TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ40号)

<<   作成日時 : 2016/09/07 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

こちら葛飾区亀有公園前派出所(週刊少年ジャンプ40号)
部長御乱心の巻

ジャンプ発売に先駆けてこち亀42号で終了という激震が。

またしかにここ10年ぐらいマンネリの極地で面白いのは年に数作という状態ではあったとはいえだ、いざ本当に終わると思うとやはりというか寂しいものがあるのだった、なんつってもジャンプ読み始めてから唯一続いてる漫画だしなあ、昔は単行本も集めてたしさ。

いつもならまたこれかよという今回の部長怒鳴りこみオチももう見られないかと思うとだな。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)


レッドスプライト
第2話 赤い雷
屋宜知宏、新連載第2話センターカラー
う〜む…いや展開が早いのは良いんだがだからといって面白いかというとなんとも微妙なのがなあ。


僕のヒーローアカデミア
No.105 這い寄る士傑高校
いやあ、これまでの流れ的にいって完全にお茶子ちゃんとのラブコメタイムだと思ってたんですっかり騙されたぜい。

それにつけてもデクほんとに成長したやのう、まラストのツッコミには笑ったが>試験の後じゃ……駄目なのか!?


ワールドトリガー
第156話 王子一彰
オッサムあっさりベイルアウトとか。

もう少し見せ場があるのかと思ってたんだがでもま解説の通り実力的には致し方ないところかね。

とまれたしかにこの後は王子がどうするかだよなあ、パッと見玉狛と生駒を噛みあわせておいての漁夫の利狙いが一番良さそうな気がするのだけれども。


ワールドトリガー 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-09-02)
売り上げランキング: 10


Legacy
原作/平尾友秀 作画/依田瑞穂、読み切りセンターカラー
金未来杯エントリーNo.1
打ち切りだらけで死屍累々というのにまだ続けるんですかそうですか、ということで今年も金未来杯がスタート。

で内容だけど元アシなのかただのリスペクトなのかはよう知らんが兎にも角にもジョジョすぎてもうね。


ハイキュー!!
表紙&巻頭カラー
いわば修行パートをこれだけ長くやってきっちり人気取れるってのがさすがだよなあと思う今日このごろだったり。


ブラッククローバー
「すべては(いずれ私が手にするであろう)クローバー王国の繁栄の為に」みたいな?


斉木楠雄のΨ難
面倒くさい転校生来ちゃったの巻。

ていうかこれもしかして『デスノート』のパロだったりするんだろうか、新キャラなんかニアに似てるし。


食戟のソーマ
センターカラー
おおこれはマジになんか『ゴールデンカムイ』展開が来そうというかなんというか、アシリパさんみたいな少女が出てきたら笑うがさて。


ラブラッシュ!
サキュバスと言えば「となりのヤングジャンプ」で連載してる『憂鬱くんとサキュバスさん』ってのがなかなか良いんだこれが。


憂鬱くんとサキュバスさん 1 (ヤングジャンプコミックス)
さかめがね
集英社 (2016-09-16)
売り上げランキング: 177


約束のネバーランド
まだハードル上げるのね。

いやま敵側が無能じゃないのはこういう漫画でたしかに重要なんだが、あんまじっくりやっても人気的に難しそうなのがなあ。


ゆらぎ荘の幽奈さん
ふむここで過去編来ましたか。


背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
イイハナシダナー。

ということでここまで来たらさすがに勝って欲しいところだけどでもどうだろう、いやだって負けたほうが続けるモチベーションになりそうな気がするんだよね。


左門くんはサモナー
んー今回はいかにこの漫画推しのオレにもちょっとな不発回だったです、前回の引きから来てなんだよこのがっかり展開。

掲載順もあいかわらずだしこれはマジにヤバいかも。


トリコ
三虎△(ただし超マザコンではある)。


たくあんとバツの日常閻魔帳
ようするにバツと正反対の性格と>創平

まあ「お前になら殺されてもいい」という台詞的に究極のヤンホモという可能性も微レ存だが。

HUNTERXHUNTERは休載。

堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』が表紙&巻頭カラーで、他紅憲太「BOY THE GOLD」が読み切りで登場。

週刊少年ジャンプ39号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
週刊少年ジャンプ40号 感想
 まさか、こち亀が終わるとはなあ……。週刊少年ジャンプ39号 感想はこちら※以下、ネタバレ注意 ...続きを見る
ネオ天草のジャンプ感想日記
2016/09/08 20:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
>こち亀
秋本先生の命の限り続くみたいな考えがあった私には寝耳に水でしたねぇ>42号で終了
先生疲れたんだろうなぁと思ってたら、次回作の構想があるってんだから漫画家ってすごいなぁ

>読切
金未来杯出身でまともな連載できたのって、ベるぜバブとぬらりひょんの孫くらいしか思いつかないっすなぁ
キララ
2016/09/07 21:56
背筋
確かに負けた方が、続けそうですが有終の美も飾って欲しいので、どっちも捨てがたいです。
それよりもきれいにたたみ始めている気がしてならないのがつらいです。
それぞれの章できっちり最終回みたいにするから杞憂だと良いのですが。

左門くん
自分に正直になったてっしーを助ける(堕落させる)はカスのやりたいことっちゃやりたいことですが、前後編でやるほどでは無かったですね。やはり妹様をもっと出さねばとも思ったけど結構出ているしな〜

トリコ
三虎さんは本当に頼りになりますね。
会長は絶対に復活すると思ってたんですが、打ちきりじゃなければ復活したのか気になります。

金未来杯
確かに毎年死屍累々ですね。
絵はうまいですが、原作付きでジョジョはオリジナリティーが無さ過ぎて・・・
ゆうき
2016/09/07 22:10
こち亀
正直、50年まで行くのでは?と思ってましたが…。
まあ面白さが際立ってたのは50巻までくらいでしょうか?
ジャンプの象徴が消える訳ですからねぇ
あさると
2016/09/07 22:58
>こち亀
この漫画だけは打ち切りの心配も無く、ずっと続くと思っていたからこそ「今週つまんね」とか言えたり読み流す事も出来た訳ですしねぇ
マンネリ化してたとはいえ、連載数話で失速する漫画家が数多く居る中で40年はやはり化け物だったんだなぁと
タク
2016/09/08 11:50
こち亀・終わりに向けて。
こち亀終わってしまうのは悲しいです・・。唯一毎週載っていた作品だっただけに・・。主力作品が少ない少年ジャンプはピンチです。
竹丸
2016/09/08 20:50
トリコ・さらば・・ジョア。
圧倒的なまでに葬った三虎でしたが、ジョアも料理人の中でも強い実力でしたが、ここまでですね。
お疲れジョア。
竹丸
2016/09/08 20:56
こち亀
まあ、作者の意向であって人気の問題じゃないらしいですが、残念ではあります。
ワールドトリガー
B級上位のエースは皆A級レベルなので、修がワイヤー張ってない場所で戦ったらどうしようもないでしょう。もしかしたら緑川以上かもしれませんし(緑川は7位のチームでエースではない槍馬鹿と同じくらいなのでA級では平均以下レベルだと推測して)。
ネバーランド
頭脳戦タイプの作品なので、あまりサクサクいくのも作品破壊に繋がるが、ジャンプで人気出るのはサクサクな漫画が多いですからね。
背すじ
部長はスタンダードだけじゃなく、ラテンもあるので片方勝っても片方負けるのが一番続ける気になるんじゃないでしょうか?引き分けで終わるなんて絶対に嫌でしょうし。
名無し
2016/09/10 19:16
>キララさん
>こち亀
コミックスの収録数が増えた時に200巻で終わる予定って噂は聞いたんですがマジだったとは

>読切
鬼滅の刃の吾峠呼世晴も厳しそうですしねえ、まあ二作目は頑張ってる田畠裕基って例もあるんだけれど
TALKING MAN
2016/09/11 21:34
>ゆうきさん
>背すじ
何より掲載順がなあ

>金未来杯
そういや結局去年のは連載にもなってないんだよね
TALKING MAN
2016/09/11 21:36
>あさるとさん
やっぱりそれぐらいですかねえ、百歩譲っても精々100巻ぐらいまでですか>面白さが際立ってたのは50巻まで
TALKING MAN
2016/09/11 21:38
>タクさん
まあ現状はいろいろアレですが、トータルで考えればたしかにそれはそうだよなあと>やはり化け物だったんだなぁと
TALKING MAN
2016/09/11 21:41
>竹丸さん
>こち亀
ピンチかどうかはどうだろうかと思うけど世代をつなぐ作品が無くなるって意味では影響はありそうかなと
TALKING MAN
2016/09/11 21:42
>名無しさん
>こち亀
ああさすがにそういう事なんですか、でもまあいかにジャンプでもそうだわな>作者の意向

>ネバーランド
そうなんだよねえ、展開が遅くてもそれをカバーできるだけの面白さがあればいいんだけど現状そこまであるとは思えないのが
TALKING MAN
2016/09/11 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ40号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる