TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊ヤングジャンプ2号)

<<   作成日時 : 2014/12/12 20:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

カコとニセ探偵(週刊ヤングジャンプ2号)
第1話 魔のカーブ
光永康則、新連載巻頭カラー

読み切りを経ての新連載スタート。

正直普通にミステリーやられるよりはこういう変化球の方がまだいいし、主人公がやたら世知辛い『名探偵コナン』の成れの果てみたいな設定もわりとアリだと思うんでとりあえず掴みはオッケーだったり。


棺探偵D&W 1 (ヤングキングコミックス)
光永 康則
少年画報社 (2013-08-16)


東京喰種 トーキョーグール:re
継情:9
トーカちゃん(ついでに四方さんも)ついにキター!!

いやあ3年を経てくすんでしまった感のあるヒナミちゃんと違いヒロインオーラを全身にまとっての再登場、そしてカネキとの再会と来た日には次回が楽しみすぎてもうね。

後タイトルの「:re」ってそういう……いつの日にかまたあの今となっては懐かしい日々が戻ってくるといいのだけれども。

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)


ゴールデンカムイ
第16話 死神
アシリパさんに尻の匂いを嗅がれた挙句、杉元のくっさ靴下を嗅がせられるレタラ可哀想です。

あそうそうこの緊迫した展開のなかでもきっちり団子グルメを絡めてくる作者はさすがだなあと思ったことであるよ。


群青戦記 グンジョーセンキ
63時限目 不破瑠衣、座する
あーあいつら気づいてたんかい。

しっかし3年かかったってこいつらは西野たちより3年も前にこっち来てたわけか、理屈はさっぱり分からんが。

後明智光秀完全に傀儡なのな、とすると信長って傀儡の傀儡なのか、今更だけど扱いひどいやのう。


バルセロナの太陽
最終話 JAM
村上よしゆき、全39話打ち切り最終回。
てっきり数年後に飛んでワールドカップ、もしくはチャンピオンズリーグ決勝を戦ってるとかそんなオチだと思いきやなんてことはないたった5日後、しかもラストに至ってはなぜかイエモンオチという謎な仕上がりに。

正直サッカー漫画としては話にならない出来だったんで打ち切り自体は何の文句もないんだが陽奈ちゃんはまあ可愛かったんでもし次があるならそっち方面をやってみるのもいいんじゃないかなあと思いました。

バルセロナの太陽(4) (ヤングジャンプコミックス)


ハマトラ
最終回 スタンド・バイ・ミー
漫画/小玉有起 シナリオ/北島行徳、最終回。
途中からほぼ流し読みになったんであんま言うこともないんだけどマダラバトの彼女がどんな非道な実験に利用されていたかはちょっと気になったり。

ちなみに漫画版はアニメ版の一年前って事だったはずなんでこれの続きがアニメみたいな?


キングダム
もうこうなったら政の加冠祝いにロウアイのちんこ芸を見せることで許してもらうのはどうか。


TERRA FORMARS テラフォーマーズ
ジョセフは当然としても劉さんまで生きてたとは、とまれ艦長よかったホントに良かった。

冒頭の時の権力者たち(政もその一人やね)が求めて止まなかったもの云々はま普通に不老不死で良さそう、エヴァが忘れてる何か大事な事はようわからんが。


ボクガール
センターカラー
夢子ちゃんのおっぱい&妄想瑞樹きゅんナイスでした。


リクドウ
葵さん年上だったか。

とりあえずこのままだとあまりにも救いなさすぎるので今回だけでいいから何かしらフォローがありますように。


源君物語
こじらせてんなあ夕さん。


パープル式部
センターカラー
まさかの『源君物語』とのコラボ&香子さん@東洋の巨乳登場ワロタ。

パープル式部 1 (ヤングジャンプコミックス)


もぐささん
ようするにアレだ、如何になんでもグルグルキャンディーがおたまになってるわけがないという心理的陥穽を利用したカモフラージュという解釈でよろしいか(笑)>そうかこれはうまいカモフラージュだ!!


LIAR GAME
センターカラー
カラー扉絵がアッー!すぎる件について、いやホントになんだよこれ唐突すぎるだろう。

後何が駄目ってヨコヤのバックボーンが予想以上にしょぼすぎてもうね。


嘘喰い
ふむ、ラロのやり口はそういう、不屈の鎧とかそんなの忘れてましたわ。

でもどうすんだろねえここから。

もちろんメタ的にいってここで終了するわけないんで何かしら抜け道はあるんだろうが少なくともオレにはさっぱりわからないのだった。


表紙&巻頭グラビア
本田翼

巻末グラビア
内田真礼

イノサン、極黒のブリュンヒルデは休載。

次号、二宮裕次「BUNGO -ブンゴ-」が巻頭カラーで新連載スタート。

週刊ヤングジャンプ1号の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>グール
ヒナミや月山が心折れてしまっているので、ここはひとつそのヒロインパワーでカネキも読者も癒して頂きたい>トーカ

瓜江がその嫉妬・傲慢さをアオギリに利用される匂いがハンパないのは俺だけか
アンノウン
2014/12/12 23:25
月山さんはカネキ見たら即復活すると思うでw

>瓜江
もう一回暴走してでカネキがそれを救って自ら暴走、で記憶が戻るというベタなパターンかなあと思わないでもないんだが瓜江を利用してカネキをおびき出すとかそういうのはたしかにあるやも。
TALKING MAN
2014/12/13 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊ヤングジャンプ2号) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる