TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン7号PART.1)

<<   作成日時 : 2015/01/14 20:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

ダイヤのA(週刊少年マガジン7号PART.1)
第412話 Glory
寺嶋裕二、第一部完結巻頭カラー

選抜編を長々とやられても困るんでまとめ方自体に不満はない(結局薬師も選抜出場してるのは何だかなあとは思ったけどなー、あ、落合コーチ残留は素直に良かったです)んだが『聲の形』が終わってただでさえ層が薄くなった今のマガジンで春まで休載て。

サンデーがヤバいのは今更だけどマガジンもそろそろ抜本的に何とかしないと明日は我が身のような気がしないでもないのだった。


ダイヤのA(45) (講談社コミックス)
寺嶋 裕二
講談社 (2015-01-16)

DVD付き ダイヤのA(46)限定版 (講談社キャラクターズA)

週刊少年マガジン7号PART.2の感想はこちらから


FAIRY TAIL
第415話 それが生きる力だ
あー結局アクノロギアとの決着もペンディングですか、当然ルーメン・イストワールもまだまだ引っ張りますよと。

とまれ次号「冥府の門(タルタロス)」編大団円とのこと。


恋と嘘
ムサヲ、出張読み切り
またぞろ趣味悪い設定使っちゃってまあ。


山田くんと7人の魔女
寧々はやはりというか玉木とくっ付く展開が濃厚っぽいやね。


アホガール
え前回の話前振りだったんかい。


生徒会役員共
タカくん三連発ワロタ、つかこれ完全にハーレムラブコメじゃないですか。


はじめの一歩
さすがに休み明けだけあって今回はちゃんと仕事したやのう、さっくり、かつ圧勝で終わらせたのもグッドだったです。


エリアの騎士
復帰早すぎワロタ、前回のバイト決定シーンは何だったんだよ。

しかもこれなんか後半から出そうなあたり登録どころかサブメンバーに入ってたって事なんだよね、今更だけどホントめちゃめちゃすなあ。


表紙&巻頭グラビア&特別付録
乃木坂46ポストカード

DAYS、こもりちゃんはヤる気を出せは休載。

次号、真島ヒロ『FAIRY TAIL』が巻頭カラーで、他水あさと「男三女四」、若林稔弥「徒然チルドレン」が出張掲載で登場。

週刊少年マガジン7号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン6号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン6号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
エリアの騎士
四日市の海堂なんて誰も覚えてないキャラを(笑)
あと3年生で行方不明なのは本田マイケルくらいなんで
次の試合くらいで主人公とマッチアップするかも(笑)
マック
2015/01/14 21:06
原作付き除けば聲除けば最後に成功したといっていい生え抜きがベビステかな
サンデー同様新人の層の薄さを考えざるおえないなあ
ナルト終らせれる雑誌とは雲泥の差がありますわ
ヒロ
2015/01/14 21:10
>マックさん
うんたしかに全く記憶になかったですw>四日市の海堂
TALKING MAN
2015/01/14 22:02
>ヒロさん
兎にも角にもいい加減安易に兄弟誌から引っ張ってくるのとデスゲーム物を増やすのだけはなんとかして欲しいです
TALKING MAN
2015/01/14 22:05
■ダイヤのA
薬師の選抜出場は別におかしくないですけどね

元々東京の枠は過去は2校で現在は1or2という感じで準優勝校は例え東京大会優勝校が明治神宮大会で優勝してなくても関東大会優勝校が明治神宮大会で優勝して枠が空くか関東大会ベスト8校との成績比較で東京大会準優勝校の成績の方がいいと出場出来るような物ですからね(最近でも2013年選抜の早稲田実業は東京大会準優勝ながらそういうケースで出場しました)
4692
2015/01/14 23:08
まあそれはそうかもなんだけどでもやっぱあの決勝は何だったのかと思ってしまうわけで
TALKING MAN
2015/01/14 23:20
恋と嘘読んでいますよ、面白いので買いました。
竹丸
2015/01/17 17:30
ほう、作画はきらいじゃないんですけどねえ
TALKING MAN
2015/01/19 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン7号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる