TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン48号PART.1)

<<   作成日時 : 2014/10/29 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

風夏(週刊少年マガジン48号PART.1)
#37 待ってる人。

君町でもあったこともあっていきなりの葬式展開自体はすっごくデジャブだったとはいえだ、まさかマジでメインヒロインを死なせちゃうとは。

なんつっても前々作のヒロインの一人娘にして前作の君町でもちょろっと登場、そして今作でメインヒロインを務めてきたキャラをだもんなあ。

当然賛否両論あるだろうがオレ的にはそのパンクっぷりを評価せざるを得ないのだった。

むろんこの後がつまんなかったから全て台無しになるんでまだなんともは言えないんだけれども、いやだってラストのモノローグはいかになんでも厨二すぎるしさ。


風夏(1) (講談社コミックス)
瀬尾 公治
講談社 (2014-05-16)

週刊少年マガジン48号PART.2の感想はこちらから


聲の形
第59話 進路
突然降って湧いた硝子との別れ話(ただし物理的な)に石田大混乱というお話。

これはアレだな、あなたを忘れて変わってく私を許して〜私は、私は帰れないという西宮の手紙に、最後のわがままに涙拭く木綿のハンカチーフくださいって石田が返事するんですねわかります。


はじめの一歩
Round1077 一から走り出す
パンチドランカーとは何だったのか、そして網膜はく離とは(ry

ただ網膜はく離は兎も角としてだ、さすがにパンチドランカー症状の方はちゃんとした伏線なんじゃないかなあと………たぶんきっとおそらく。


男三女四
水あさと、出張読み切り
なんですかこれ、でもま絵は嫌いじゃないかも。


FAIRY TAIL
巻頭カラー
斜め上な場所からとはいえイグニールは出てきたし、いよいよルーメン・イストワールも発動するみたいだしという事でこれマジに終わりに向かってたり?


ドメスティックな彼女
だからといって不倫していいわけじゃないだろうに、アホか>彼の結婚生活は幸せとはかけ離れていたようです


山田くんと7人の魔女
ついに寧々の本気チューが、さてはて次号やいかに。

って大体予想できなくもない(寧々の気持ちも知らないで「お前も能力かかってたのか」と言ってしまうとかなんとか)んだけれども。


エリアの騎士
完全に成仏したと思っていた傑'Sハートがどうやらまた復活した模様、どんだけしぶといんだよ。


せっかち伯爵と時間どろぼう
第三部も一話で完、次号は第四部「せっかち伯爵と賢者の時」とのこと。

後まだ四話もこれやるのかあ。


七つの大罪
ホーク復活は素直に嬉しいんだがいいんだろうかこれで………まいっか(笑)。

ちなみにマーリンとゴウセルの会話は伏線だったりするんかね。


表紙&巻頭グラビア
新垣結衣

金田一少年の事件簿R、UQ HOLDER!は休載。

次号、鈴木央『七つの大罪』が表紙&巻頭カラー&一挙二話で登場。

週刊少年マガジン48号PART.2の感想はこちらから
週刊少年マガジン47号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン47号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
風夏>いや正直ナメきっていました、瀬尾先生。すいません。
@数年後に舞台を移して妹が出てくる
A瓜二つな別人が出てくる
B霊魂が小雪に乗り移る
C主人公の歌で甦る
D実はドッキリでした
E脳が移植されて復活
F生涯誰ともくっつかない
さあ、今後はどれだ
グリズリー
2014/10/29 20:24
いちばんアリそうなのはやっぱ2だろね。

4は演奏してたら上から風夏が見てました演出とかぐらいなら、7はこの作者的にないんじゃないかなw
TALKING MAN
2014/10/29 20:37
>風夏
昨日のヤフーニュースでネタバレをくらい実際に見るまで信じられませんでしたがいやはや何とも。今後どう収集つけるのか。

>男三女四
どこかで見た絵だと思ったら「デンキ街の本屋さん」の人でしたか。
neo
2014/10/29 20:48
>風夏
途中でバンド解散展開はあると思ってたらまさか初手からこう来るとはw

>男三女四
あなるほど>デンキ街の本屋さん

まアニメしか見てないんだけれど。
TALKING MAN
2014/10/29 20:52
>七つの大罪
コワれたって言ってる部分の吹き出しのが違いますなぁ

>フェアリーテイル
ゼレフが出てきたら終わるんじゃないかな
キララ
2014/10/29 23:16
>コワれたって言ってる部分の吹き出しのが違いますなぁ
ん? ちょっと意味が

>フェアリーテイル
なるほどね>ゼレフ
TALKING MAN
2014/10/29 23:49
コワれたって言っている吹き出しがゴウセルの四角い吹き出しじゃなくて普通の丸い吹き出しなんです
まぁ、作画ミスって言われたらそれまでですけどね
分かりにくい文章ですんませんでした
キララ
2014/10/30 18:34
ああたしかにこれは四角じゃないよね、でも意味があるかはなんともやねえ
TALKING MAN
2014/10/30 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン48号PART.1) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる