TALKING MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ感想(週刊少年マガジン44号PART.2)

<<   作成日時 : 2014/10/01 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

阿部のいる町(週刊少年マガジン44号PART.2)
第1話 阿部のいる町 第2話 阿部電車
原作/宮島雅憲 漫画/井上菜摘、新連載センターカラー&一挙二話

こういうむやみにモテるというネタ自体はわりと有りがちとはいえ、サンデーの新連載とかジャンプの代原とかここ最近やたらネタが被ってるのはなんでなんだぜ。

もちろん面白ければ全然オッケーなんだが、少なくとも今回読んだ限りでは全然おもんないわけで。

週刊少年マガジン44号PART.1の感想はこちらから


聲の形
第55話 帰宅
パンツ姿を西宮一家に視姦されるとか、なんというご褒美プレイ。

それにつけても酔っぱらいママンズなラストはいい風景やったやのう、初期を思うとまた実に感慨深いものがあるのだった。

しかしアレか石田父はハゲゆく髪をママンにからかわれそれでキレて家を出て行っちゃったと。




UQ HOLDER!
Stage.52 襲われた街
まさかのアイアムアヒーロー展開とか。

でももしホントにゾンビにされちゃうともうどうしようもないとしたら犠牲者の数半端無いんだが一体どうするつもりなんだろ、ってようするにそのためのキリヱ派遣って事なんかね。

でもここぞという時なら兎も角毎回このパターンだと緊迫感がだな。




風夏
ラブラブすなあ(棒)。


DAYS
またFKかよ!!

つっても今回はいかになんでも直接(結果間接含め)はないと見たがさてはて。


はじめの一歩
一歩が思いの外敗戦を冷静に受け止めた気持ちを整理できた風なのは良かったんだが今回おそらく問題は会長の方なんだろうなあ、完全に心が折れちゃってさあ大変的な。


あひるの空
それが負けちゃうんだなこれが>スゲー強かったなクズ高ありゃきっとインターハイ行くぜ間違いなく


せっかち伯爵と時間どろぼう
コメント欄で「もうちょっとだけ続くんじゃ」入りました。


エリアの騎士
クウェート代表ごときにビビるなよと言いたいところがアウェーだし致し方ないところか。


巻頭グラビア
乃木坂46 白石麻衣・西野七瀬

ドメスティックな彼女は休載。

次号、寺嶋裕二『ダイヤのA』が巻頭カラーで、他倉園紀彦「ARGO」が読み切りで登場。

週刊少年マガジン44号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン43号PART.1の感想はこちらから
週刊少年マガジン43号PART.2の感想はこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
阿部のいる町・前作のタイトルである「君のいる町」とタイトルが被っていて、笑えました・・。
竹丸
2014/10/02 00:17
>風夏
また延々とイチャコラを見せられる話が続くんですね、わかります。
neo
2014/10/02 00:22
>風夏
で、意味不明な理由で一端別れてアイドルちゃんになびき、そしてまた意味不明な理由で元鞘になるんですねわかります
鳴海
2014/10/02 04:44
>竹丸さん
たぶんあえて付けたんだろうけど個人的にはどうかなあと
TALKING MAN
2014/10/02 20:18
>neoさん
たぶんバンド解散ネタはやると思うんでそのへんまではそんな感じな悪寒w
TALKING MAN
2014/10/02 20:20
>鳴海さん
ま涼風パターンは兎も角君町パターンだけは勘弁してほしいところ
TALKING MAN
2014/10/02 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ感想(週刊少年マガジン44号PART.2) TALKING MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる