TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年サンデー26号)

<<   作成日時 : 2016/05/27 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

鬼ヲ辿リテ幾星霜(週刊少年サンデー26号)
第1話 西神鬼
兎中信志、新連載表紙&巻頭カラー

よく出来てはいると思うんだがこういう妖怪退治系もうお腹いっぱいでなあ。




古見さんは、コミュ症です。
オダトモヒト、新連載第2回
サンデー版『友達100人できるかな』みたいな?

でこの新キャラ幼なじみなんですが男なのか女なのかどっちなんですかね、なんか微妙に胸ある気がするんですけど。


あおざくら 防衛大学校物語
第4話 入校式
予想通りの展開とはいえとりあえずこれで右翼漫画のレッテルはそれなりにはまあ。

ただやっぱ『ヘブンズランナーアキラ』の方が好みだったです。


魔王城でおやすみ
第五夜 そこに塔があるから
最初はなんぞこれと思ったんだけどなかなか良いじゃないですか、ま『ダンジョン飯』あたりの影響がありそうな気もするけどさ(適当)。


マギ
これでとりあえず外伝の主人公がラスボスってのは回避出来そうか、まあアルバもアルバで前回なんかフラグが立ってるんで最終的に成仏(笑)しそうではあるけれど。


競女!!!!!!!!
センターカラー
今更ではあるがアニメ化ってちょっと意味分かんないです。


天使とアクト!!
センターカラー
ま隠すほどのものでもないっちゃ無いかもだがいちおうこの展開で扉絵とタイトルで完全にネタバレしてんのはどうなんだろうか。


双亡亭壊すべし
ぶっちゃけ導入部だけだったら『月光条例』の方がはるかに面白いと思うの。


なのは洋菓子店のいい仕事
最初は作者の趣味に走り過ぎてて駄目だろと思ってたんだが物語がセージの成長モノとして動き始めてからは毎週が楽しみに。

前作と違って恋愛要素控えめなのにこれだけ面白く出来るあたりは流石というしか。

なのは洋菓子店のいい仕事 5 (少年サンデーコミックス)

天野めぐみはスキだらけ!
サンデーらしいラブコメで嫌いじゃないんだけど個人的にめっさ好みかというと微妙にそうでもないというかなんというか。

ヒロインはともかく主人公がなあ……。


初恋ゾンビ
江火野ちゃん可愛いよ江火野ちゃん(後龍良い奴だよ龍)というお話。

だがしかしこういうジャンルで幼なじみが辿る結末と云えばだな。


柊様は自分を探している。
まだ引っ張るんかいこのネタ。

とはいえ久々にちゃんとした西森漫画が読めるのは嬉しい限り、まあの変な設定はどうかと思ったけどなー。


BE BLUES!〜青になれ〜
これは入らんな、そして今度こそカスラバさんくるー


BE BLUES!~青になれ~ 23 (少年サンデーコミックス)
田中 モトユキ
小学館 (2016-05-18)
売り上げランキング: 1,191


サイケまたしても
何この監禁調教モノみたいな展開。


ふれるときこえる
今んとこ拓海がホモ以外のオチが想像できないんだがどう持っていくつもりなんだか。


暁の暴君
これはこれで悪くないんだが対岩政戦程ではなかったなー。

ちなみに暁はアレだよな性格が悪いというか偽悪者な陸奥九十九的な。


湯神くんには友達がいない
やはり類は友を呼んでしまうのだったというお話、湯神くんに認められて張り切る門田が切ないです。 

あちひろちゃんは頑張れマジがんばれ。


キャラクタイムズ ゴールデン
やっとかよとしか言いようが無いのだった>最終回までアト5話


絶対可憐チルドレン
なんかここ最近掲載順的にすごくアレな気がするんですが大丈夫なんかねマジに。

アラタカンガタリ〜革神語〜、ハヤテのごとく!、銀の匙 Silver Spoon、MAJOR 2ndは休載。

次号、満田拓也『MAJOR 2nd』が表紙&巻頭カラーで登場。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
サンデー感想、心待ちにしてました……!

古見さんは、コミュ障です。
読切版はあんまりハマんなかったんですが、先週の黒板のシーンは割とよかったので期待してます
ただ個性が強い高校ってのはちょっと……キャラが多くなると胸焼けしそうですね

BE BLUES
あまり関係ないんですが、『重版出来』のドラマに田中モトユキが作中作を担当してる場面があるんですが、そっちの作品ではカスラバさんが主人公みたいな性格してて笑っちゃいました笑

ふれるときこえる
やっぱりホモオチですよね……違うオチなことを期待します
都落ち
2016/05/29 06:40
>古見さんは、コミュ障です。
ああたしかにアレは良かったですね>黒板のシーン

>BE BLUES
ほおw、見てないんで知らんかったです>カスラバさんが主人公みたいな性格

>ふれるときこえる
ここまで露骨だと違う可能性もありそうだけどさりとて他に説得力がある理由が難しそうなのがなあ
TALKING MAN
2016/05/29 16:39
>最終回までアト5話
まさかゴールデンの次はプラチナとかやらんだろうな?と疑ってしまう
突っ込んだら負け
2016/05/30 22:48
さすがにそれはないと思いたいところ、いやマジにw
TALKING MAN
2016/05/31 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年サンデー26号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる