TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン10号PART.2)

<<   作成日時 : 2015/02/04 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ダイヤのA Spirits(週刊少年マガジン10号PART.2)
寺嶋裕二、読み切り

今回は伊佐敷純スペシャル番外編が登場。

冒頭のシーンはわりと最近アニメで見たばっかな事もあり改めて切なかったです、お話的にも今まで読んだ番外編の中では一番良かったんじゃないかと。

それはそれとしてオチなんだがようするに伊佐敷のお姉ちゃんが別マで連載してるという解釈でよろしいか。



DVD付き ダイヤのA(46)限定版 (講談社キャラクターズA)

週刊少年マガジン10号PART.1の感想はこちらから


ベイビーステップ
#331 止め
土壇場まで追い込まれたエーちゃんだがなんとかギリギリで踏みとどまってとりあえずサービスはキープ、とはいえ依然絶望的な状況は変わらないという……。

いやメタ的にいってこれまでのこの漫画の全体的な流れを考えればここでのエーちゃんの負けはまずありえないとは思うんだがだからといって勝つ方法はあいかわらず見えてこないんだよねえ、どうやらタクマリタイアとかはないっぽいんであるとしたら好調の反動でサーブが乱れるぐらいだけどそれはそれでちょい無理ある気がするし、う〜む。

ベイビーステップ(34) (週刊少年マガジン)


ICE TRAIL
原作/真島ヒロ 漫画/白土悠介、出張読み切り
内容云々以前の問題として作画がだな。

ところでこの「月間FAIRY TAIL」とかいうのどれくらい売れてるんだろうか、まあ順調に続刊が出るあたりけっこう売れてそうな感じなんだけどさ。


ドメスティックな彼女
お前あんだけ学校で発情しておいてそれを云うか>だからこのことは俺たちの…俺たちだけの秘密です

つか両親は兎も角としてルイルイには速攻バレるんじゃないですかね。


風夏
またえらい分かりやすいクズ野郎出してきちゃてまあ。

ま爽やかな顔して二人目の風夏とか言っちゃう主人公もどうかと思うけどなー。


はじめの一歩
今回も安定の減ページと。

後前回の張子の虎みたいな虎ほどではないとはいえ今回のサーベルタイガーも相当しょぼかったです。


アホガール
ホントに留年するんかよ無茶しやがって。

ていうかこの漫画サザエさん時空じゃなかったのな。


生徒会役員共
新キャラ登場と思いきや番外編(「児童会役員共」)ですでに登場済みなわけね。


エリアの騎士
逆転劇は予定調和としてもついに「ホイップキック」とか言い出したで、あいかわらずすなあ。


表紙&巻頭グラビア
小島瑠璃子

七つの大罪、阿部のいる町は休載。

次号、安田剛士『DAYS』が巻頭カラー記事付きで、他瀬尾公治、月山可也、渡辺静、藤村緋二「マガジンボーイズバレンタイン」がセンターカラーで登場。

週刊少年マガジン10号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン9号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン9号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
エリアの騎士
ストライカーの主人公の存在感のなさ(笑)
2列目の天才がいれば勝てるなら
そもそもエリアの騎士である必要性もないです(笑)
ミスター
2015/02/04 23:04
ダイヤのA
伊佐敷は姉の影響で少女マンガが趣味
最後は少女マンガ読んでるのがバレると恥ずかしいから大声だすなって事だと思います
オキア
2015/02/04 23:36
>ミスターさん
なんか駆のシュートに弱点あるみたいなんで次はそのへんですかね
TALKING MAN
2015/02/05 00:05
>オキアさん
姉ちゃんが部屋で漫画らしきものを描いてる描写とわざわざ別マと指定してるあたりでそうかなあと。

ただ一人で描いてるっぽいんでもしかしたらただの趣味もしくは同人描きという可能性もあるんだけどれも。
TALKING MAN
2015/02/05 00:09
フェアりーテイル
面白くなってきましたね。ナツがどう成長したのか
楽しみです。

煉獄のカルマ
このまんが、はじめて読んだんですが
衝撃をうけましたね。生き返っても
いじめられるんだろうなあ。彼の人生
に幸あれ。
かな
2015/02/05 23:51
>フェアりーテイル
ただナツ=ENDということでグレイとかが敵になりそうな伏線があるのが不安というかなんというか

>煉獄のカルマ
なんかもう無茶苦茶ですな
TALKING MAN
2015/02/05 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン10号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる