TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ3・4号)

<<   作成日時 : 2015/12/23 16:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

暗殺教室(週刊少年ジャンプ3・4号)
第169話 登校の時間
表紙&巻頭カラー

またあっさりとまあ……そらま前座なのは分かってたけどこれまでの振りって一体と突っ込まれちゃうのは仕方がないわな。

で引きではウザいラスボスがついに登場しちゃいましたよと。

正直そんなに期待してないけどでもまそれなりには盛り上がりますように。

暗殺教室 17 (ジャンプコミックス)


左門くんはサモナー
第14話 左門くんは女性の身支度を三時間くらい待てる
ものっそい残念なサキュバスに輪をかけて残念なてっしーの友ヤーさん本格登場の巻。

なにやらハーレム化しつつあるのはちょい微妙な気がするも面白かったからオッケーということで、オチ担当のアンリ・マユの使い方といいとりあえず巻き添えでまたまた酷い目にあった挙句やわらかいゴミ扱いされる野次馬くんもいい味出してるんだこれが。

ちなみに流される女てっしーが
「な、何だか今日…帰りたく…なくなっちゃった…なっ…」
をやった時に左門くんが後ろ向いてるのは当然そういう事なのだろう、ラストもインフルのおかげでごまかせたっぽいしさ。

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックス)


ニセコイ
第199話 マジコイ
あーこれホントに終わりそうね。

とはいえ楽のクズっぷりを考えるとここからまだグダグダする可能性も無くはないだけに依然予断を許さないのであった。


クリメイターズ
原作/三条陸 漫画/椎橋寛、読み切りセンターカラー
う〜むついに作画担当オンリーになっちゃったのな、ジャンプ厳しいです、でもま前回のサッカー漫画がアレだったし致し方ないところか。

ただ今回の読み切りも完成度はそれなりに高いとはいえどっかで読んだような設定のパッチワークなうえ暗い話にいつもの暗い絵と来たらこらダメでしょみたいな。


僕のヒーローアカデミア
そう来ましたか、やっぱ情報駄々漏れじゃないですかあ。

それにつけても憑き物が落ちたのは良いんだがあまりにも優しくなりすぎる感があってちょっち不安が>轟


火ノ丸相撲
天王寺のラスボス感を見るに普通に考えれば準決で久世、そして決勝で天王寺ってところだけどさて。


斉木楠雄のΨ難
これはほんに酷いオチですね。


背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
今回もまた一生懸命さがきっちり伝わってくるダンスシーンが実に良いです。

あ動けるデブの人もキモかっこよかったですハイ。


ハイキュー!!
センターカラー
さすがに次回決着と思いたいところだがでもだったら何で今回センターカラーなんだろうという疑問も。


ブラッククローバー
ほんとテンプレすなあ、ブラコン兄貴に関しても当然戻ってくるんだろうし……たぶんきっとおそらく。


銀魂
ここでギャグかよ(笑)!!


食戟のソーマ
今回はなんといってもソーマの勝利に恋する乙女全開な緋紗子ちゃん、それを見て複雑な反応を見せるえりなっちなシーンが見どころだと思うの。

後一色先輩はやっぱ先のことを考えてたわけね、これはいよいよ学園の未来をかけての団体食戟戦クルー?


食戟のソーマ 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-01-04)
売り上げランキング: 62

表紙絵ワロタ


ものの歩
将棋モノだけでなく成長物語としても悪く無いんだがでもま状況を考えるとやっぱ厳しいか、なんつっても地味だしなー。

つっても打ち切り確定だと思われるバディストライクに加えてトリコとニセコイがマジに終わりそうなんでもしかするともしかするかもだが。

ものの歩 1 (ジャンプコミックス)


こちら葛飾区亀有公園前派出所
このアシ絵で美女絵とか言われてもだな……。


ワールドトリガー
なんつってもこれまでのランク戦での丁寧な描写があったからこそのこの盛り上がり感だよなあと思う今日このごろなのであった。

HUNTERXHUNTERは休載。

次号、尾田栄一郎『ONE PIECE』が表紙&巻頭カラーで、他藤巻忠俊「前衛のアーチャー」が読み切りで登場。

週刊少年ジャンプ2号の感想はこちらから


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
週刊少年ジャンプ3・4合併号 感想1
とりあえず、ワンピース、ワートリ、ヒロアカ、読み切りの感想だけ。以下、ネタバレ注意 ...続きを見る
ネオ天草のジャンプ感想日記
2015/12/23 17:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>ニセコイ
終わりに向かってるのは間違いないんですけど、今期の打ち切りまではあと5、6話くらいしかないので、さすがにそれで終わるのは考えにくいんですよねー。
周年で巻頭貰ったってことは未だそれなりの評価はあるってことでもありますし、来期の5月辺りの改編で終了って気がします。
つーわけでおそらくあと20話程度は小野寺さんと千棘を天秤にかけたり、絵本と鍵の話をグダグダすんじゃないかと。

>クリメイターズ
ダイの大冒険は名作だったんですけどね……。

>ヒロアカ
学園に内通者がいるのか、もしくは今回の合宿について届け出てるとすれば警察関係者か……。
ただ、USJの襲撃のときは、マスコミに紛れて学園に忍び込んで授業の予定表を盗んでいた(と推測されている)ので、内通者ではなくラグドールのような探知能力者が新しく加入したのかもしれません。

轟くんに関しては、今週ラストにも出てきた荼毘が轟君の兄という可能性もありそうですねえ。
似非ヒーローを憎んでいること、荼毘という火に関係した名前、火傷痕(?)ってことを考えると。
グッドマン
2015/12/23 17:58
読み切り
内容はともかく、ビィトの再開に涙が出ました。まさかのクリスマスプレゼントでした。

もののふ
巻いてるように感じたのは気のせい?ところでかづきの性別はどっちなんでしょう?

サモナー
大分笑えました。ツボです。
ゆうき
2015/12/23 20:48
暗殺
ホウジョウンゴ…どうせかませなら二代目とシロにやられる方がマシだったような…合掌
TKG
2015/12/25 12:34
>暗殺
「ここからが暗殺教室」と書いておきながら、この期に及んで今まで通りに傭兵達を、過剰に持ち上げて無様に倒される無能に描いてて、作者のやる気を疑うレベルです。
サバゲー編以降、ニセコイ程じゃないにせよこの漫画も各所で批判を見かけますね。

>アカデミア
轟くんが火をつけて料理作りに参加してるのは微笑ましかったです。
それだけに食事中下品なことを言った奴を許さないw
インコム
2015/12/25 21:05
>グッドマンさん
ああすっぱり忘れてましたがそういやそんな話もありましたなw>絵本と鍵の話

>ヒロアカ
なるほどー>探知能力者

>荼毘が轟君の兄
ああ言われてみればそういうパターンもあるやもねえ

TALKING MAN
2015/12/27 21:45
>ゆうきさん
>もののふ
気のせいじゃない気が

>サモナー
いやあホント毎回おもしろいです
TALKING MAN
2015/12/28 07:16
>TKGさん
いやそれよりかはまだ今回の方がマシかなあとw
TALKING MAN
2015/12/28 07:19
>インコムさん
>暗殺
そこまでは言わないけどホウジョウに関してはさすがになあと

>アカデミア
あそこはホント感慨深かったです>轟くんが火をつけて料理作りに参加してる
TALKING MAN
2015/12/28 07:23
暗殺
最初から戦闘モードに入ってから目の前に登場しれよとしか…

ニセコイ
元々ループとかはなく、時間が経過していく内容だし、普通に3年になっただけかと思います。
まあ、いちごとかでも複数で迷ったりしてましたし、むしろ迷ってることに気が付いたばかりなので別にクズとは思わないけど。
少なくとも一瞬で決められるなら始めから迷ったりはしないかと。

火の丸
久世もあの試合から気合い入った感じなのでどれだけ成長してるか分かりませんし、どっちが決勝かは分かりませんが、楽しみですね。

ものの歩
成長物語として楽しむのはヒカルの碁を思い出します。時代の違いもありますから、読者にウケれば強いんですけど、どうなんでしょうか。
読み続けてこそ面白くなる作品だと思いますし。

ワールドトリガー
ランク戦も毎回見所があり、面白かったのに、ここに持ってくることまで流れも凄い。
本当に無駄がなく、それでいてやるべき内容は全てやってる感じで凄い。
看板クラスの人気があってもいいと思えるんですが。
名無し
2015/12/28 23:41
>ニセコイ
まあそれはそうなんだけど楽のやりようの一々がアレすぎるのがなあ、そらヘイトも集めるだってばよw

>ものの歩
前作と比べると格段に良くなってて驚きました

>ワールドトリガー
その辺はやはり作者の状態が状態だけに致し方ないかと
TALKING MAN
2016/01/04 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ3・4号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる