TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年ジャンプ18号)

<<   作成日時 : 2015/03/30 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

食戟のソーマ(週刊少年ジャンプ18号)
第112話 成長への道標
表紙&巻頭カラー&スペシャルピンナップ

ダブルヒロイン揃い踏みな着替えピンナップエロすぎワロタ。

で本編だけど困難に真っ向から立ち向かい遂にはそれを乗り越えてみせるソーマ、そしてそれを最初から確信している四宮先輩と読んでて実に気持ちがいい展開で文句なく面白かったです。

それにつけても四宮先輩どんだけソーマの事気に入ってるんだか、ぶっちゃけ今ジャンプで一番熱い関係と言っても過言ではないと思うの。


食戟のソーマ ~a la carte~ III (JUMP j BOOKS)
附田 祐斗 伊藤 美智子
集英社
売り上げランキング: 4,183

食戟のソーマ 12 (ジャンプコミックス)


僕のヒーローアカデミア
No.36 爆豪vs麗日
お茶子ちゃん泣かすなあもう、後相澤先生熱いぜとか、物間くんなんか解説役になってるやんとか。

あそうそう最初は丸顔呼びだったのになんちゃってメテオストライクを受けた後は麗日と名前で呼んでるかっちゃんなシーンがまたなかなかにツボだったことであるよ。


暗殺教室
第133話 告白の時間
なるほどそう来ましたか>二年前まで先生は…死神と呼ばれた殺し屋でした

この展開自体は色々予想されてたうちの一つ(そういやその昔サンデーに『ジーザス』という殺し屋が教師やってた漫画があってだな)ではあったんでそこまで驚きはないんだがその分納得感はあるのだった、やはりあの執拗なまでの死神上げ描写は意味があったのだなあと。


ワールドトリガー
第97話 那須隊2
ふむ、とすると共闘展開はないし、それでも玉狛が勝つと>さあ、どうかな……?

那須先輩実に強格好いいんだが技が多彩な分威力はそうでもなさそうなところが弱点といえば弱点なのかも。

それはさておきここでヒュースが出てくるとは、これは素直に玉狛入りって事でいいんだろうか。


終わりのセラフ
原作/鏡貴也 漫画/山本ヤマト、出張読み切りセンターカラー
へーアニメやるんだ、しかも2クールと来たもんだ、でも作画含めてあんま趣味じゃないっぽいしたぶん見ないかな。


ブラッククローバー
あいかわらずテンポ早いやのう、しかもけっこうご都合主義、でもいいんじゃないですかねこの漫画はこのノリで。


カガミガミ
サクッと倒して新ヒロインとフラグ立てる回と思いきやまさかの仲間入り(ものっそい役に立たなさそうだけどザン可愛いよザン)オチとか。

見える見えるよこの先基本コメディリリーフたまに熱血枠で機能しつつ最後は恭介を庇って逝くのが、勿論長続きしたらのお話だが。


ニセコイ
「好きなエピソード」人気投票結果発表センターカラー
えーと6位から10位まではどんな話か解説してるのに1位から5位まではなしってのがイマイチ意味がわからないです、ファンなら当然分かるだろうから割愛しましたみたいな?
ああジャンプ+で読めるという趣向なんだ、気づかなくて失礼しましたです。


Ultra Battle Satellite
次の相手はプロレスラーなオッサンと。

面白くなるかどうかは兎も角としてこういう系でタフの代名詞であるプロレスラーとバトるってのはお約束の一つではあるんだよね、うん。


ハイキュー!!
ウシワカ筆頭に3年が圧倒的に多いスタメンだけ見ると来年は余裕で勝てそうな気もするんだがでもそれなりにやる新キャラやこの小生意気な一年生が成長してたりするんやろなあ。

しっかし5セットマッチですか、長くなりそうやのう。
ハイキュー!! 16 (ジャンプコミックス)

銀魂
センターカラー
いやあこれは良い盛り上げ、土方を筆頭にみんな格好いいです。


斉木楠雄のΨ難
燃堂がガチに良い奴すぎてもうね。

そら斉木も思わずスカイタワーからビーム出しちゃいますわ(半分ぐらいは斉木のせいともいうが)。


火ノ丸相撲
最終的にあの捨て身技で冴ノ山をも揺らがせるんですね分かります。

ただ現時点で既に三段目より強いってあたりは今更だが『バチバチ』とはえらい違いやなあと思ったり。


改造人間ロギイ
アゲハ、学糾法廷は決まりとして何気にこれもヤバそうな予感。

まそれはさておきババアってこの人女(というかおなべ?)だったん? それとも馬場って苗字でしたオチ?

HUNTERXHUNTERは休載。

次号、堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』が巻頭カラーで、他椎橋寛「究極球舞」が読み切りで登場。

週刊少年ジャンプ17号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
>ソーマ
これは永久保存物ですわ…>ピンナップ

>ロギイ
作者「男だと思った?残忍、女でした!」
的な感じですかね。まぁデザインのせいですぐに理解は出来なかったですけども

>ニセコイ
千葉県のYさんェ…応募券制なのに800通とか…
あぁあと1〜5話に解説ないのはジャンプ+に載るからだと思います
キララ
2015/03/30 20:14
>ソーマ
実にさすがなwクオリティやったやね、うん

>ニセコイ
AKBにハマるよりかは金かからんだろうけどつくづく物好きというかなんというか、でももしかしたら引っ込みがつかなくなってるのやもw

ああそういうことなんだ、つか今読みなおして気付いたけど最後にそう書いてあったやね気づきませんでした>ジャンプ+に載るから
TALKING MAN
2015/03/30 20:55
>暗殺
カエデ関連の描写が大ざっぱでしたけど、今回の話を読んで全体的に見るとカエデ編の本題は殺せんせーの真実で、カエデの話そのものはあくまでついでっぽいですね。

あとシロがどうでもいいとか言われてる辺り、作者はシロをマジで完全に持て余しててその気持ちを代弁させたのかなと邪推しました。w
インコム
2015/03/30 22:06
>カガミガミ
とりあえず補正切れ1話が中々の順位でホッとしました。一応それなりにアンケは取れてるのね。
まあでもCカラー取らない限り全然安心できないんですけど。
グッドマン
2015/03/30 22:33
>ヒーロー
これ見てるとやっぱり女の子に目潰しや心臓打ちしたubsは頭おかしかったんだなと思いました(笑)
さくら
2015/03/30 23:09
>ソーマ
四宮先輩、完全にデレデレじゃないですか。
しかし、ポスターの佐伯先生の圧倒的画力…!

>ニセコイ
忘れた頃に鍵話はどうでもいいとして、今回のクリスマスは小野寺さんのターン。途中で邪魔が入って中断するパターンはもういいので、そろそろ本格的にいきつくところまでいってほしいですね。
それにしてもファンの愛はつくづく偉大だなあと。
今回の投票も何が1位になるかよりYさんがどんな形で投票をするのかの方が気になりましたw
て言うか、2位が例のロミジュリって…。

>銀魂
最後の見開き、「俺達の戦いはこれからだ!」とか「空知先生の次回作にご期待ください」とかアオリが入っててもあまり違和感を感じませんでした。
neo
2015/03/30 23:16
ヒーロー
全然、うららかじゃないお茶子が良かったです。あこがれだけで目指せデクって良い感じです。
動物園のトイトイ懐かしいな〜

トリガー
那須先輩病弱そうだから想像力が豊かなのかな〜

カガミガミ
良いキャラなので、十分活躍するまで連載が続いて欲しい本当にそれだけです。
ゆうき
2015/03/31 00:42
>インコムさん
そんな感じですね>カエデの話そのものはあくまでついでっぽいですね

どっちかというと読者の代弁的な気がw>シロがどうでもいいとか言われてる辺り
TALKING MAN
2015/03/31 23:32
>グッドマンさん
かなり不安だったんだけど存外良かったですね、ただやはり余談は許さんよなあと
TALKING MAN
2015/03/31 23:33
>さくらさん
そこはまあ作風の違いということでw
TALKING MAN
2015/03/31 23:36
>neoさん
>ソーマ
卒業したらオレの店にと言いかけて止める展開来そうです

>ニセコイ
どう考えてもないよねえ>2位が例のロミジュリ
TALKING MAN
2015/03/31 23:40
>ゆうきさん
>ヒーロー
そんなんいたんだ全然記憶にねーw>動物園のトイトイ

>カガミガミ
アンケ取れるといいんですけどねえホントに
TALKING MAN
2015/03/31 23:42
暗殺教室。因縁の男。
茅野の命が助かり、殺せんせーの頑張りのおかげでした。そこで現れたシロ。最初は、殺せんせーも正体を気づけなかったですが、序々に奴が、柳沢であることにきづいていた。
かつて殺せんせーをつくりあげたもう一人に人物だと思います。
竹丸
2015/04/01 23:25
来週は、殺せんせーの過去が知れる回ですね。
竹丸
2015/04/01 23:27
ですね、素直に楽しみです>来週は、殺せんせーの過去が知れる回
TALKING MAN
2015/04/02 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年ジャンプ18号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる