TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ44号)

<<   作成日時 : 2015/09/29 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

食戟のソーマ(週刊少年ジャンプ44号)
第136話 囚われの女王

なるほど薊が第三席だった事に関しては学年が違うというエクスキューズを用意してきましたか、まそれでも薊にとっては屈辱だったんだろうけどさ。

で引きだけど、キャラ的にはそういうタイプではない気がしないでもないんだがなんにせよ主人公的にも漢的にもここは応えなきゃだよねということで。

あそうそう予選終了エンドと実に中途半端に終ったアニメだけど個人的にはそれにも関わらず大満足だったことであるよ、これはもう二期やるしか。


ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-09-30)
売り上げランキング: 979

食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


左門くんはサモナー
第2話 左門くんは悪い人?
沼駿、新連載第2回センターカラー
今回も引き続き安定した作画と軽妙なストーリーテリングが実にいい感じ、つっても人気取れるかどうかはまだ謎なんだけどさ。

ちなみに左門くんが早くも微妙にデレて来てるのは打ち切り対策かもなあとは思ったりもしたり。


背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜
STEP20 What Makes You Beautiful
いやあ読んでて思わず泣きそうになっちゃったい。

つっちーの漢っぷり、わたりちゃんの可愛さ、そしてダンスシーンでの高揚感、オレ的には文句無しにこれまで最高回だったです。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(1): ジャンプコミックス


バクマン。 age14
原作/大場つぐみ 漫画/小畑健、読み切りセンターカラー
てっきり後編はサイコーサイドの話をやるかと思いきやこう来ましたか。

シュージンのストーカーっぷりで笑わせつつ一話に繋げるあたりの上手さは流石というしか、いやだって思わず『バクマン。』引っ張り出してきて読み出しちゃったもの。

というか今回の感想が遅れた理由は結局手持ちの15巻まで読破してしまったせいだったりするのだった。


バクマン。 モノクロ版 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-10-12)
売り上げランキング: 871


ハイキュー!!
TVアニメセカンドシーズン放送開始記念巻頭カラー
そういや二期って深夜帯なのな、一体どんな大人の事情があったんだか。

本編はベタだけど良い菅さん当番回だったんじゃないでしょうか。

ハイキュー!! 18 (ジャンプコミックス)


暗殺教室
ウザい敵同士がタッグを組んでもウザさが更に増すだけだよなあと思う今日このごろ、ま、まとめて済むだけまだマシと考える手もあるんだけれども。


僕のヒーローアカデミア
ああかっちゃんの更なるこじらせっぷりはこのための伏線だったわけね。

それはそれとして八百万ちゃん頑張れマジ頑張れ。

僕のヒーローアカデミア(6): ジャンプコミックス


火ノ丸相撲
あーこれで個人戦は終了と。

とまれ正直イマイチのれなかった今回の対決だけどこの回は素直に熱かったです。


ものの歩
池沢春人、新連載第3回
めっさ先の話になりそうだが奨励会とかで終盤は信歩に聞けとか言われるようになるんかねこれ、ま続けばだけどなー。


ブラッククローバー
センターカラー
フエゴレオンさんマジかっけーです。

でも往々にこういういい人は早死したりするんだよなあ、この作者がベタ展開に特化してることを考えると余計にさ。

ブラッククローバー 3 (ジャンプコミックス)


ニセコイ
もうホントにツッコどころミだらけでどうしてくれよう的な。


銀魂
え何喜々まだ出番あるんかよ、今までやった事を考えるといかになんでもこいつだけは許せんのだが。


こちら葛飾区亀有公園前派出所
今回は久々にネタもお話もいい感じだったと思うの。


カガミガミ
なんつーかまあ色々もったないよなあと言うしか。

ワールドトリガー、HUNTERXHUNTERは休載。

次号、尾田栄一郎『ONE PIECE』が巻頭カラーで登場。

週刊少年ジャンプ43号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
背筋を
今回は読みごたえもあり最高でした。二人が踊り始めるシーンで終わるかと勘違いしてしまいました。満足度的には2話分くらいありましたもん。世の中にも受けていて良かったです。

カガミガミ
面白そうなのにな〜打ち切りか。サモナー面白いですしつらい。

ヒーロー
モモちゃんについに救いの手が笑、拳藤さんはちょこちょこ出て嬉しいですが、梅雨ちゃんをもっと出して欲しいです。
ゆうき
2015/09/29 22:24
>暗殺
あの二人状況が悪くなると逃げるか命乞いをするんで今回もそういう事をするかと。
正直今の連中にクソ漏らした某練馬一の智将程度の覚悟や根性を持ってるもんでしょうか?

>アカデミア
かっちゃんが闇落ちしそうでしないヒーローってスタイルを一貫してくれたら面白いと思うんです。
インコム
2015/09/29 22:45
>ダンス
これで最終回でも…ってくらいの話でしたね。
盛り上がり方が半端無かったです。

>カガミ
話とか一貫性に欠けてた印象ですしまあ仕方ないかと。
最初に探偵とか学園とか完全に消えましたし…
あさると
2015/09/30 00:00
>暗殺教室
ーとーが掛け合わさって+になるかもしれない…かもしれない(保証はしない)

>ブラクロ
最後のコマのセリフが気持ち良かった、銀翼の大鷲の人たちに聞かせたいくらい!
キララ
2015/09/30 00:14
>左門
よくあるラノベを中途半端に漫画化した様なノリでイマイチ感情移入しにくいのは私の感性が古くなってるんでしょうねぇ…多分

>ダンス
そのうち実写映画化してもおかしくない内容ですねぇ。多少の原作レイプには目を瞑ってでも観てみたいかも。

>カガミ
この作者はいつまでたっても一皮剥けないなぁ…と上から目線でぼやいてみる。
突っ込んだら負け
2015/09/30 02:31
>ハイキュー
まあ色んな意味でピーク過ぎた感あるし集英社的にあの時間帯に押し込むメリットはないよね。二回目が爆死したマギの二の舞はやだし。次にやりたいのはアカデミアなんでしょうね

>カガミガミ
まあこの作者はスクエアあたりに行ったほうが幸せな気がしますが
大和マン
2015/09/30 22:15
ソーマ
1年生で第3席ってえりなのオトンすげぇ
えりなを救うといっても具体的にどうすんのかなと思いました
プリモ
2015/10/01 00:28
>ゆうきさん
>背筋を
いやあホント良かったです、ただジャンプだけにまだまだ油断は出来ないかなあとも思ったり

>ヒーロー
たしかにそろそろ目立ってもいいやも>梅雨ちゃん
TALKING MAN
2015/10/02 01:03
>インコムさん
>暗殺
元々期待はしてないんで出来ればサクサク終わって欲しいなあと、後某練馬一の智将ってなんやったっけか

>アカデミア
どうだろう、そろそろデレそうな……やっぱしないかw
TALKING MAN
2015/10/02 01:05
>あさるとさん
>ダンス
まあ読み切りのブラッシュアップバージョンともいえる回だったんでそういうノリではあるよなあと>これで最終回でも

>カガミ
じっくりやるつもりではあったんだろうけどやはりスタートダッシュがなあ
TALKING MAN
2015/10/02 01:08
>キララさん
>暗殺教室
なんかダメさが無限大になりそうな気がしてやねw

>ブラクロ
正直ここずっとかなりどうでも良かったんだけどフエゴレオンさんだけで一気に盛り返したなあと
TALKING MAN
2015/10/02 01:14
>突っ込んだら負けさん
>左門
まあそのへんは趣味の問題ですかねえ

>ダンス
ダンス映画は前例あるし実写もたしかに悪く無いやも

>カガミ
まあそこも味というかなんというかw
TALKING MAN
2015/10/02 01:16
>大和マンさん
>ハイキュー
まあ黒子的に細く長く売っていこうって事なのかも、後マギって爆死したんだ

>カガミガミ
たしかに今のジャンプはきついかもねえ
TALKING MAN
2015/10/02 01:20
>プリモさん
そうですねえ、果たしてどういう風に持っていくか
TALKING MAN
2015/10/02 01:25
とうとうマガジンの感想も書かなくなったのかー
無題
2015/10/04 15:52
ヒーロー
八百万はたった一敗を引きずりすぎでしょ。
他の連中はもう立ち直ってるのに…
名無し
2015/10/04 23:52
>無題さん
いやそんなことはないんだけどもしかしたら今週も駄目かも。
TALKING MAN
2015/10/06 23:08
>名無しさん
まあその辺が今回のポイントの一つということで
TALKING MAN
2015/10/06 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ44号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる