TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン40号)

<<   作成日時 : 2015/09/03 23:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

ツースリー(週刊少年マガジン40号)
#1 プレイボール
高畑弓、新連載巻頭カラー

んーなにやら好き嫌いが分かれそうな少女マンガっぽい作画もアレ(つかあの犬顔何なの)なんだが何よりいろんな野球マンガのあれこれをつぎはぎにしたような設定&ストーリーがどうもなあ。

ま何にしてもとりあえず様子見ということで。




ACMA:GAME
第118話 殴れる神
シリアス展開を台無しにするラストの引きが卑怯すぎると思うの(笑)。

とまれ恋愛マスター初の大活躍が見られそうな次回も楽しみというしか。


七つの大罪
第138話 闇との戦い
三対一とはいえフラウドリンが弱かったというべきか六連星が予想より強かったというべきか。

でもこの六連星とやらなんとなくギニュー特選隊を思い出させるのものがあってやね。

あそうそうバンおひさー。

七つの大罪(17) 通常版: 週刊少年マガジン


ベイビーステップ
#375 ベスト4
難波江の今回の辛勝ぶりを見るにやはり池とは器が違いすぎるよなと、とするとやはり途中棄権しか勝つ見込みはさそう。

エーちゃんはエーちゃんで無理ゲーというしか無いんだろうけどそこはまあ主人公属性でなんとかみたいな。

それはそれとして清水さんがさらっと負けてる件について、後門馬さんに関してははアレだな鷹崎奈津と突き合ってるのは本当かって聞かれるんですね分かります。

ベイビーステップ(37): 週刊少年マガジン


凸凹アニメーション
CUT 014 我らがアニメに一片の悔い無し!!
原作/宮島雅憲 漫画/五十嵐正邦、全14話打ち切り最終回。

原作者の前作『阿部のいる町』が後半面白くなっただけにもしかしたら巻き返すかもと思わないでもなかったんだがいやあ最後まで酷いのなんの、原作者もなんだが編集部は一体何やってたんだか。


凸凹アニメーション(1) (講談社コミックス)
五十嵐 正邦
講談社 (2015-08-17)
売り上げランキング: 25,957

なんというジャケット詐欺。


FAIRY TAIL
対消滅するかと思いきや……そらまゼレフが更に壊れていったのも宜なるかな。


ダイヤのA
川上ェ…。

いやま敗戦投手になるよりかはマシではあるんだけどさ。


山田くんと7人の魔女
何でどうしてそうなった。

まあでも面倒臭いから潮エンドでもういいんじゃ。


はじめの一歩
センターカラー
なにやら負けフラグが更に半端ないことになってる件について。


UQ HOLDER!
結局ナギによって救われるのだけどその際に一瞬だけ刀太を思い出すとかそんな感じかね。


エリアの騎士
まどう考えてもおっさんに負担かけすぎだわな。


第伍特捜
この漫画も14週ぐらいで終わってくれますように、というか終われ。


リアルアカウント
性格や趣味嗜好はともかく結構可愛かったのにいきなり首チョンパってオイ。

何回も書いてるけどホント何処に向かってるんだよこの漫画。


表紙&巻頭グラビア
E-girls

ドメスティックな彼女、こもりちゃんはヤる気を出せは休載。

次号、安田剛士『DAYS』が巻頭カラーで登場。

週刊少年マガジン39号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
>七つの大罪
メリオダスに対するルインの幻覚といい、ガランに対するゴウセルの記憶改竄といい、この作品の精神干渉の類は腕っ節関係なく強いっすなぁ
キララ
2015/09/03 23:15
今回はドレファス分もあるとはいえたしかにそうですねえ>この作品の精神干渉の類は腕っ節関係なく強い
TALKING MAN
2015/09/03 23:27
凸凹アニメーション、表紙あれ全くの別人が描いてるのか
詐欺やんけ!
はるば
2015/09/03 23:30
だよねえw
TALKING MAN
2015/09/03 23:36
アクマゲーム>さぞトンチンカンな助言をするであろう恋愛マスターに期待します。

大罪>これで本当に倒されてたら、こんなやられ方をする第一部黒幕はそうそう聞いたことがないような…(笑)

凸凹>SHIROBAKO人気に便乗したはいいものの、愚にも付かない手垢のついたお色気頼りな時点でこうなることは火を見るより明らかだったかな、と。
グリズリー
2015/09/03 23:45
大罪
六連星はサポート能力が高すぎますね。他のマンガと違い闘級に関係無く効きすぎる笑、フラウドリンの思い出が微笑ましかったです。

UQ
キリエは本当に刀太が好きですね。扉絵がとても良い感じでした。この後ナギに救われるまで結構長いな〜ネギ達と過ごした時代は本当に幸福だったんですね。

凸凹
盛り返さなかったですね〜阿部の以下略は後半面白かったのに。あれが当初から予定していたヒロインの成長なんですかね?ひどい。
ゆうき
2015/09/03 23:50
>グリズリーさん
>アクマゲーム
次週も漫才が読めると思うとほんと楽しみでw

>大罪
まあでも所詮第一部の黒幕やしw

>凸凹
なかでもヒロインはホント酷かった……
TALKING MAN
2015/09/04 00:59
>ゆうきさん
>UQ
まあそれはそうなんだけどちょっとウザかったかなあw>キリエ

>凸凹
ホントなんであんなヒロイン作っちゃったのか
TALKING MAN
2015/09/04 01:05
エリアの騎士
J23位と4位の対決の割には長そうな試合ですね
当然のように毎試合日本代表が出てくるようなw

mat
2015/09/05 09:39
まあオリンピック代表と元代表ってあたりそれなりにリアルっちゃリアルなんだけどリアルであんなに活躍してるフォワードは居ないよなあとw
TALKING MAN
2015/09/06 07:12
七つの大罪
精神系はガチで闘級関係ないと思います。ガランも闘級が自分の2割以下のゴウセルの能力食らってましたし、かかれば終わりレベルなのにかける為の条件がユルくないですか?
ベイビーステップ
池相手に難波江が勝機があるとすれば難波江が池を中学時代から池を意識していたでしょうから他のプロに対するよりも遥かに量・質共に優れた情報を持っているであろう点ですね。タクマに勝ったのも池の戦いかたを模倣したからですし、相当研究してると思います。ただ難波江は井出やエーちゃんと違い精神面でゾーンに入れるタイプでないからより厳しいと思います。ゾーンに入れれば井出の2セット目のように良い勝負になり得ると思いますが…まあ、大舞台の井出のゾーンがそれだけ凄いってことでしょうけど…
名無し
2015/09/07 15:45
>七つの大罪
まあそのへんはばっちょなりのバランス取りなのかも

>ベイビーステップ
ああ研究ねえ、なるほど、ただそれでも現時点ではやはり無理ゲーのような、後難波江のゾーンはないやろねえやっぱ
TALKING MAN
2015/09/09 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン40号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる