ集めたような設定といい癖があるうえ華が無さすぎる作画といいどう考えても人気は取れないと思うの。

さて金未来杯が終わったわけだが今年はというか今年も超不作、強いて言えば「BOY THE GOLD」だけど感想にも書いたように連載して上手くいくとはとても思えないわけで。


ハイキュー!!
表紙&巻頭カラー
うむ、きれいにまとめたやのう、それにつけても旭さんはホントヘタレすなあ(笑)>まぁ俺は優しく言ってもらいたくはある


僕のヒーローアカデミア
覚悟完了したお茶子ちゃん可愛いよお茶子ちゃん。

それはさておき士傑の奴らのエンデヴァーへの嫌悪は一体、ま過去にオールマイトを意識するあまり色々無茶してそうなんでその辺なんかね。


ブラッククローバー
普通ならもっと引っ張るところを1話で問題解決方法の提示まで進めちゃうあたりが実にこの漫画らしいよなあと。

それにつけてもフィンラルがそこまで惚れ込んでたとは、ま片思いで終わりそうだがなー>最強の相棒が見つかったと思ったのに……


左門くんはサモナー
お次回連載一周年突破記念センターカラー&第1回キャラ人気投票開催とか、『鬼滅の刃』も上がってるあたりシャッフルの可能性も微レ存とはいえどうやらとりあえずは大丈夫そうか。


左門くんはサモナー 6 (ジャンプコミックス)
沼 駿
集英社 (2016-10-04)
売り上げランキング: 173


約束のネバーランド
あれこれけっこう面白くなってきてないか。

どうやら何かしらの特殊能力を持ってそうなギルダの存在も含め素直に続きが楽しみになってきた今日このごろなのであった。


銀魂
真選組復帰でキレキレのギャグも復活、久々にさすが銀魂という仕上がりだったかと。


斉木楠雄のΨ難
デレたデレた、斉木がついにデレたよ!!


食戟のソーマ
センターカラー
いちおう葉山より格上設定のはずのりんどー先輩に田所ちゃんは勿論タクミも勝てるとはとても思えないんだがどうするつもりなんだこれ。


レッドスプライト
「似てる」ってわざわざ言及するあたり実は生き別れの姉妹(もしくはクローン)ってパターンが濃厚か>フォールと女艦長

まその設定が活かされるかどうかは神のみぞ知るのだけれども。


ラブラッシュ!
あーさすがに毎回新キャラ出すのはしんどいんでレギュラーキャラを投入してきましたか。

ツンデレケモノっ娘はわりとストライクなんだが正直遅きに失した感はあってだな。


火ノ丸相撲
部長vs合気道は正直意外だったけど、それ以前の問題としてだ、掲載順といいあいかわらず巻き巻きの展開といいこらマジに打ち切り宣告受けちゃったのかも。

ちなみに本編は想い人への愛比べと読めなくもないなあと思いました(ぉ

火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)


背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
これは素晴らしい退場劇、しかしこれほど描けてもなおジャンプでは厳しいというのが切ないのであった。

HUNTERXHUNTER、ワールドトリガーは休載。

次号、石山諒「歪のアマルガム」が表紙&巻頭カラーで新連載スタート。

週刊少年ジャンプ43号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
週刊少年ジャンプ44号 感想
 ひ、火ノ丸相撲……。 お前……、消えるのか? 今週はワンピース、斉木楠雄のΨ難、鬼滅の刃、ブラッククローバー、銀魂、僕のヒーローアカデミア、レッドスプライト、トリコ ... ...続きを見る
ネオ天草のジャンプ感想日記
2016/10/05 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
>ゆらぎ
まだまだジャンプでは上位の売り上げだったブリーチをああいう打ち切り方したりしてるので、ゆらぎはアンケートも結構取れてるってことじゃないですかねえ。
単行本が出る前からずっと掲載順は割と安定していますし。

>ヒロアカ
ただ、なんか口ぶりからするとエンデヴァーだけでなく轟くん自身のことも恨んでいる印象も。>「あの時とはいくらか雰囲気変わったみたいスけど、あんたの目はエンデヴァーと同じ」

>左門くん
とはいえ、ここ最近で1周年記念が巻頭ではなくセンターカラーだったのって、ソウルキャッチャーズとかクロガネくらいなんですよね……。
ハンセイ
2016/10/05 22:54
>ゆらぎ
何だかんだで画が綺麗でエロいってのは大きいんでしょうか?
被るラブラが大変ですが。
>相撲
さすがにすぐ打ち切りってのは無いと思いますが全国までかも
あさると
2016/10/05 23:06
>斉木
おっふするだけなら照橋さん初登場回ですでにしてるんですよね、まぁ吹き出しで描写するのは今回が初めてですけど。

>ゆらぎ荘
やっぱおっぱいは正義なんやなって斉木が言ってました(風評)
まぁ、現状はかのニセコイよりはるかに面白いと思っているので不思議じゃないですね、特に主人公が、主人公が(大事なことなので(ry
キララ
2016/10/05 23:23
>幽奈さん
売れてますねぇ
何気にただエロいだけじゃくてしっかり良い話にまとめてきてる回とかありますもんね
こゆずちゃん回とか

>銀魂
やっぱ近藤さんがいないと銀魂じゃないぜw

>火ノ丸相撲
部長熱い。ほんと面白い。
でもこれは部長負けそうかな。

>背すじ
完全に金龍院ペアのファンになってしまうくらい素晴らしかったですね。
金龍院さんはもちろん美乃梨さんもこんな魅力的なキャラに成長するとは。
しかし・・・主要キャラの掘り下げが入るってことはそういうことで・・・悲しい。
すごく面白い漫画なのになぁ。


プリモ
2016/10/05 23:24
>ハンセイさん
>ゆらぎ
ちょいと微妙に訂正w>アンケもだけど何より

BLEACHに関しては逆にアンケが長期低迷したせいって気がするんでやはりどっちも大切という事ですか

>ヒロアカ
入試の時の轟くんはかなりアレだったろうしねえ

>左門くん
それはまた……う〜む…>ソウルキャッチャーズとかクロガネくらい
TALKING MAN
2016/10/05 23:27
>あさるとさん
>ゆらぎ
ですなあ、後某ニセコイと違って主人公がイケメンだしw

>相撲
どうやらそれが濃厚ですねえ>全国まで
TALKING MAN
2016/10/05 23:46
>キララさん
>斉木
あそうだったんですか、それはまったく記憶になかったです

>ゆらぎ荘
楽の反面教師っぷりはガチw>特に主人公が、主人公が(大事なことなので(ry
TALKING MAN
2016/10/05 23:50
>プリモさん
>幽奈さん
ああたしかにここ最近だとこゆずちゃん回良かったですねえ

>銀魂
近藤さんとマダオはガチw

>火ノ丸相撲
部長のターンで終わってるのと逆転勝ちの方が盛り上がるって事を考えるとたしかにそっちの可能性が高そう

>背すじ
いやあ今回はホント読んでてグッと来まくりでしたわ
TALKING MAN
2016/10/05 23:58
>ラブラッシュ
ニセコイの逆張れば良かった…とはいかないのが難しい所か?
てかニセコイも序盤は評価高かったんですよねぇ…
あさると
2016/10/06 00:11
キムチ&文化祭まではめっさプッシュしていた今となっては懐かしい日々w
TALKING MAN
2016/10/06 21:46
トリコ・ペア介入。
ペアの協力により、アカシアを追い詰められそうですが、早くしないと、三虎がピンチに・・。
竹丸
2016/10/06 22:24
ゆらぎ>まだ発行部数が50万ですが、この巻数でこれだけ発行されてるって事は相当売れてるでしょう。既にアニメを狙える売り上げです。
まあストックが足りないと思いますが。
たくあん>前回の感想で「もうちょいやると思います」と言った直後に終了しました。こち亀がなくなって枠が足りないから新連載開始した週で終了だと思ってました。打ち切りでも無理矢理な感じがなく綺麗にまとまってましたよね。
ヒーローアカデミア>親に何かの感情あっても子供も同一視はいただけない。ヒーローを目指すなら尚更。
ネバーランド>元々がゆっくりやる作品ですから、毎回面白いというわけじゃなく、話を読んでる内に良さが滲み出るタイプだと思います。
ソーマ
タクミと田所2人が同じ相手なので、なんか人数によって有利になる特別なルールがあるのかも。2席ならハンデあっても勝てという感じで。反逆者の方が十傑より多いでしょうし。
名無し
2016/10/07 18:58
>竹丸さん
まあ何とかなるんでは、たぶんきっとおそらく
TALKING MAN
2016/10/08 00:01
>名無しさん
>ゆらぎ
このままいけば後一年後ぐらいにアニメ化来そうですね

>ヒーローアカデミア
ま、たしかに。でもまだ所詮子供だし仕方がないのかも

>ネバーランド
問題はそういう作風はジャンプではキツイとこですねえ

>ソーマ
タッグという発想は無かったです、さてどうなりますか
TALKING MAN
2016/10/08 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ44号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる